« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の13件の投稿

2006年7月30日 (日)

プチ脱走

ババがやらかしました。

うちのババは極度のゴーイングマイウェイ人でなかなか人の意見を

受け入れない。ほんでさらに、在宅中は全部の窓を開放してしまう

極度のオープンマインド人でもある。

「大型台風が来るぞー」ってんでジジが雨戸を閉めて回ると、

「うっとおしいわー」」と軽い逆切れで片っ端から開けていた位・・・。

さすがに今はプリとオリがいるから、外に出ないように強制で網戸を

閉めさせている。あと、蚊の予防のためとね。けどババにとっては

網戸もうっとおしいらしく、デッキ側(ちなみに母さんDIY)はすぐに

網戸も開けてしまうの。ここまで来ると露出狂です。

そんな我が家だから、庭の周囲に柵はあるのだけど、玄関側も

庭の入り口も門扉とかシャッターとかが何もなくて『誰でもwelcome

状態』なので、プリとオリを庭で遊ばせる時だけ、母さんDIYの扉を

閉めている。

今日のお昼過ぎに母さんが庭でオリのブランケットを干している時、

何か黒い塊がスーッと背後を通りすぎたようなーって振り返ると、

急にフリーダムを手に入れたオリが、嬉々として裏庭から道路へ

猛ダッシュしてるではないですか!!!

そこからすべてが一気にスローモーションになり大岩も割れるんちゃう

かーぐらいのダミ声で「オリーッ!!」と叫び、同時に母さんも猛ダッ

シュ(あくまでもスローモーション)でオリーブ確保!!!

今までに聞いた事もない声で名前を呼ばれたオリもかなりビックリ

したようで一瞬立ち止まったのが運のつきでした。あえなくご用と

なったオリのフリーダムはほんの数秒でジ・エンド。

不幸中の幸いではあったけど、許せないのはババ。見ると暢気に

網戸全開でご近所さんとおしゃべりしてて、オリが逃げ出したことにも

気づいてないし。

その後母さんとババで大喧嘩になったのはゆうまでもありません。

「あんたたちの母さんはガミガミうるさいねー」などと聞く耳ももたずに、

鼻歌なんぞ歌ってるものですから・・・・・・(・-・;)

母さん「こら、お前もお前だぞ。反省してるんか?」

Img_0080

.

.

.

.

.

.

.

母さん「こら、こっちを向きなさい!」

Img_0084

.

.

.

.

.

.

.

オリ「なーにー?今おやつ食べてるから(プリから

   取り上げたもよう)、ご飯はまだいらなーい」

母さん「・・・・・・・・・(怒・・ブルブル)」

Img_0086 .

.

.

.

.

.なんだその格好。

Img_0087 なんだその顔。一生ご飯抜いたろか!!

| | コメント (2)

2006年7月27日 (木)

プール開きだわん

お風呂が大好きなプリは水遊びも大好き(海は別として・・・・)です。

本日やっと毎年恒例の庭プールを解禁しました。

が・・・・・、準備中のよろこびっぷりとはウラハラに、徐々にブルーに

なって、水の中ではとうとう固まってしまいました。

そう、原因はやはりこいつです。

Img_0105

.

.

.

.

.

.プリ「げっ、嫌なのが来た・・・」

オリ「ねぇ、ねぇ、プーちゃんなにしてんの?

   あたいも一緒に遊んでいーい?」

Img_0106

.

.

.

.

.

.オリにホースで水をかけると、車の下に逃げ込んで、体中泥だらけ。

プリはプリで固まったまま。通りかかった2軒隣りの安田のおばちゃん

は「あら~プーちゃん、お昼からお風呂~?」

・・・・・・・・・・(-_-;)。お、おばちゃんっ・・・。

あ~ぁ、つまんなかったってな感じで、プールはお開きとなりました。

Img_0109

.

.

.

.

.

.

.

本日34℃の為、バスタオル一拭きですぐカラッカラ。

プリ「母さん、これは虐待ですか?」

母さん「違います。自然乾燥です。我が家はエコを推進してるんです」

Img_0115 .

.

.

.

.

.オリ「かあさん、あたいもっとお外で遊びたい」

母さん「熱射病になるからいけません。」

Img_0116

.

.

.

.

.

.

.

オリ「じゃあ、お部屋でプーちゃんと遊んでも(噛んでも)いい?」

母さん「・・・・・・・・・・;」

| | コメント (4)

2006年7月25日 (火)

いたづら満開

やられました。Img_0096

プリとオリに半日ほどお留守番を

させて戻ったところ、 この惨事。

犯人はもちろん、1匹しかいません。こいつ、です。Img_0093

.

.

.

.

.

母さん「ただいまー、オ、リ、イ、ブ」

Img_0079

.

.

.

.

.

.

.

オリ「(ギョッ、)か、帰ってたの?お。おかえりなさい」

母さん「いい子にしてたぁ?オーリーイーブー」

Img_0077

.

.

.

.

.

.

.

オリ「か、かあさん、そのグーは何?ち、ちょっと

   おちついて。い、いま、説明するか・・・・・・・」

Img_0076

.

.

.

.

.

.

.

オリ「ら~~~~~~~~~~~~~~~」

Img_0090

.

.

.

.

.

..

..

オリ「ええ、ええ、ここでしばらく反省してます。あ、なんかあたいに

      用事があるときは声かけて下さいね。」

| | コメント (2)

2006年7月21日 (金)

番外編ー似たものどうし

Dsc00432

.

.

.

.

.

.

.

生後3ヶ月頃のプリの『頭かくして・・・』

赤ちゃんの時から定番は仰向け寝。かくれんぼも大好きで、

何度「プリがいない~」と大騒ぎしたことか・・・。だって、この時まだ

600gしかなかったんだもんね。ちょっとしたゴミと一緒だよ。

何故こんなへんぴな所で寝てるのかは不明・・・。

Dsc00965

.

.

.

.

.

.

.

同じく生後3ヶ月頃のオリの『頭かくして・・・』

犬種も生まれた環境も何もかも違うのに、何故か似たような格好で

寝ているプリとオリ。

わんこってみんなこうなのか?変なの。

| | コメント (0)

2006年7月19日 (水)

ごめんねオリーブ

7月10日にオリの避妊手術を受けました。

今後乳がんや子宮系疾患が極めて高い確率で予防できるとは言え、

人間の勝手で元気な体に傷を付けるのは不本意でした。

できたら受けたくありませんでした。

でも、オリの里親になる時の条件が、

①一生面倒を見る

②避妊させる

の2つだったのです。

オリを引き取りたいなと思った時、引っ掛かってた『避妊』について、

オリの里親探しを行っていたボランティアのKさんには素直に率直に

「愛情がわけばわく程、わんこの体にメスを入れたくなくなると思う。

室内飼いなので、望まない妊娠はないし、させない。だから避妊の約

束はしなくてもよいか?」と相談してみましたが、答えはNOでした。

何度もわんこの里親探しをしているKさんは、「絶対可愛がります」

「大事にします」とゆう言葉に裏切られたかわいそうなわんこをたくさん

見てるから、人間の傲慢な一時の愛情やいい加減さを何度も味わっ

ているから、『不条理に消される命を絶対に増やしたくない』から、

とても頑なで一途になってるようでした。

「私は大丈夫です」と言うのは止めました。きっとそんな台詞にも

何度も騙されてるんだろうな、と思ったら、急にうすっぺらく感じて

しまって・・・。

そんなこんなで、約束通り、避妊手術を受けたのです。

オリには痛い思いをさせて、ほんまにほんまにごめんなさいやけど、

Kさんには少しは安心してもらえるかな。

Kさん、私たち幸せに暮らしてるから安心してね。

この先もオリは大事な家族です。大切に育てます。

Img_0030_1

.

.

.

.

.

.

.

.母さんは毎晩これを飲んでるけど、おいしいのん?

Img_0025

..

.

.

.

.

.

.

.あたいはこれ(水を凍らせたペットボトル)が好き。

Img_0026

.

.

.

.

.

.

.

.夏はこれに限るわん!

| | コメント (0)

2006年7月 9日 (日)

お願い!噛まないで

7月3日で4ヶ月になったオリ(要約ブログが現時間に追いつきました)

ですが、、、、、さすがラブの雑種です。生後20日で我が家にやって

来た時とは比べようもない位ジャイコになりました。

どの位かって言うと、

Dsc00936 ←これがDsc00988 ↓こうなって

じゃ~~~ん!

Img_0027san

生後4ヶ月でこうなっちゃいました。体重13㎏。トホホ・・・。

巨大化する体に合わせて、甘噛みが本噛みになり、家族中生傷が

絶えません・・・。一番の被害者はプリです。あっとゆう間にでっかく

なったオリに、プリが犬の社会化を教えられる訳もなく、気づいたら

プリの耳や歯茎から、ひどい時は肉球から流血の惨事です。

人間社会なら、間違いなく、即、少年院だぞ。

ただ困った事に、プリはオリが可愛くて仕方ないようで、どんなに

噛まれても隙をみては、オリのお尻をせっせとペロペロ。

私「プリ、オリはもう1人でおしっこできるから、なめてあげなくて

    いいんやで」

と諭しても、すっかり母犬気分なのです。。。

ネットで見た「噛む時は、代わりに噛んでもいい物を与える」ってのを

実践中なのだけど、今のとこ効果は皆無です・・・。

ゴム製のおもちゃも、ロープ式も、ヘチマタイプもぜぇーんぶ1日いや

1時間でボロボロ。これじゃこっちのお財布がもたないよってんで、

今じゃ本物の『木』を与えてます。ほっんまに、何かよい方法はない

ものか?????

Dsc01002

.

.

.

.

.

.

.

右向いてカミカミ

Dsc01003

.

.

.

.

.

..

..

.ほんで左向いてカミカミ

| | コメント (0)

2006年7月 7日 (金)

海に完敗

去年の話です。。。

犬は無条件に泳げるものと思っていました。

川なら良かったのかもしれません。しかも浅くて流れの弱い川

ならば・・・・・。しかし、初泳ぎでもあるにもかかわらず、私は

プリを海に連れてってしまったのです。太平洋です。

平日で曇り空、さらに夕方だったので、海水浴客はほとんどおらず

サーファーのみ。貸切やーんとばかりに砂浜を疾走したあと、プリを

波打ち際に誘うと大喜び。「母さん、母さん、これなに、これなに?!

冷たいよ。気持ちいいよ」って瞳を輝かせてチャップチャップチャップ。

今度はプリを抱っこして、私の腰位の深さまで行って、そっと浮かべ

てみると、一瞬プリの姿が目の前から消えたではありませんか。

ぎょえ?犬って沈むん?っと思うと同時に慌てて抱えあげると、

そこには何が起きたか分からない呆然としたプリが・・・・・。

今のは何かの間違えにしようーと、必死に私にしがみつくプリを

もいちど波間に放すと、あ~れ~~~ってゆう間に波にさらわれて

沖に流されてしまったのです。

その間、犬かきすらせず、ただ波に体を委ねていたプリよ、あの時

君はもう少しやる気をみせても良かったんやないのか?せめて「わん

わん」って言うとか、波をバチャバチャ蹴ってみるとかさぁ。

・・・・・ってな訳で、去年のプリの海デヴューはものの5分で終わった

のですが、今年はそうゆう訳にはいきません。

リベンジするべく購入しました!ライフジャケット!!

今年はこれで海に川にい~っぱい行っくで~!

プリ「・・・・・・・・ふぅ・・・・・;」

Dsc00665umi

.

.

.

.

.

.

.

.

↑見よ!海に消えた直後のプリ。

Img_0052_3

.

.

.

.

.

.

.

.

何故そんなうらめしい顔を?

Img_0057 オリ用

プリ用

| | コメント (0)

2006年7月 6日 (木)

凶暴犬への旅立ち

1ヵ月半を過ぎた頃、オリの体重はすでに3.5kg。ラブラドールの

子犬と比べても確実に上回っているじゃあないですか・・・。

困ったなあぁぁぁぁ。

Dsc00976

Img_0005_2

.

.

.

.

.

.

.

.

って写真撮るときだけおしとやかになるんじゃないよ~~~~~~、

このジャイコ!!!スポンジが水を吸うように大きくなるジャイコ。

大きくなるだけならまだしも(ババの目:ほんまか?)、急に噛み癖

がひどくなってきました。

プリは全く『噛まず』『鳴かず』の子だったので、どう対処したものか

・・・・・・・・・・。

でもって片っ端からサイトを回って、あらゆる方法を現在もお試し中。

唯一徹底したいのは『感情で怒らない、叩かない』ってことなのだけど、

昭和10年代生まれのババのとって体罰は当たり前(私の目:ってババ

だけちゃう?)。『下のもの』が『上のもの』に従うのも当たり前。

居間で大声がしてると思ったら、ババがほうきを振り上げている。

私「ちょっと!何してんの!」

ババ「あんたが甘やかすから、段々図に乗って本気噛みに

      なったんや。犬に口で言っても分からんわ。噛んだら

     叩いて教えな!

と興奮中・・・。確かに左手首に2コの穴が開いてて血が流れてる。

う~~~~ん、どうしたもんか。

とうの本人は反省もせず、まだ怒ってるババに牙をむいて(って

あんま生えてないけど)うなる始末。

ねえ、ジャイコ。お前はどこに向かってるんだ?

母さんさっきの言葉取り消すよ・・・。体が大きくなってもいいから、

心も大きい子になっておくれ・・・・・・。

早く、良いしつけ方法を探さねば・・・・・・・・・。

Dsc00963

.

.

.

.

.

.

.寝てる時は天使なのになぁ。

Dsc00964

.

.

.

.

.

.

.サービスアップで、オリバウワー。古っ。

| | コメント (0)

2006年7月 5日 (水)

獣医さんデヴュー

オリが我が家に来てから約2週間が経ち、要約生後1ヶ月を迎えた

ので、健康診断を兼ねて動物病院に行く事にしました。

実は私とプリは3月まで大阪の中百舌鳥に住んでいたのですが、

この春に南九州の実家にUターンをしたのです。

プリが2年と10ヶ月お世話になった○○犬猫病院のドン小西先生

(注:勝手に付けたあだ名です。白髪のドン小西です)と泣く泣く

お別れして、実家に戻って最初にしたのはやはり獣医さん探し

でした。色々迷った挙句、家からは車で15分程かかるのだけど、

手術や夜間対応がしっかりしていた○○獣医科病院に行ってみる

事にしました。先代のじいちゃん先生から息子の若先生(っつっても

40代)に院長交代をした時に建替えた(ほんの1.2年前)との事で

すっごいきれいな病院。駐車場で思わず「やっぱやめとこかな?」

と足がすくんだのは言うまでもありません・・・。

「だって診療費ごっつ高そうじゃん・・・・・・;」

受付「今日はいかがされました?」

私「あのー、初めてなんですけど、こっちのダックスはフィラリアの

  お薬で、こっちのチビは生後1ヶ月なんですけど、健康診断を・・」

受付「あのー、ちびってどっち?」

っておいおい、いくら2匹が同じ色で、プリが小さすぎでも、オリが

赤ちゃんって事は分かるでしょ・・・・・ってやっぱでかっ!

Dsc009893hiki_1

.

.

.

.

.

.

.確かに100g/d の勢いで育ってる(太ってる)

しなぁ。やばいなぁ。

採血の結果プリはフィラリア感染もなく、今後も12月まで服薬開始。

オリもお腹の寄生虫もなく、今のとこは特に以上はないとの事で

一安心。

獣医さん「ところでオリちゃんって何の雑種?」

私「母犬は雑種で父犬はラブです」

獣医さん「えー、本当に?父親ロットワイラーだったりして・・・ふふ」

え?今笑いましたやろ?最後にふふって、ふふって笑ったやろう?

獣医のくせにおどすな~~~~~~~~~~~~。

(だって赤ちゃんのくせに鼻にすっごいしわ寄せて唸るから、も、

もしや闘犬の血が??ってびびってるんやから・・・・・;)

| | コメント (0)

2006年7月 4日 (火)

番外編ープリオリ劇場

Dsc00966_3

.

.

.

.

.

.

O:姐さん、お迎えにあがりやした

Dsc00967_2

.

.

.

.

.

.

O:長いお勤め、ご苦労様でした

Dsc00968_2

.

.

.

.

.

.

P:母さん、この子と仲良くしなきゃだめ?

| | コメント (0)

2006年7月 3日 (月)

あたいジャイコ②

Dsc00940 Dsc00940_1

.

.

.

.

.

.

.

急(ちゅう)にママから離ちゃれてみんなが1人じゅちゅいなくなって

ちゃいごにおにいちゃん2人とあたいだけになった時(とち)、この

2人【注:ババと母さん】があたいを連れ(ちゅれ)だちた。

ママのおっぱいがのみたかったのに、じゅーっとじゅーっと味が

ないやちゅ【注:水】ちかくれなくてじゅーっとじゅーっと揺れてて

【注:車で帰宅中】なにがなんだかわからなくて、あたい死(ち)ぬ

ほどこわかった。でもちいちゃいほうが【注:ババ】ふわふわちた

やちゅ【注:バスタオル】でぎゅーってちてくれてたら、ちゅこち

じゅつ平気(へいち)になって、なんだかママを思いだちてねた。

目がちゃめて、またこわくなっていっぱいないたら、またちいちゃい

のがぎゅーってちてくれた。あったかいところに着(ちゅ)いたら、

2人がママのおっぱいに似たやちゅくれた。おいちくて、おいちくて、

むちゅうになって飲んだら、2人がわらってた。

(母さん後日談:いえね、今だから話しますけどね、あの時のあなた

ミルクに夢中になりすぎて呼吸を忘れてたんですよ。苦しくなって慌

てて息を吐くもんで、鼻の穴からミルクやら鼻水やらが泡噴水みたく

噴きだして、かわいいやらかわいいやら、ちょっと汚いやら、ほんで

やっぱかわいいやらで、ついつい笑ったんですね。気にしてたんです

ね。うふっ)

Dsc00951_1 Dsc00951

.

.

.

.

.

.

.

↑哺乳瓶をくわえるだけで何故こうなる?

なんだかねむくなったらこんどは大ちいほう【注:母さん】がもっと

ふわふわちたやちゅ【注:毛布】でぎゅーってちてくれて、気持ち

(ちもち)よくなってねた。目がちゃめたら、くらくてちぇまいところに

いた。こわくなっていっぱいいっぱいないたら、急(ちゅう)にちゅこち

あかるくなって大ちいのが「よちよち」っていいながらぎゅーってちて

くれた。おなかがちゅいたのにママがいないから大ちいのに「おっぱ

い」っていってみたら、ほんとうにくれた。おいちかった。

大ちいのが「寒くないか?」っていいながらあちゅいのがぼうぼう

ちてる【注:ストーブ】ののまえに連れ(ちゅれ)てった。ちゅこち

こわかったけど、大ちいのがぎゅーってちてくれたら平気(へいち)

になった。またねむくなってねた。なんだかあったかくて、ママみたい。

気(ち)もちいいなぁ、気(ち)もちいいなぁ、、、ムニャムニャ、、、、、、

ちゃっきからなんであたいのことオリーブっていうんだろ、、、、、、

ムニャムニャ、、、、、まぁいいや、、、、ZZZzzz、、、。

| | コメント (0)

2006年7月 2日 (日)

オリーブの初夜

オリ用にプリのお下がりのわんこベッドを準備(ババがせっせと

お天道様にあててくれてた)していたのだけど、彼女にはまだ

ちょっと早すぎました。すぐに這いだしてしまって迷子になるん

ですねぇ。そこで、ダンボールの底に毛布とペットシーツを敷いて、

上にバスタオルをかけた即席ハウスを作成。

さすが生後20日です。よく寝ます。毛布もペットシーツもす~~ぐ

にビッチョビチョです。夜間もほぼ2時間毎に起きて「ミルクミルク」

の大合唱でしたが、仮眠中の母さんが起きる前に先にプーが起き

て(ってオリが気になってほとんど寝てなかった)あやしてくれるから

ほーーーっんまに大助かりでした。ただの甘えん坊やと思ってたけ

ど、ちゃんと母性が育ってんだな。母さん嬉しい・・・・・。

9:00amになるのを待って、獣医さんに子育て相談をしたところ、

体重が1.2kgである事と生後20日である事から、1回30ccの

ミルクは多すぎるとの事でした。

◎約2時間毎に15ccのミルクと10ccの白湯をあげる

◎ベンが軟らかくなる時はミルクの濃度を調整する

ことをアドバイスされ、生後1ヶ月を過ぎたら検診にいらっしゃいと

のご返答を頂きました。あとー1日20時間は寝かしなさいーとも。

ところが子犬の人気パワーは普遍です。ご近所さんやら姉やら友達

やら来るわ来るわの大騒ぎ。その都度事情を説明して寝顔だけを

お見せしてはお帰り頂いたのだけど、姉に至っては家もほっぽら

かして泊り込む始末。姉よ、自分ちよりも犬なのか?

でもまあ、姉のおかげでその日から2晩は母さんも熟睡できたん

だけどね。てへっ。

姉「ところで何でオリーブなん?」

母さん「だって目が小ちゃくてポパイの彼女に似てない?」

姉「・・・・・(どっかで聞いたような・・。あんたってほんと単純やね)」

  ※あたちプーちゃんをご参照ください

姉「って言うか、かんぺいちゃんって感じじゃない?」

母さん「・・・・・・・・・・・・・・・;」

オリ「ZZZZZzzz・・・」

ババ「私は『えんどう豆』がいいと思ったけどねぇ。小さい目が

       えんどうみたいやろ」

姉・母さん「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・;」

オリ「ZZZZZzzz・・・」

Dsc00939_2 ←貴重な起床時

| | コメント (0)

2006年7月 1日 (土)

オリーブがやって来た2

Kさんのお話では、私たちが来る2時間前にふやかしたドッグフード

を食べたとの事だったけど、どう見てもまだ視線が定まってないし、

音に対する反応も鈍い。これはミルクから育てた方が良さげだぞ、

と思い、帰る途中でペットショップを探すけど見つからない。結局、

某赤ちゃん屋でピジョンの哺乳瓶と、その後すぐに見つかった

ホームセンターのペットコーナーでミルク缶2缶とドッグミールを購入

しました。試しに車の中で『南阿蘇の水』をあげてみると、んっちゃ、

んっちゃ、んっちゃっと10ccをあっという間に完飲。ほんですぐに

ババのスカートの上でチョロチョロリ~ンと放尿。

その後も給水と放尿を繰り返しながら6時間のロングドライブを

終えた時、全員ぐ~ったりだったのは言うまでもありません・・・・・。

帰宅したのは夜の8時30分。皆お腹ペコペコ。自分達の食事は後

回しで早速30ccのミルクをつくってあげると、かーーーっなり空腹

だったらしく(って当たり前だけど)数十秒で飲み終えて、まだ次を

欲しがるの。

ん~、困った。ミルク缶の説明書きには『成犬時の体重を基準に』

とあるけど、この子は何㎏になるか全く見当がつかない。

この時期の子は欲しがるだけあげてもいいんちゃう?アホか、

すぐお腹こわすわ。お腹が一杯になったらもういらんって言うんかな?

えー、犬ってやればやるだけ飲むんちゃうの?あたしらが赤ちゃんの

時はどうやったん?何百年前の事よ、憶えてるわけないやん。

・・・・・・・・・・。etcの押し問答の末、『様子を見ながら1~2時間毎に

ミルクと白湯を飲ませてみよう』とゆう事で決着しました。

その間同じく空腹のプーそっちのけ(プー後日談:あたちも犬なんで

ちゅけどね。聞かれても言葉で説明できないけど・・・。お役に立て

なくてごめんなちゃい)

Dsc00937_1 Dsc00937注:ババの名誉の為に・・・彼女の服装はあくまでも部屋着です。

.

.

.

.

.

私「じゃあ次は夜中の1時前後やね」

ババ「あんた運転で疲れたやろ。今夜は私が見ててあげるから、

       あんたはもう寝ていいよ」

そ、そんな、早速ババの世話になる訳にはいかんし折角の初夜

(使い方合ってるか?)やから、もうちょっと寝顔とか様子とか見て

たいし、やや興奮気味やからまだ眠れそうにないし・・・・・・・・・・・

ババ「ZZZzzzzzzz・・・・・・・・・・」

ってやっぱりそっちが先に熟睡かぁ~い!

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »