« 卒業のゆくえ | トップページ | Day off!(プリシラを探せ) »

2007年6月 9日 (土)

守るべきもの

ふう、八重ママさんのブログで出逢った、べっち(ベス)。

べっちはある一組の夫婦に飼われていた可愛い可愛いゴルちゃん

です。幸せだったべっちの生活が一変したのは、その夫婦が離婚

してから・・・・・。ママが出て行ってパパと暮らすことになったべっちに

無気力になったパパの愛情が向けられる事はなく、保護された時の

べっちはそれは可哀想な状態だったとの事です。

Dsc00828

母さん、いつも思っています。

ワンコに必要なのは愛情なのだと。

例えたった一人でも、その誰かの愛情があれば、ワンコは生きて

いけるのです。幸せなのです。

勘違いしないで下さい。

愛があるからご飯だってあげるし、お散歩にだって連れて行くの

ですよね?

Dsc00657

母さんの職場に「息子が拾ってきて飼い始めたけど、息子は

もう独立しちゃったからほんとはもう・・・」と言いながらワンコを

飼ってる人がいます。ちゃんとご飯だってあげてるし、仕方ないと

言いつつもたまにはお散歩にだって連れて行ってるみたいです。

その人は「愛はない」と思ってるようだけど、それでも充分だと

母さんは思います。

『ご飯をくれるのはボクの事を愛してくれているからだ』とその

ワンコは思っているに違いないから・・・。

ワンコってそうゆう生きものだから・・・。

Img_4473

飼い主が徐々に冷たい態度になってきた時、目が合っただけで

『ボクの事を見てくれた!まだ愛してくれているんだ』とワンコは

思うそうです。そう思い込む事で寂しさを紛らわせているそうです。

そしてワンコはそれを幸せだと思い込むそうです。

ワンコって人間が思う以上に孤独で繊細で愛情に満ちた生きもの

なんですよね。言い換えれば、仲間がいなければ、愛してくれる人

がいなければ、生きていけない生き物なんですよね。

お願いだから、あなたのワンコに愛をあげて欲しいのです。

ひとかけらの愛情さえあげられないなら、ワンコを飼わないで

欲しいのです。

あなたのワンコはあなたしか守る人がいないのだと深く思って

欲しいのです。

飼ってしまった以上は大切な大切な守るべきものなのです。

Img_4475

今日の午前3時、新しい優しいママの胸に抱かれて、べっちは

虹の橋に向いました。

透き通った一粒の涙とともに・・・。

笑顔が素敵だったべっちに深い黙祷を捧げます。

さようなら、べっち。

べっちの命が教えてくれたことを、ずっとずっと忘れないよ。

ありがとう、べっち。

|

« 卒業のゆくえ | トップページ | Day off!(プリシラを探せ) »

コメント

じーんときました。
ありがとう。

投稿: イルカ | 2007年6月 9日 (土) 16時21分

★イルカさんコメントありがとう★
はじめまして。
感情むき出しの稚拙な文章なのに、何かを感じて頂いて
嬉しいです。私の方こそありがとうございます。
イルカさんもワンコを飼っていらっしゃるのですか?

投稿: an太郎 | 2007年6月 9日 (土) 17時48分

記事UPありがとうございました。
涙でキーボードが見えません・・。(誤字脱字勘弁!!←いつもです。)
最初はあまりにも哀れなべスの姿に見かね保護しただけが、最後には
こんなにもベッチが必要な存在だった事に気づかされたと言っておりました。だから後悔も何処かに引っかかっているのかもしれませんね・・。
ベッチママの身体が心配・・・。
明日、火葬なのでいって来ます。
自分が飼っている犬のように好きでした・・・。
(最後までべスの中でのNO.1ではありませんでしたが、遠い記憶の片隅にでも覚えてくれてればいいや!!)
虹の橋に行ったとき、べスも来てくれたら最高ね!!

投稿: ふう、八重ママ | 2007年6月 9日 (土) 18時00分

★ふう、八重ママさんコメントありがとう★
勝手にごめんなさい。。。
何かに憑かれたように一気に書いてしまいました・・・。
べっちの笑顔、大好きだったな。。。
ワンコはぬいぐるみではなくて、感情のある命なんだって
何で分からない人がいるんだろう。
不思議で仕方ないよ。。。
べっちママ、心配です。べっちが笑顔で虹の橋に行けるように、
どうか笑顔で見送ってあげて欲しいと伝えて下さい。
もう、べっちには悲しい思いをして欲しくないんだ。。。
大好きなママの笑顔を見ながら旅立って欲しいんだ。。。
泣いてるのは分かってるけど、ママさんも元気出してね。

投稿: an太郎 | 2007年6月 9日 (土) 18時27分

いつもは笑いなんだけど、
今日は涙です・・・

繊細で疑いを知らない存在・・・
わんこに愛情とご飯は必ずセットですね!

投稿: らむっこ | 2007年6月 9日 (土) 22時14分

ベッチ・・・ステキなコだったね。
最後にたくさんの愛情を感じることが
出来てよかったと思います。
人間に寄り添ってこそ幸せを感じる・・・
本当にその通りだね。
それを平気で裏切る人間がいるのも悲しい
事実です。変えていきたいね。
小さくても、少しずつでも・・・。
今日は泣いちゃって頭が回らない。
ベッチは、亡くなったロンと似てるから。

安らかにと願います。

投稿: ロンの母 | 2007年6月 9日 (土) 23時31分

どんなことがあっても、最期は愛されて愛されて旅立っていったんですね。安らかに、穏やかにと願っています。

投稿: もこ | 2007年6月10日 (日) 00時08分

★らむっこさんコメントありがとう★
べっちの為に涙を流して下さってどうもありがとう。
私達の涙は、べっちの涙かもしれないな。
最後はようやく愛してくれる人ができて、穏やかな幸せの中で
天国に旅立つことができて良かったと思います。


★ロンの母さんコメントありがとう★
大好きだったパパママに捨てられたべっちの心を思うと
胸が張り裂けそうです。
何年も孤独の中で生きてきたべっちの事を思うと、苦しくて
悲しくて仕方ありません。
せっかく優しいママに巡り合えたのにね。
きっとべっちはこの2年間の幸せだけを思い出に早くお空に
帰りたかったんじゃないかな。
今日は怒りと悲しみの涙でいっぱいです。
べっちの笑顔、可愛かったよね。


投稿: an太郎 | 2007年6月10日 (日) 00時09分

★もこさんコメントありがとう★
もこさん、ごめんね。こんな記事辛いでしょう。。。
神様がべっちから辛くて悲しい記憶をすべて消してくれることを
願います。最後の幸せの日々だけの記憶を胸に虹の橋に向かわせて
くれることを・・・。

投稿: an太郎 | 2007年6月10日 (日) 00時14分

深い愛情の中で最期を迎えることが
できたべっち、やすらかに。。。

人間の都合で不幸になる子が
少しでも減ってくれることを
願います。
今、わんこと暮らしている人、
これから迎えようと考えている人、
多くの人にこの記事を読んで
欲しいです。

投稿: clareママ | 2007年6月10日 (日) 00時21分

★clareママさんコメントありがとう★
保護された時のべっちはとても酷い状態だったけど、
あっという間に、笑顔の素敵な本当に可愛いコになりました。
べっちはちょっと生き急いだように思えて、それがとても
悲しいのです。最後はとてもとても愛されたけど、やっぱり
辛い記憶は消えないものね・・・。
人間の不実はまた他の人間が補っていくしかないなんて
ほんとに腹が立つよ・・・。
今度べっちが生まれてくる時は幸せな家族の元へと願います。

投稿: an太郎 | 2007年6月10日 (日) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卒業のゆくえ | トップページ | Day off!(プリシラを探せ) »