« 鳥DNA | トップページ | オリジョリ »

2009年6月 1日 (月)

ひまわりの家

宮崎県『命の架け橋 ひまわりの家』では、一度もしくは何度も人間

に裏切られた犬や猫たちがもう一度人間の愛情や優しさに触れな

がら終の家族を待っています。

動物保護施設がなかった宮崎県にとってひまわりの家は希望の架

け橋となる画期的な施設だけども、終生のいのちを約束された訳で

はありません。管理所では数日しかなかったいのちが1ヶ月伸びる

に過ぎません。いのちの期限は1ヶ月・・・なのです。

ブラック地方で人間によって繁殖され、挙句保健所に持ち込まれた

生後3ヶ月の純血秋田犬の男のコも、今、ひまわりの家で本当の家

族が迎えに来てくれるのを待っています。

Akitakun_2

このコのいのちの期限は6月22日です。毎週月曜日、たくさんの

いのちの期限がやってきます。一度は抱きしめたいのちを目の前

で終わらせるかもしれないスタッフの方々の苦悩や葛藤は想像を

遥かに超えています。それでも寝食を惜しまずに、最後まであきら

めずに、いのちと、現実と、まっすぐに見つめてくる瞳と向き合い闘

ってくれています。かっこいい。

思うんですよ。犬や猫と暮らすにはお金がかかります。時間の束縛

も受けます。誰も褒めてはくれません。当然見返りもありません。

でもね、このコたちに注いだ愛情はきっと私の心を豊かにしてくれて

いるんだなぁって。

Img_0735charkatamaru_2

だって私、しあわせですよ。

Img_0737masumasukatamaru

とってもとってもしあわせ、ですよ。

今、ひまわりの家が大きな危機

迎えています。せっかく誕生した施設です。同じ宮崎県にお住ま

の皆さま、もしくは賛同して頂ける皆さま、どうかお力を分けて

下さい。お願い致します。an太郎

|

« 鳥DNA | トップページ | オリジョリ »

コメント

いつも楽しいブログをありがとうございます!
初めてコメントさせていただきます。
「ひまわりの家」本当に心配でなりません。うちの子は「ひまわりの家」出身です。「ひまわりの家」のスタッフさんに授けていただきました。
 うちの子、譲渡前の検査では、フィラリア(-)と聞いていたのですが、譲渡後2週間で咳が出はじめ、この半年で治療費が10万円を超えました。最近分かったことなのですが、心臓にフィラリアの成虫がいたのです。
 本当に誰も褒めてはくれないし、見返りもありません。それどころか、子犬を買った方が安くついたんじゃない?と言われたこともありました。でも、せっかく授かった命を大事にしたい。かけがえのないものなのです。
 an太郎さんみたいにうまく言葉に表せないので、もどかしいのですが・・「ひまわりの家」に賛同してくださる方が1人でも多くお力をお貸しくださることを願います。

投稿: トウカイピア スタッフM | 2009年6月 2日 (火) 18時57分

★トウカイピア スタッフMさんコメントありがとう★
トウカイピア スタッフMさん、はじめまして、こんばんは♪
ようこそBBGへcherry
こちらこそ遊びに来て頂いてどうもありがとうございます。
そうなのですね!ひまわりの家からワンちゃんを迎えて下さったのですね!!重ね重ねどうもありがとうございます。それなのにフィラリアだったとは・・・。何らかのタイムラグが発生したのでしょうか・・・。きっと一気に奈落の底に落とされたことと思います。申し訳ありませんweep
それでもひまわりの家を批判せずに治療をして下さっているトウカイピア スタッフMさん、素敵ですよ。
そのコを迎えてくれたのがスタッフMさんで良かった♪本当に良かった♪
これからも治療費がかかるのでしょうが、どうか宜しくお願いします。って私なんかが言うよりも、きっとワンちゃんが言ってるのでしょうね。まっすぐな瞳でありがとうって。これからも一緒に頑張りましょう♪

投稿: an太郎 | 2009年6月 2日 (火) 20時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥DNA | トップページ | オリジョリ »