« 拍手ご喝采 | トップページ | チャーリーブラウンの歩み »

2009年4月18日 (土)

目が離せない

こないだの日曜日、譲渡会のお手伝いが終わって家で4ワンズと

のんびりしていたのですよ。そのうちリロとチャーリーブラウンが

デッキでウトウトし始めたものだから、弟たちのことをプリとオリに

頼んで20分程側を離れて戻ってみたら、どうしたものかデッキの

扉が全開になってて、見事にチャーリロの姿が消えていました。

Img_0223riro

あちゃちゃー。

大きく開いた扉の先を見つめたまま、自分たちは出て行きもせずに

お座りをしてただ途方にくれてた巨体(=オリ)と極小(=プリ)の背中

の切なかったこと切なかったこと・・・。

『チビたちはっ!?!』って思わず大声を出してしまったら、自分たち

のせいではないのに

Img_0274shobonoli

ってますます背中を丸めちゃって・・・・・・。

Img_0231puricharriro

(ぐすん。それはある意味仕方ない・・・)

だからまず先にプリとオリを『プーちゃんとオーちゃんは出て行かなく

ておりこうさんだったね。偉いね。賢いね。ありがとうね』ってぎゅーっ

てして、それから脱走兵を探しに出ました。

わが家は高台に建っているのだけどね、聞こえましたよ。下の団地内

で子どもたちと大騒ぎしてるあんぽんたん2匹の大声が。

ごるぁーーーーーーっ、チャーリローーーーーーーーーっ!!!

って叫んだらね、2匹ともすぐに気付いて『かあさーーーーん!!!』

って駆け戻ってきて、胸に飛び込んできて、その勢いでついでに母さん

をコンクリートに叩きつけてくれました。うふふ(涙・・・)

こんな時の母さんは馬鹿力まっくすですからね、12キロと2○キロを

小脇に抱えて無事帰宅となりました(←やはり冷静ではなかったので

リードを持って出るのを忘れてた・・・どんまい)。

その後はもちろんオリから半殺しの刑にあった2匹だけども、そんな

時の母さんはドSまっくすでもあるのでね、『君ら今日はやられなさい』

って見て見ぬ振りをさせてもらいました。

Img_0228riro

母さんとオーちゃんからの愛のムチです。

イヤなら次からは勝手に出て行かないよーに。。。

Banner2 まったく、いっときも目が離せない男子ですよ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ皆さんはBBGから目を離さないでね。

         あおーん、決まった。(そうか?・・・)

|

« 拍手ご喝采 | トップページ | チャーリーブラウンの歩み »

コメント

an太郎さん、こんばんは。
おっきいおチビちゃん達、やってくれましたね。ダーーー追っかけて、小脇に12+2〇←?の子らを抱えるのは心の臓によくないですよ~^^てか、力持ちですね!
リフォームの採点ですか?えへ。私ね、器用なんですよ。何でもそこそこ出来ちゃうから、努力しないバカもんなんです。器用貧乏って・・私のことです。びえ~ん

投稿: むぎ | 2009年4月19日 (日) 19時40分

★むぎさんコメントありがとう★
むぎさん、こんばんは♪
うふふ。大きなおチビ組はやってくれますsweat01
でも今回は出てったチャーリロよりも出て行かなかったプリオリに感謝感激でした♪
出て行こうと思えば好きなだけ出て行けたのに・・・。
もし4匹ともいなくなってたら・・・と思うだけで一気に心臓が止まりそうですcrying
リフォーム、順調なのですねー♪
実は友人宅のリフォームを請け負いまして来月頭頃に参上してきます。今からワクワクです。。。
器用貧乏なんて言葉があるのですね。私も、それです(笑)

投稿: an太郎 | 2009年4月19日 (日) 20時43分

あらら・・・私も器用貧乏の一人です(笑)
お仲間ね~♪

脱走兵を小脇に抱えて帰ってきたのですね。
お疲れ様です。

オーちゃんは止めたのよね、えらいね。。。
やっぱり若い男子は外の魅力に勝てないのかな??
しかもチャー君まで。。。

どんまいどんまい!

投稿: sachiko | 2009年4月19日 (日) 20時58分

★sachikoさんコメントありがとう★
sachikoさんは器用貧乏ではないと思うのだけど。。。
パン作りの才能はすぐに花が咲きますよーーー!
ネット販売、始めて下さいね!定期購入しますからhappy02
何とかの馬鹿力って本当ですよね。両脇に抱えられてもじーっとしてるチャーリロも可愛いでしょう?(←本物のおバカです♪)

プリとオリにはカンドーでしたよ。ほんっとワンコはずるいですよねぇ。可愛がってしまう要素満載だからcatface

投稿: an太郎 | 2009年4月19日 (日) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 拍手ご喝采 | トップページ | チャーリーブラウンの歩み »