« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の11件の投稿

2006年11月29日 (水)

神様からのおくりもの

ワンコって何てすごい生きものなんやろう。

その気になれば人間なんて簡単に噛み殺せちゃうのに、力を封じて、

愛情だけで生きれるなんて、何て素敵な生きものなんやろう。

おとついから昨日にかけての深夜、母さんはオリにあんなにひどい

仕打ちをしたのに、そんな事初めっからなかったようにオリは

いつものオリで、

Img_1459

無邪気に天真爛漫に「かあさんっ、かあさんっ」って甘えてくる。

もしオリが人間の子ならば『母さんなんて大っ嫌い。もう信じない』

とか『どうせあたいは母さんの本当の子じゃないんでしょう!だから

あたいを無視したんでしょう!』なんて言って、今でもプンプンしてるに

違いないぞ・・・。

Img_1460

前にも書いたけどDOGの由来はGOD-、そう、ワンコは神様からの

人間への大切な大切なおくりもの。

プリもオリも神様からの母さんへの大切な大切なおくりもの。

大事にしなきゃね。

だからプリオリも母さんを大事にしてね・・・。ニャハハッ!!!

Img_1746

| | コメント (4)

2006年11月28日 (火)

ばかちん母さん(T-T)

今日の深夜1時半、突然オリが鳴きだした。

ワンワンって大きな声じゃなくて、小さくかすれたように

クィーン、クィーン、フン、フン、フンって・・・。

オリは普段、ほとんど鳴かない。

道で知らないワンコとすれ違っても、家に知らない人が来ても

ほとんど鳴かない。

それでも、まだ眠たくないのにサークルに入れた時は「まだやだー」

って1,2回鳴くけれど、「オリーブNO」と母さんが言ったら、100%

もう鳴かない。そんなオリが突然鳴きだした。

眠たい母さんは「オリーブNO」と言ってまたすぐ眠りについた。

どうせすぐ鳴き止むだろうと思って・・・。

けど今日のオリは鳴き止まなかった。5分経ち、10分経ち、母さんも

だんだんイライラしてきた。

「オリ!母さん5時半には起きやなあかんのっ!静かにしなさいっ!」

と感情で怒ってしまった。

一瞬オリは黙るけど、サークルの中をウロウロしながら、やっぱり

クィーン、クィーンって鳴き続ける。

仕事の為に早く寝なきゃーと思えば思うほど、オリのウロウロする

物音と小さなかすれた声が耳について、イライラばかりが先に立ち、

布団を頭から被って無視しつづけた。

1時間が過ぎた頃、母さんの耳にビビビビビーって音が聞こえ、

慌ててサークルを覗いたら、狭いサークルの中でオリが下痢を

していた。オリを見るとガクガク震えていて、特に後足は1人で

立てない程大きく震えていた。無我夢中でオリのお尻を拭いた。

でもまたすぐに下痢してしまう。しまいには後足が立たなくなって

お座りした状態で下痢しつづけた。オリを抱っこしてトイレに連れて

行くと、安心したように最後の下痢をした。

オリの下半身も母さんも便まみれ。お風呂を沸かして、オリを

洗ってあげた。もう震えは止まっていたけど、母さんにべったり

くっついていて離れない。お風呂から出ても、母さんの足にからみ

ついて、甘えた声を出している。温めた牛乳を一緒に飲んだ。

サークルに入れると甘えた目で見つめるので、一緒にサークルに

入ると、母さんの膝に頭を乗せて、すぐにいびきをかき出した。

ごめん、オリーブ。母さんにはオリの声が届かなかった。

人間が1時間も下痢を我慢したらどうだろう?

痛くて苦しくて、辛くて・・・。

大きい声で鳴き叫びたいのに、オリは大きな声を出さないよう

搾り出すように必死に訴えていたのに、母さんは分かってあげようと

しなかった。

母さんはばかちんだ。

母さんは大ばかちんだ。

安心してぐっすり眠ってるオリを離したくなくて、結局そのままの姿勢で

一睡もしないまま今朝を迎えた。

オリーブは母さんが治してあげる。

だからオリーブ、夜中の母さんを許してくれる?

Img_1349

| | コメント (12)

2006年11月27日 (月)

ピーヒャラドンの原因

お薬を飲み始めた22日の夜も、オリの嘔吐と下痢は止まらず、

祝日の23日も獣医さんに行って、お尻に注射してもらいました。

九州では今、レプトスピラが猛威を振るってて、犬・猫・牛・はたまた

獣医さんまでが亡くなっているようです。

念の為、オリのおしっこも検査してもらいましたが、菌は検出されず、

ひと安心。検便の結果は、恐れていた『嘔吐下痢症』のウイルスも

陰性でした。じゃあ、嘔吐下痢の原因はー???

若先生「オリーブは拾い食いする?」

母さん「えぇーっと・・・、えぇ、まぁ・・・、時々・・・」

若先生「最近目立って異食してない?」

母さん「最近と言いますか、毎日と申しますか、えーっと、あのですね、

    そ、その・・・、お布団のスポンジとか玉のれんの玉とか、ペット

    ボトルの蓋とか・・ゴニョゴニョ」

若先生「・・・・・・・・。お母さん、もう結構です・・・。」

め、めんぼくない・・・。

結局、嘔吐下痢の原因は不明です・・・。不明なんですっ。

だって獣医さんがそう言いましたもんっ!!!

とりあえず、25日までは消化の良いおうどんのみで、嘔吐と下痢の

状態に合わせてドッグフードを混ぜても良いとの指示通り、オリは

お薬入りのスペシャルメニューを摂取中でっす。

Img_1973

オリ「かあさんっ、今日のご飯はなーにー?」

Img_1979

母さん「そろそろおうどんにも飽きたかなーと思ってな、卵ガユと

    ふやかしたドッグフードの混ぜ混ぜご飯にしてみたでー」

Img_1981

オリ、むさぼる。

Img_1982

匂いに誘われて近づいてきたプリを『無視』で威嚇するオリ。

フンッ、フンッってゆう鼻息が、実はかなり、こわい・・・。

Img_1980

プリ、何のちょっかいも出せぬまま、結局あきらめておこぼれを

食べる・・・。プリは病気のオリにも、かなわない・・・。

ってか、オリの辞書には、『腹痛』とか『だるい』とかないみたい。

トホホ・・・。

| | コメント (2)

2006年11月26日 (日)

止まらないHA・HA

21日に仕事から帰宅した時、玄関でのいつものオリの熱烈歓迎が

なくって『あれー?』と拍子抜け。部屋に入るとやっとのそのそ出て

きて、母さんの手をペロペロ舐めるけど、飛び掛る様子なしー。

「なんなんだー?急に大人しくなっちゃってー」と思ったら、

「ちょっとー、今日オリ子、5回下痢したよー。それに3回くらい

吐いてるよー」とババ。

ええぇーーーー・・・・?!それを早く言わんかーい!

試しに湯冷ましをあげてみたらお皿いっぱい飲んだので「なんだ

大丈夫そうやーん」と思ったのもつかの間、トイレに猛ダッシュして

ピーヒャラドンドンドーンと大量の水様便を出しちゃいました。

今母さんの勤めてる病院では『嘔吐下痢症』が蔓延していて、

ついに第3次感染も起きているので、

も、もしや犬にも移るのか???

と、大慌てで罹り付けの獣医科病院に連れて行ったのです。

実はオリ、避妊手術以来、若先生が嫌いなの。結局採血もできない

まま、母さんと助手さん2人の3人で、暴れるオリを押さえつけて、

点滴してもらいました。

翌22日の19時に再診となり、それまで絶飲絶食となったのだけど、

さすがに夜は死んだようにぐったり・・・して・・・

Img_1933

ないんかあーいっ!!!

こらぁーっ、オリーっ!!!お腹痛いコが何してんのーっ!!

お前はほんまに・・・。

翌22日は母さんのお仕事の都合でオリを獣医さんに連れて行けな

かったので、母さんだけがお仕事の帰りに獣医さんに寄って、

お薬を貰って帰りました。お薬を飲ませる為に『おうどん』の許可が

でたオリ。

Img_1944

見てます、見てます。

Img_1970

ってか、ち、近いっ!

Img_1969

ほんまはまだ絶食やったけど、これだけなら食べてもいいってさ。

かつおだしで茹でただけの『素うどん』半玉ー。

愛情を込めて、麺を小さく切ってあげましたー。

Img_1971_1

こ、こわい・・・。

そ、そんなに期待されても、おいしくはないと思うで・・・。

これはあくまでも治療食やからな・・・。では、どうぞ・・・。

Img_1975

Img_1985_1

って、5秒で完食かあーいっ!!!

でも下痢は止まらな~い!

| | コメント (4)

2006年11月21日 (火)

番外編ーキャンプグッズ

キャンプが好きな母さんは、キャンプグッズにも目がない。

なかでも、ついつい集めちゃうのが、これ↓

Img_1954

シュラフー寝袋ーでっす。ほんの一部です。

週末はフィールドへ!に登場したTちゃんは、20歳の時からの

友人なのだけど、Tちゃんに「これ買おうよー」と誘われて(?)

最初に買ったのが、このWilson君。

Img_1963

お洗濯しすぎて、すっかり色褪せちゃったけど、まだまだ現役です。

若い時からちょっと変わってた母さんとTちゃんは、オートバイに

この寝袋だけ積んで、野宿なんてしたっけなー。若かったなー。

あれから現在に至ってもキャンプにどっぷりで、オーストラリア

モンゴル、NZ、ボルネオなんかでもキャンプをしてきた母さんは、

海外に行く度についついシュラフを買って帰るのですが、MADE IN 

JAPANに勝る物はないようです・・・。その次が↓これ

Img_1966

ラーンプッ。かーわいーっ

電池式もあれば、ガス式も、灯油式も、ろうそく式も何でもあります。

大げさやけど、この世の中で『なんて美しい形なんだー』って母さんが

絶賛してるのが、このランプとミニチュアダックスの形なの。(*¯▼¯*)

暇なら何時間でも眺めていられます。きっと。

ところで、オートバイと年に数回の海外旅行をライフワークにしていた

母さんですが、プリを迎えてからは海外旅行からは足を洗い、

オートバイは手放しました。仕事以外の時間はプリと一緒にいようと

思ったし、一緒にいたかったし❤

今でもオートバイを見るとうずうずするけど、プリオリは乗せられない

もんねー。

母さん「あ、たまーの日曜ならお出かけしてもいーい?」

Img_1965

母さん「ねえ、聞いてる?たまーの日曜ならお留守番してくれる?」

Img_1964

母さん「・・・・・やっぱりねー・・・。」ニャハハッ

| | コメント (4)

2006年11月17日 (金)

オリ❤プレゼンツ

オリ「もう冬ねえ」

Img_1577

オリ「田中さん家の柿も、いつの間にかなくなってたのねぇ」

Img_1576

オリ「あらっ?吉田さん家のご主人、今日はお休みかしら?」

Img_1578

オリ「あらあら、山本さん家のコロちゃん、大きくなったわねぇ」

Img_1555

オリ「・・・ひま・・・ねぇ」

| | コメント (6)

2006年11月15日 (水)

番外編ーワンコをキャンプに連れてって

Img_1871

ここは宮崎県と大分県の県境『見立渓谷』のすぐ側です。

ここ日之影町は、九州で唯一、森林セラピー基地に認定された、

山の恵みに満ちた場所なのです。

きれいな川と平らな川原があれば、キャンパーの心が騒がない訳が

ありません。でもこうゆう場所って、環境保護の為に『立ち入り禁止』

なんてことがよくあるのだけど、ここ日之影町は違いました。

皆の自然は皆で共有しよう!でも自然は大切に!って感じで、

この川原の入り口には『キャンパーの皆様へ!自然に優しくね!』と

看板が立ってました。看板の効果か否か、川原には当然ゴミらしい

ゴミは落ちてなくて、微かな焚き火の形跡はあったものの、炭一つ

捨てられてなかったな。素敵だなー。

Img_1832

日常でプリオリをノーリードに出来るのは家の中と庭だけなので、

こうゆう場所では、ゴメンナサイだけどノーリードにしちゃってます。

季節柄、私たち以外に人は見当たらなかったので、恐いのは、

『車道に出られること』と『山の中に迷い込まれること』。

でもおかげ様でプリオリは、キャンプベースから離れることはない

ようです。

キャンプ中、年輩のご夫婦らしき方が山菜取りに近くまで来られた

けれど、ギャンギャン鳴くプリを尻目に、オリはただじーっと見つめる

だけで、襲いかかる(←あっ、本人はじゃれてるつもりです)ことは

ありませんでしたー。ほんで「プリオリカーム」の母さんの一声で、

2匹ともちゃーんと戻ってきました。

自然のマイナスイオンを浴びるとワンコにも魔法がかかるのかしら?

でもプリに対するオリのいたずらは変わらず、川の水を飲んでるプリを

オリのバカチン、後ろからワンパンチで川の中に叩き落しちゃって

ましたー。(¯▽¯;)

あまりの出来事にただただ母さん、笑っちゃっただけなんだけど・・・。

Img_1854

ビールと梅酒と缶チューハイと〆の白ワインでキムチ鍋を頬張る

母さんとTちゃんの間を、オリはうろうろ。

母さん「残念っ。これは辛いからおこぼれはないよーっ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・U^ェ^U

この日は快晴の十三夜だったので、月が明るすぎて星はあまり

見えませんでした。いくら十三夜でも、月がてっぺんに来るまでの

19時から21時頃は、実は一番真っ暗です。テントから3mも離れれば、

すべてが漆黒の闇と化します。プリオリは真っ黒なので、闇に同化して

しまいます。もし山に迷い込んだり、川に落ちたりしても、助ける術が

なくなるので、20時には2匹ともテントに入れました。

Img_1880

トイレの時だけオリはついて来て、戻ると自分からテントに

入ってました。

Img_1879

家では、今でも『ハウス』できないのにねー。

つまり、ワンコ連れでキャンプに行くと・・・・・・・・・・・

頼れるのはお互いだけなので、いつもとは違う信頼関係が生まれる

よって、ワンコが人間に従順になる。・・・のかなぁ、なんて思ってます。

でも実は、

Img_1842

なぁーんて、思ってたりして・・・。

にゃははっ

| | コメント (6)

2006年11月13日 (月)

抜け毛対策

「ゴホンッ、ゴホンッ」ズル、ズルッ・・・・・・。

ババのアレルギーが始まりました。

どうやら魔のシーズンがやって来たようです。そう、チビとおデブの

毛の生え変わりシーズンです。10月の末頃から抜け毛の量が

倍・倍・倍に増え続け、集毛フィルター付きのペット用空気清浄機が、

とうとうオーバーヒートしてしまいましたー。

早速プリはロンパース着用です。

Img_1929

にゃははっ、すごぉーく可愛いっ(////

Img_1921

寒さに弱いプリは大喜びです。プリを引きずりまわし易くなったオリも

大喜び(?)です。(↑牙がお洋服に引っかかるからね・・・(¯▽¯;))

ババ「なあ、オリ用のパジャマ(←ババにとってロンパースは

    パジャマなの・・・)は売ってないの?」

母さん「そりゃ、あるけどさー。オリにはまだ暑いわー」

ってな訳で、急遽シーズン遅れの格安なお洋服を購入。

Img_1801

母さん「オリーブーッ」

Img_1800

どうやらオリはお洋服は嫌いではないようです。

毎日ベスト型のハーネスでお散歩してるからかなー?

でもオリ・・・・・・、

Img_1803

きついのか?

Img_1810

えぇーっとねー、7号はラブラドール・ゴールデン用で、えーっと・・・

確か胸囲が74から82cmだったっけ・・か・・・?ああー、そうかっ!

ピンクと白は膨張色やもんなっ。ごめんよ、オリ!

Img_1812

って・・・・、母さん「・・・・・プッ(*^m^*)mmmmmm」

Img_1819

母さん「ううん、ぜーんぜんっ」

ただ、色は関係ないみたい・・・。やっぱ中身が膨張してるみたいっ。

にゃははーっ。

| | コメント (11)

2006年11月 9日 (木)

お見事っ!!!

Img_1690

母さん「・・・・・・・・・・(¯ ¯;)」

オリ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

母さん「・・・・・・・・・・フゥーッ」

オリ「・・・・・・・・・・・・ワンッ」

犬語かいっ!

このスポンジに見覚えがあるでしょうか?そうです!母さん手作りの

カドラーベッドの土台です。あれー、オリが静かだぞ?何か怪しいっ

と部屋に行くと、案の定サークルからベッドを出してカミカミしてました。

ベッドの方が大きいのに、オリのバカチン、どうやって出したんだ?

ベッドを出す瞬間を見てみたぁーいっ

ってな訳で張り込む事たったの1日、彼女の仕事っぷりをぜひぜひ

ご覧ください。

Img_1729

早速お仕事開始です。さすがプロは朝が早いです。

Img_1731

腰つきが最高です。

Img_1732

ほほーう、ここで立てるのかあー。さては何回も出してるなーっ。

Img_1733

おおーうっ!!!お見事ーっ!!!

Img_1737

Img_1738

ってか、母さんずーっと見てるけど?

Img_1896

Img_1911

Img_1914

オリーブ半目で熟睡中。

にゃははっ

| | コメント (6)

2006年11月 7日 (火)

若さは破壊力なのだ

「若さって破壊力なのねー」とは、ごんた君のママの名言です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は母さん、ビックリするくらいワンコには許容範囲が広いようです。

オリに頭突きをくらって、脛(スネ)に青アザができても、オリに

お気に入りのシャツをビリビリにされても、はたまたプリが1㎏2500円

のドッグフードを毎回食べ残しても、「も~」とは思うけど、それ以上の

怒りにはなりません・・・。

しかしババは、そうゆう訳にはいきません・・・。

ババ「ちょーっとーーーーーっ!!!」

ババの悲鳴で、ババの部屋に駆けつけると、な、なんと、

Img_1826

母さん「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・¯▽¯;」

こ、これは、いったい!?。

犯人は誰だっ!ってか、犯人のオリーブはどこだーっ!!!

Img_1828

あんたなぁ、昨日までそのソファがお気に入りやったんちゃうのか?

Img_1541_1

母さん「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・`∀´;」

じゃあ、分かってると思うけど、ちょっとそこにお座りしてくれる?

Img_1687

母さん「・・・・・・・(`▽´;;;;;(ワナワナ・・・)

     それが、今から叱られるものの態度かね?」

Img_1685

胸を張るなっ!!!

Img_1686

こんな時、ババの怒りを静めるのに、「いやー、でも、若さって破壊力

なんだよねー」と言ってみる。

ババ「それってどうゆう意味よ」

母さん「ほ、ほら、エネルギーが有り余って、ついつい何か壊しちゃう

    って言うかー、逆に言うと、若いからこんなに元気がある訳で、

    ほら、まあ、その、えぇーっと・・・・・・」

ババ「・・・・・・・(しばらく考えて)なるほどね。つまりオリも、もう少し大人

   になったらこんないたづらは頼んでもしなくなるんやなー」

母さん「そうそう、何てったって若さは破壊力やからねー

     あははははははは・・・っ」

ババ「オリー、あんたももう8ヶ月になるんやから、もう少し大人に

    ならんとなー。あはははははーっ」

母さん「あはあはあはっ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうやらババも許容範囲が広がりつつあるようです。

にゃははっ

| | コメント (7)

2006年11月 5日 (日)

週末はフィールドへ!

「キャンプに最高のいい川原見つけたよー」と仲良しのTちゃんから

連絡がありました。それは行かねばーっ!!!

ってな訳で、プリオリを連れて紅葉狩りキャンプに行って来ましたー。

実はここ数日、オリはカミカミ大魔王全開で(っていつもだけど・・・)、

とうとう2台目のババのソファーを破壊してしまい母さん手作りのカドラー

もメチャクチャにしてしまったのです。うーん、困った・・・。

このままじゃ、ほんまにこの家も破壊されるぞ。

母さん「オリにストレスが溜まってきたみたい。キャンプにでも

    連れてって遊ばせてくるわー」

ババ「・・・・・」

母さん「ほ、ほら、山の中に行ったら、空気もいいし、プリもオリも

    ストレス発散できるんちゃうかなー」

ババ「・・・・・って、あんたが行きたいだけやろ?」

にゃははっ(//▽//)、ばれてるっ・・・。

Img_1831

車を走らす事1時間半、本当に本当にきれいな川原に着きました。

紅葉も始まっていて、空気も澄んでいて、プリオリも母さんも一気に

最高テンションですっ。

初めはオリがプリを追い掛け回して、プリの悲鳴が山の中にこだま

していたのだけど、「ごはんやでー」の母さんの一言で、2人のバトルは

すぐに終了です。

Img_1847

家では絶対ありえないのに、キャンプに来ると仲良しになる2人に

母さん感激です(T▽T)

Img_1861

ここはキャンプ場ではないので、もちろんトイレもありません。

ランプ片手に木陰に行くと、なんとオリはちゃーんとついて来て

終わるまでそばで待ってくれてるの。

Img_1864

もちろん母さんだけにじゃなくて、Tちゃんの時もちゃんとエスコート

してくれたオリ。キャンプ犬としては完璧です。

夜の10時、噂を聞きつけたライダー仲間のYさんが真っ暗な

山道を2時間もかけてやってきました。↓翌朝です。

Img_1870

Img_1874

母さん「ごはんだよ」

オリ「ちょっと下さい」

Img_1876

母さん「はい、どうぞ」

オリ「おいちい・・・」

Img_1881

次のキャンプは1ヵ月後でっす!今から楽しみですーっ(*^▽^*)

プリ「ねえオーちゃん、やっぱり母さんが1人で楽しんでるね」

オリ「ほんとだねー」

にゃははっ

| | コメント (4)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »