« とどのつまり自慢です | トップページ | 痛みより食い気 »

2010年3月16日 (火)

ワンアクションのススメ

ではここでためになるかもしれない話をおひとつ。

ピンポンがなった時にどうやったら4きょうだいを鳴かせずに済むか。

Img_4335puriro

えっとね。家の前をバイクが通るとかトラックが止まるとか、なにがし

かお客さんの気配を感じたら、4きょうだいよりも先に玄関に行って、

ピンポンがなる前に4きょうだいに向かって仁王立ちするんです。

腰に手をあてて。海老蔵ばりの目力で。その間母さんは一言も

発さずに。

Img_4338puriro

もしもワンズがちょっとでも声を出したり、声を出しそうになったらね、

海老蔵の目力はそのままで、オーバーアクションを1回だけ行います。

例えば腰を大きく振るとか、しぇ―をするとか、変顔をするとか。

これ、一鳴きにワンアクションが鉄則です。

Img_4352purioli

意図は何かと言いますと、『一瞬で気を引く』ということ。

これをやるとその瞬間は母さんに気をとられるので鳴くのを忘れて

しまいます。それを数回繰り返していたら家の前をトラックが通るだ

けでとりあえず先に母さんの顔色を伺うようになりました。そうなれば

もうこっちのものです。ワンズが母さんの顔色を伺ってきたらその時

は、静かなしぇーもしくは静かな変顔を見せてピンポンから気を逸ら

してあげるだけ。この時に心の中で『鳴いちゃダメ』と指令を送ると

尚ベター。

Img_4355nakayoshi

今ではオリとチャー坊に至っては、ピンポンがなると『誰か来たけど

?』と教えに来てくれるまでになりましたから。

これまでに色んなことをやってきましたよ。わんわん鳴き叫ぶプリに

向かって、プリよりも大きな声で『わんわんわん』って言ってみたり、

ピンポンと同時にキッチンに走っていってご飯皿を舐める真似をして

みたり。

Img_4357nakayoshi

何て言うか基本はね、簡単に言うことを聞かせようと思わないこと

だと思うんだけど。

しつけ本通りにやってもダメなことだってある訳で、その時に簡単に

サジを投げずに何度でも何度でもとにかくやってみる。

おかげさまで母さんは『傍から見ると無駄に見えるようなことを真剣

に行う』ことに生きがいを感じるタイプなので、こういう訓練がとても

楽しかったりします。それよかね、だんだんやりすぎて

Img_4358nakayoshi

逆に心配されちゃったりなんかすると、喜びのあまりに変顔にさらに

磨きがかかってしまいます。(おいおい)

Purioli 真剣に向き合うってことはきれいごとじゃない

               ってことです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ 『母さんの変顔を前にきょとんとしている4きょうだい』
にほんブログ村  をいつかYou Tubeでお見せ・・・できるわきゃない。

|

« とどのつまり自慢です | トップページ | 痛みより食い気 »

コメント

ふむふむ。
うちも最近はピンポンが鳴ると警戒して吠えるようになってしまったので、an太郎さん方式をマネしてやってみようかしら。
しつけって、わんこが出来るようになる前に
ニンゲンが飽きてさじを投げてしまった結果「馬鹿犬」なんて言われてしまったりするんですよね。
この子、馬鹿犬だからって言っている飼い主を見るたびに「おばかはどっちだよ」と思っちゃいます・・・。
ちゃーんと向き合えば、ちゃーんと通じ合えるのにね。

お言葉に甘えてブックマークに追加させていただきました!
今後ともどうぞよろしくです^^

投稿: ももひなの母 | 2010年3月17日 (水) 10時45分

an太郎さま

お久しぶりで〜す。

さすが、4ワンの母さんダ〜。あなたの犬への洞察、観察力にはいつも感心していたのですが、犬たちとの共生エキスパート母さんダ〜。実はこの好ましくない、もしくは欲されない犬の行動を叱らないで好ましい行動へ導く指導方に"Jolly Good Routine" つまり犬の注意を移行させるもっと楽しい事、人間の接近でそらしてしまう方法を米国の獣医動物行動学者が書いています。我が家は”外に何かいる、誰かいる”と犬どもが吠えると、”ありがとう。誰かなあ?何かな?調べるからもういいよ。ワッハハッ(大笑い)” で落着です。警戒心からの吠えでも人間が笑っていれば犬たちも安心するのでしょう。

そう、犬たちとの共生で人間に求められる努力は多大で時にまぬけピエロにもなりますワン。

投稿: chatokibi | 2010年3月17日 (水) 16時24分

うふふ(≧▼≦)♪
もうコメント欄解禁ですね (笑)


あっ!ワタスも喜びの舞しますよhappy01
おかげで夜な夜なフィーバーshineshine

投稿: ラリレモ | 2010年3月17日 (水) 22時15分

★ももひなの母さんコメントありがとう★
うふふ。あほあほでしょ^^;

ところで、ももさんが警戒なきをするようになったのですか???
あくまでも私の憶測だけど、それはしぇーや変顔を気を引かないほうがいいような気がします。
どこまでも憶測ですが、今まで鳴かなかったももさんが急に泣き出したのであればちゃんと理由があるはずです。母さんのコメントを読んだだけで感じたのは、もしかして「赤ちゃんを守る」本能が働いたのかな?と。
日常ではそんなそぶりはなくても、赤ちゃんが守るべき存在だって言うのはワンコにも絶対分かります。母さんご夫婦が愛情いっぱいに育ててきたももさんだからこそ、余計に絶対に。ももさん、いいこね^^
だからももさんの優しさや正義を変顔で茶化すのではなく、
chatokibiさんのアドバイスが打ってつけだと思います。ありがとうって褒めてあげて、その上で赤ちゃんもももさんも私が守るのよって伝えてあげたらいいと思うなー。
でも母さんも素敵な母さんね♪

うちにもリンクさせて頂いて宜しいですか?どうぞ宜しくお願いします♪

投稿: an太郎 | 2010年3月18日 (木) 13時55分

★chatokibiさんコメントありがとう★
わわわー、chatokibiさん、こんにちはー。お久しぶりですー。
またお越し下さってとっても嬉しいです♪

で、何かまた褒められてる(笑)
ワンコに囲まれて暮らすのが子どもの頃からの夢だったんですよ。この歳になって思いがけずワンコ4匹と暮らせていることが本当に嬉しくて仕方なくって^^
だからついつい構い過ぎてしまいます^^;決して共生エキスパート母さんではないと思います(苦笑)
ジョリーグッドルーティンは人間といることは楽しくて安心だって思わせてあげる方法なのですね。素敵ですね~~~。
先にコメントを下さってるももひなの母さんちのワンコさんにはこの方法が適してるって感じたので、とてもグッドタイミングでタイムリーなコメントをでした♪
chatokibiさんどうもありがとう♪♪

可愛いコの為なら鬼にもピエロにもなれるってものですよね!

投稿: an太郎 | 2010年3月18日 (木) 14時13分

★ラリレモさんコメントありがとう★
うふふふふふふ。
何だかちょっとヤケクソです(爆)
ってのは嘘ですよ。皆さんのコメント、とってもありがたく読ませて頂いてます♪

あ。やっぱり舞いますか^^
同じ匂いを感じたものだから(笑)

投稿: an太郎 | 2010年3月18日 (木) 14時17分

警戒吠え・・・怖がってるみたいです。
赤ちゃんが~というより
小さい頃にあまり来客がなかったので慣れてないんですね。
はじめは怖がってキュンキュンだったんですが
2歳を過ぎたくらい(マーキングをするようになったころ)から吠えるようになりました。
男性は宅急便でなれているんですが、女性はダメですねー。
毛を逆立てて、後ずさりしながらひっくりかえりそうな情けない声でワンワン吠えています。
しらない人が怖くて仕方ないって感じです。

お客さんがシカトしてくれれば30分程度で慣れるんですが
目が合ったり声をかけられるとさらに怖がってしまいます。

なだめてもダメだし、おやつも吠えながら食べてます。
変に「大丈夫よ大丈夫よ」ってちやほやしないほうがいいのかしら。来客?了解!わっはっはっ!!て。

大好きなBBGにリンクしていただけるなんて光栄です!

投稿: ももひなの母 | 2010年3月18日 (木) 19時10分

★ももひなの母さんコメントありがとう★
ああ、そうだったんですね。ももさんも臆病さんなのですね。だったら変顔とかしぇ―でもいいかも(笑)
初めは私はこんなに怖いのに母さんはなんでふざけてんのよーって思うかもしれないけど、そのうちきっと母さんが楽しそうだとももさんも安心して怖くなくなってくると思います。
でも目が合ったり話しかけられたりして怖がるのはオリと一緒だー。オリも知らんふりされてたら平気なんですよ。
怖いのに吠えながらおやつを食べるなんて、ももさんは本当に可愛いね。「怖い」よりも食い気が勝つってことだから、全然大丈夫ですね。なだめるのではなく、母さんが楽しい嬉しいってアピールする方が効果的かもですね。あー、書いてるだけでワクワクしてきた。ぜひぜひ効果を教えて下さいね♪♪

投稿: an太郎 | 2010年3月18日 (木) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とどのつまり自慢です | トップページ | 痛みより食い気 »