« フードは風土 | トップページ | 大騒ぎっぱなし »

2009年2月18日 (水)

母さんのお仕事

科学の力だけでは乗り越えられなかったはずの素敵な経験をお聞き

になりたいのですね。では一つだけ。。。

移植しか助かる道がない重い腎臓病の女の子がいたのです。

抵抗力がなくなって無菌室で過ごす辛い日々が続いていました。

食事は細かく計算された味のないもので、どんなに喉が渇いても口

にできるのはお薬を飲む為のたった10mlだけ。皮膚は真っ黒でカサ

カサで、生きる希望さえ見失って毎日毎日泣いていました。

日に日に衰弱していく娘をただ見ているしかないご両親は『好きなもの

を食べさせてもう楽にさせてあげたい』という答えを選択されました。

それは死を意味する無謀な選択だったから、主治医はもちろん他の

誰一人認める人はいませんでしたよ。

だから母さんは賛成したの(←時効です)。

もちろん死んでも構わないって思った訳じゃありませんよ。状態は

悪化するばかりなのだから、どうせなら、移植手術が受けられる体力

や生きる力が湧いてくるように好きなものを食べてみるのも一つの手

だと思ったの。

Img_9121soredesorede

母さんが今のお仕事を選んだのは、15歳の時にずーっと入院して

いたじいちゃんの看病を手伝ったのがきっかけです。ソフトボール大

会の最中に「じいちゃんが危篤だからすぐに病院に来い」って連絡が

あって、病院に駆けつけた時には微かに息があるだけで、子ども心に

「ああ、死ぬんだな」って思ったのだけど、ババが「じいちゃん、何かし

て欲しいことはない?」って聞いたら、囁くように「ビールが飲みてぇ・・・

」って言ったのですよ。だからババがね、看護師さんや親戚がいなくな

った隙にこっそりストローをさしたビールを口元に持ってったらね、じい

ちゃんね、本当に飲んだのですよ。その直後に顔がさらに腫れ上がっ

て呼吸も心臓の状態もますます悪化したのに、じいちゃんは死ななか

った。いつ心臓が止まってもおかしくない状態で毎日毎日ビールを飲

み続けて、2週間後にじいちゃんは天国に旅立ちました。

あの時のじいちゃんは本当にしあわせそうだったから、内緒でビール

を飲ませてるババもとっても楽しそうだったから、だから母さんは今の

仕事を選んだのです。

Img_9120humuhumu

ただね、資格を得た母さんがやるべきことは隠れてこっそり好きなも

のをあげることではないのでね、まずは同じように彼女ーあやちゃん

ーに心血を注いでいた研修医を攻めまして、そして一緒に主治医を

説き伏せまして、あやちゃんはずーっと夢に見ていた苺のあめ玉と

アーモンドキャラメルを食べることを許されたのです。

その後あやちゃんは、無事にお父さんからの生体間腎移植を受け

まして、待ち望んでいた社会生活に戻ることができました。

今はもう27歳になっているはずです。

1人の女の子を思うみーんなの想いと科学の力が集結した、母さん

の誇れる素敵な実体験でした。

で、今日の日記もギリ犬ブログで・・・・・・・

Img_9119muri

無理だよねぇぇぇ・・・。

じゃ、じゃあね、

昨夜の4姉弟の夜ごはんは

Img_9189inugohan

でした。

ほら、これでギリ犬ブログ。ぐふふ。。。

Banner2 犬ブログか否か・・・の判定は皆さまに。。。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ母さんは今からお仕事に行って参ります。

        21時には帰れるだろうか・・・。はぁ~。

|

« フードは風土 | トップページ | 大騒ぎっぱなし »

コメント

あると思います。心から。。。

あやちゃん、立派な娘さんになってるだろうね。
よかったね。

お宅のお子さんたちは、ゴロゴロお野菜食べて
くれるんだね。うらやましい。

投稿: ロンの母 | 2009年2月18日 (水) 13時29分

an太郎さん 初めましてhappy02
ロンの母さんの所から来まして、ずっと読み逃げでしたが、なんだか今日は我慢出来なくなってしまいました。
私はan太郎さんの事、素敵な看護婦さんやなあ~って思っていました。実は亡くなった父が闘病中に良い看護婦さんに出会えず、看護婦さんのイメージが良く無かったんです。でも、an太郎さんのブログにお邪魔させていただいて、なんて人柄の良い人だろう・・・ こんな人が父の担当看護婦さんなら、父も救われたろうな…って感じていました。今日のあやちゃんの事を読んでますます強くそう思いました。
フフフ・・・それに最後にオチをつけられる所といい、そのユーモアたっぷりの感性は天性のものでしょうか?
プンプン・・大阪人の匂いがすると思っていたら、大阪にいてはった事があるんですね!大阪で修業された成果でしょうか? 私は大阪人なんです。
よく先生を追って病院を替わる患者さんいますが、an太郎さんを追っていく患者さんもいるんじゃないかしら。
ロンの母さんとan太郎さんは同じ匂いがします。優しい春の香りがします。

投稿: フク | 2009年2月18日 (水) 14時22分

再度申し訳ありません。coldsweats01
名前が足りません。「フクミク母」が正当です。
せっかちで、やっぱり関西人?!

投稿: フクミク母 | 2009年2月18日 (水) 14時28分

素敵な実話を有り難うございました。
そのお嬢さん、きっときっと充実した人生を
歩いてらっしゃるだろうと思います。

豪快な豚汁ごはん!
美味しそう~♪


投稿: sachiko | 2009年2月18日 (水) 14時46分

実は私も今わんず達の食事に悩んでいます。
今までどうも思わず太らせないことだけに注意して
手作り食にパラパラとドッグフードをかけたりかけなかったり…
が! 昨年からリロに結晶が出て…
原因である運動量は十分だし…水分も一番とっているので
食べ物の改善を言われました。phが下がるまでは療法食のみ!
やっと先日下がったのですが体質だとすると食べ物には注意がいります。
今まで4わん同じように食べさせてきたのに…
リロだけがひっかかってしまって…おやつも禁止。
手作りもどんなものが良いのか本も買いました。
一日おきくらいで手作り食とドックフードとしてみようと思っています。
健康がどれだけ幸せでありがたいことか実感しました。
ヤンチャでもいい!破壊したっていい!健康第一ですよね。
トーマスは高齢だし純ちゃんはパピーなので食事も同じようにはいかないのが現状でしたが
今後はリロの内容も考えていかないと…。
アドバイスがありましたら宜しくお願いします。

投稿: Club Thomasの母 | 2009年2月18日 (水) 15時10分

私は今まで最愛の人を2人癌で亡くしてます。
科学の力では限界があることや、
余命をどのようにして生きていくかは
その人の選択しだいだということを目の当たりにしてきたので、
an太郎さんのおっしゃってること、とっても共感できました。
そう、科学に力よりも人間の生きるという力や
希望のほうが遥かに絶大なんですよっ!!!
素敵なお仕事ですね♪
(実は私の母もan太郎さんと同じなんですよ。
そんな母をとっても尊敬しております)

我が家もネネのカイカイが改善されない為、
昨年の秋から完全に手作り食にしてます。
カイカイの改善効果や栄養面が不安だったので、
日記では触れなかったのですが、
先日の健康診断で◎をもらえたので、
近々アップしようかな~と思っております。
お互いわが子の健康の為にがんばりましょうね♪

投稿: kaako | 2009年2月18日 (水) 15時57分

an太郎さん、こんにちは。
生かされていることと、生きることは違いますものね。本来の生きる力とは、自ずと正しい方向を選ぶ気がします。
an太郎さんは、おじい様から天職をみつけるきっかけとおビール好きのDNAをいただいたのですね^^おじいちゃまにカンパーイ♪

投稿: むぎ | 2009年2月18日 (水) 17時41分

★ロンの母さんコメントありがとう★
あやちゃんからね2通のお手紙を貰ったんだよ。
1通目には『苺アメが食べたい、学校に行きたい、将来はお嫁さんになりたい」って希望ががびっしりと書いてあって、こんなの何で私にくれるんだよって正直思ったんだけど(笑)、それでも感情をぶつけてくれて嬉しかったの。
で、退院する時に貰った2通目には『将来は看護婦さんになりたい』って書いてあったんだ。泣いたなぁ。。。
きっと素敵な女性になってるはずです。

うちのコ、お野菜だーい好き♪

投稿: an太郎 | 2009年2月19日 (木) 20時50分

★フクミミさんコメントありがとう★
わーわーわー、はじめまして、こんばんは♪
フクミミさん、ようこそBBGへcherry
ええーと、私がいい看護師だと・・・?ブログを読んで下さってそう思って頂いたと・・・?
ってことは、少なからず、いや堂々と『私はいい看護師だぞー。がおー』って書いてるってことですね・・・。
うーん、かたじけないsweat01切腹します。。。
私の人柄・・・ないです。ないない。人柄よりも鶏がらかってな位です。
大阪には、生まれ育った田舎と同じくらい住んでました♪
きっと知らず知らずのうちにオチ必須!が染み込んだのでしょうね。うふふ。
私とロンの母さん、似てますか?怒られますよ=(爆)

投稿: an太郎 | 2009年2月19日 (木) 21時04分

★sachikoさんコメントありがとう★
あやちゃんが、夢にまで見ていた苺アメを口に入れた時のあの笑顔は、一生忘れないと思います。目が垂れパンダになってましたから(笑)
看護師にはなってないとしても、素敵なお嫁さんにはなっているでしょうか。。。
きっとしあわせだと思います。

うふふ~、「早食い防止」と「噛み応え」の為にお野菜はゴロンゴロンです。決して手抜きではありません(爆)

投稿: an太郎 | 2009年2月19日 (木) 21時10分

★Club Thomasの母さんコメントありがとう★
ブログ、拝見してますよ。母さまのおコ達は年齢に幅があるので大変ですよね。
そのコそのコの体質もあるからリロちゃんにだけ症状が出てしまったのでしょうね。お察しします。。。
母様も本を買われてお勉強されてるのですね!仲間ですね!
私も日々勉強中です。ってのは大げさで、ごはんの材料を数品目ずつに絞って使用して、カイカイが出た食材を省いてるだけですが。
やんちゃ過ぎるのも困りものですが、でもやっぱり元気が一番だと思います。ずーっと元気においしく食べれるように、一緒に頑張りましょう♪
アドバイス~、私が頂きたい位ですよんsweat01


投稿: an太郎 | 2009年2月19日 (木) 21時20分

★kaakoさんコメントありがとう★
そうなのですね。おふたりも。。。kaakoさんにとって最愛の方だったのであれば、おふたりもkaakoさんのことをそう思ってらっしゃるでしょうね。今も見守って下さってますねconfident
私は、術後の患者さんに痛み止めを使わずにリフレクソロジーで痛みを緩和する方法とか、抗生物質を使わずに感染症状を緩和する方法などを勉強してたのですよ。なのでお医者さんにはめんどくさい看護師だったと思います(爆)

ネネちゃんもカケちゃんも健康健康でしたね!!
手作りごはん大成功!ではないですか~♪
これからも一緒に頑張りましょうねhappy02

投稿: an太郎 | 2009年2月19日 (木) 21時35分

★むぎさんコメントありがとう★
むぎさん、こんばんは♪
仰るとおりです。病院勤務では生かされてる患者さんをあまりに多く見すぎてしまったので、今は訪問看護をしています。
そこではみな、自分で答えを選択しながら一生懸命生きています。色んなことを学ばせて頂いてます。

うふふ~、私たち姉妹があんまりビールを飲みすぎると母がいやな顔をするのですが、「これはじいちゃんが私たちの体を使って飲んでるの~」と言い訳させてもらってます。
じいちゃん、ごめんhappy02です(爆)

投稿: an太郎 | 2009年2月19日 (木) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フードは風土 | トップページ | 大騒ぎっぱなし »