« ババ孝行な娘 | トップページ | プリオリな日々 »

2007年5月11日 (金)

さようなら、ぐうちゃん

お友達ブログ『その日の暮らしぶり』のもこさんちの

ぐうちゃん、ビーグルの男のコ、5歳、が天国に旅立ちました。

5月7日の事だったそうです。

突然病に倒れて、それでも一生懸命頑張ってて、

元気になってきた矢先だったのに・・・。

ぐうちゃんの事はブログでしか知らなかったけれど、

胸が苦しくて、悲しくて仕方ありません。

涙がこぼれて仕方ありません。

もこさんの事を思うと、息が詰まりそうです・・・。

今日は、遠いぐうちゃんの事を思っていっぱい泣こうと思います。

ぐうちゃんが虹の橋を渡れるように、一緒に手を合わせて頂け

ませんか?

ぐうちゃんのご冥福を、心から心から祈ります。

黙祷を捧げます。

さようなら、ぐうちゃん。

Img_3840 Img_3850_1

|

« ババ孝行な娘 | トップページ | プリオリな日々 »

コメント

an太郎さん、オリちゃん、プリちゃん。
ありがとうございます。きっとぐうも言ってると思います。ぐうのことだから、さんきゅうなっって感じじゃないでしょうか。

投稿: もこ | 2007年5月11日 (金) 22時59分

★もこさんへ★
勝手にごめんなさい。
でも、どうしても、みんなにもぐうちゃんに
手を合わせて貰いたかったんです。
急な坂道が好きだったぐうちゃん、
きっと今頃、虹の橋を登っているね。
『さんきゅうな』って言ってるぐうちゃんが
見えるようです。
もこさん、またね。

投稿: an太郎 | 2007年5月11日 (金) 23時25分

もこさんのところに行って来ました。

虹の橋で、ロンとつくねが待ってます。
短い犬生だったけれど、ぐうちゃんはしあわせ
だったよ。お顔でわかります。

an太郎さんも、元気出してね。

投稿: ロンの母 | 2007年5月12日 (土) 00時36分

★ロンの母さんコメントありがとう★
ぐうちゃんに逢いに行って下さってどうもありがとう。
本当にありがとう。とっても嬉しかったです。
私はへなちょこで、先住犬が死んでから10年間、ワンコと
暮らすことができませんでした。
ワンコを見るのも触るのも辛くて・・・。
あの時の感情がもこさんに重なってしまって、悲しくて、
仕方ありません。ダメな女子です。全然男前じゃないんです。

投稿: an太郎 | 2007年5月12日 (土) 17時36分

私もそうだよ。ロンちゃんが死んで、もう
すぐ1年になりますが、その時は、もう犬
は・・・と思ったものです。
つくねやダイちゃんやあきのことまで投げ
出そうとしたくらいなの。
まっすぐ見れなかったよ、みんなのこと。
あの時のことを思い出すと辛いよ。
an太郎さん、ダメなんかじゃないよ。
そんな感情を持ったan太郎さんと暮らす
プリちゃんもオリちゃんも幸せだよ。
ぐうちゃんも幸せ。ロンもつくねも幸せだ
った・・・そう思いたい。
そして、これからも犬と暮らしていくんだ
よね、私たち。だから、もう泣かないでね。

投稿: ロンの母 | 2007年5月12日 (土) 20時54分

動物とのお別れは何回経験しても決して慣れるものではありません。
特に病気や突然死で若くして逝ってしまった子達、何も罪もなく処分されてしまった子達を思うと悲しみは倍増です・・・。
この子達もいずれ・・・と考えるだけで泣けてきてしまう弱虫です・・・。
ぐうちゃんのママさんのことは存知あげませんが、愛犬を失った悲しみは痛いほど良く解かります。5歳は早すぎますもの・・・。後悔の方が先に走ってしまいませんか??
でも、ぐうちゃんはママさんのところにきて凄く幸せだったとおもう。
ゆっくり、ゆっくりね・・・。
an太郎さんも泣いているの??ぐうちゃん、幸せものですねーー。
天国行き決まり!!
私も、まだ逝かないけど、いつか先に逝っているみんなと再会したいな・・・。

投稿: ふう、八重ママ | 2007年5月13日 (日) 00時28分

★ロンの母さんコメントありがとう★
ワンコって嫌になっちゃうね。私たちにこんなに自分達を
好きにさせといて、さっさと自分達だけ歳を取っちゃうんだから。
父親が肺癌で亡くなって3年になるけれど、正直もうそんなに
思い出すことなんてないんですよ。ましてや思い出し泣きなんて
全然しない。でもワンコは違う。
何だろう。愛のカタチが違うのかな?
いけないって分かっていても、これからもこのコ達を今よりもっと
愛してしまうんだろうな~。あ~あ。
ロン母さん、優しい気持ちと言葉をありがとう。


★ふう、八重ママさんコメントありがとう★
へへっ。泣いてなんかないですよー。
色んなことを思い出してただけです。
人間との別れは、悲しかったことも苦しかったことも
いつの間にか楽しかった思い出に変わってしまうのに、
何でこのコ達の思い出は、色褪せないばかりか、涙を伴うん
でしょうね・・・。
ぐうちゃんが教えてくれたもの。
きっと、プリオリの来るべき日に備えて、私に心の準備を
しとけよって諭してくれたんじゃないかな。
天国でみんなに逢う日まで、楽しく一生懸命頑張らなきゃね。

投稿: an太郎 | 2007年5月13日 (日) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ババ孝行な娘 | トップページ | プリオリな日々 »