« 午前2時 | トップページ | 若さは破壊力なのだ »

2006年11月 5日 (日)

週末はフィールドへ!

「キャンプに最高のいい川原見つけたよー」と仲良しのTちゃんから

連絡がありました。それは行かねばーっ!!!

ってな訳で、プリオリを連れて紅葉狩りキャンプに行って来ましたー。

実はここ数日、オリはカミカミ大魔王全開で(っていつもだけど・・・)、

とうとう2台目のババのソファーを破壊してしまい母さん手作りのカドラー

もメチャクチャにしてしまったのです。うーん、困った・・・。

このままじゃ、ほんまにこの家も破壊されるぞ。

母さん「オリにストレスが溜まってきたみたい。キャンプにでも

    連れてって遊ばせてくるわー」

ババ「・・・・・」

母さん「ほ、ほら、山の中に行ったら、空気もいいし、プリもオリも

    ストレス発散できるんちゃうかなー」

ババ「・・・・・って、あんたが行きたいだけやろ?」

にゃははっ(//▽//)、ばれてるっ・・・。

Img_1831

車を走らす事1時間半、本当に本当にきれいな川原に着きました。

紅葉も始まっていて、空気も澄んでいて、プリオリも母さんも一気に

最高テンションですっ。

初めはオリがプリを追い掛け回して、プリの悲鳴が山の中にこだま

していたのだけど、「ごはんやでー」の母さんの一言で、2人のバトルは

すぐに終了です。

Img_1847

家では絶対ありえないのに、キャンプに来ると仲良しになる2人に

母さん感激です(T▽T)

Img_1861

ここはキャンプ場ではないので、もちろんトイレもありません。

ランプ片手に木陰に行くと、なんとオリはちゃーんとついて来て

終わるまでそばで待ってくれてるの。

Img_1864

もちろん母さんだけにじゃなくて、Tちゃんの時もちゃんとエスコート

してくれたオリ。キャンプ犬としては完璧です。

夜の10時、噂を聞きつけたライダー仲間のYさんが真っ暗な

山道を2時間もかけてやってきました。↓翌朝です。

Img_1870

Img_1874

母さん「ごはんだよ」

オリ「ちょっと下さい」

Img_1876

母さん「はい、どうぞ」

オリ「おいちい・・・」

Img_1881

次のキャンプは1ヵ月後でっす!今から楽しみですーっ(*^▽^*)

プリ「ねえオーちゃん、やっぱり母さんが1人で楽しんでるね」

オリ「ほんとだねー」

にゃははっ

|

« 午前2時 | トップページ | 若さは破壊力なのだ »

コメント

お~良いところですね
人も犬もリラックスできますね
あまり人は来ない所なんですか?
プリオリもノーリードでノリノリですね

投稿: よっし~ | 2006年11月 6日 (月) 16時07分

☆よっし~さんコメントありがとう☆
初めて行ったのですが、ほんとに良い所でしたー。
川の水は沸かせばOKの清流でした。
夏は地元の子の遊泳上になってるようです。
プリもオリも『ノリノリ』でー、ってよっし~さん、
もう他では使っちゃダメですよー。
ほんでプリオリは、20キロ分は走ったと思います(^▽^;

投稿: an太郎 | 2006年11月 6日 (月) 18時32分

えーーさぶかった??? 
それとも死語だって言いたいんでしょうか?Σ( ̄ε ̄;|||・・・
昨日はコメント書いてる間に出掛ける用事が入っちゃってええ加減に書いちゃったよゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
実は聞きたい事があったんですよ

写ってるテントはオガワのですかね?
それってテントとタープを合体させてるんですか?
元々そういう形のなんですか?

翌朝ですの写真に煙突みたいなもんがあって煙が出てる様に見えますがこれはなんですか???

とお聞きしたかったんです
こういう所でするのが真のキャップですよねぇ

投稿: よっし~ | 2006年11月 7日 (火) 17時42分

☆よっし~さんコメントありがとう☆
うふふっ、ちょいさぶでした(¯▽¯)
ところで・・・、テントはキャプテンスタッグのものです。
これはテント部屋とスクリーン部屋が一体になっている
ツールームテントとゆうものです。手前は床がないので、
ほんまはそこにテーブルとかを置くみたいですが、うちでは
オリの部屋にしました。スクリーン部屋も全部覆う事ができるので、
床対策をすれば、ワンコも充分OKだと思います。
ちなみにうちでは、ビニールシートの上にアルミマットを敷いて
そのうえにマットレスを置いてあげました。
小川のテントに比べたら、ビーックリする位格安ですよー。
ほんで、煙が出てるのは、クッキングストーブ、別名チビ薪ストーブ
とゆうものです。上にお鍋を置いてるのが分かるかしら?
天板はお鍋の大きさに変えることが出来ます。夜寝るときは、天板を
全部はずして大きめの薪を3本も入れておけば、朝までジワジワ燃えてます。料理と暖房を兼ねた一石二鳥のストーブです。
中にダッヂオーブンも入るし、燻製も作れまっす。
3枚目の写真で火がガンガン燃えてるヤツです。最後の写真では、足元に写ってます。
キャンプの時は一年中使ってます。

投稿: an太郎 | 2006年11月 7日 (火) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 午前2時 | トップページ | 若さは破壊力なのだ »