« 「母さん叱られる」の巻 | トップページ | 「バカ親」宣言ー後編 »

2006年9月 2日 (土)

「バカ親」宣言

母さんの言葉足らずのせいで、『オリは乱暴者』とイメージづけて

しまいましたが、オリは決して乱暴犬なのではなくて、ちょっと

喜怒哀楽が激しいだけなのです。よく言えば天真爛漫犬なのです。

(ちょっと言いすぎか・・・・^-^;)

母さんが起きると、フンフンッてオリも鳴き出すけど、「まだ寝て

なさい」と一声かけるとその後は絶対鳴きません。

母さんやババの手を噛もうとした時に『チュッ』て魔法をかけると、

戦意喪失してチューをしてくれます。指示動作だって、ほら、この通り!

Img_0787ori_1

母さん「オリ、ハンド」

オリ「はいっ」

え?やってないだろうって?いえいえ、ちゃーんとやってますよ。

Img_0788_2

ほらね。

ちなみにわが家では『お手』は『ハンド』で『おかわり』は『レフト

ハンド』です。

Img_0794oriImg_0791 当然、「シット」だって、

「ダウン」

だって、

Img_0797Img_0801ori 「ステイ」

だって!!

Img_0798ori Img_0800ori

母さん「ちょっと近すぎませんかね?」

母さんは『躾』ってのが嫌いなの。

ハンドだってステイだってコマンドではあるけれど、母さんにとっては、

オリとのただのコミュニケーションなだけなの。

『躾』って言葉の中に『人間は犬を完全に支配できるんだ』ってゆう

響きがあるような気がして、何だか嫌な気持ちになっちゃうんだな・・・・・。

ーツヅクー

|

« 「母さん叱られる」の巻 | トップページ | 「バカ親」宣言ー後編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「母さん叱られる」の巻 | トップページ | 「バカ親」宣言ー後編 »