« 天才かも | トップページ | 見えない力 »

2010年3月31日 (水)

君たちがいれば

忙しさの波が激しい母さんのお仕事だけども、

またじわじわと激務の予感です(涙・・)。

Img_4534

ワンコとの暮らしを封印していた頃、小学生の男の子の死に

立ち会いました。脳腫瘍でした。

Img_4535

最前線の高度医療をもっても助かる見込みはなくてね、

憔悴しきって抜け殻になっていたお母さんに主治医が

「他にお子さんがいてまだ良かったです」って声をかけたんですよ。

その時私も「本当にそうだ」と思ったんだよ。

もしこれが1人っ子だったらもっともっと辛かったはずだ・・・と。

Img_4536

でもお母さんは搾り出すようにゆっくりと

「先生・・・、それはないですよ」って言われました。

怒りではなく深い深い悲しみと絶望色の声で。

Img_4537

あの時の私は何て愚かだったのだろう。

たくさんの死に立ち会ってきて解ったつもりになっていた。

でも本当は何も解っていなかった。

我が子を失う母親の気持ちなんて全然解っていなかった。

Img_4242char

だけどね、今なら判るよ。

リロが死ぬかもしれないと思ったとき、はっきりと理解できたんだ。

Img_4373riro

君は君だけしかいない。

例え4ぴきいようとも、3ぴきいようとも、他のコに代わりはできない。

君の代わりは他の誰にもできないんだ。

君たちと暮らしているとね、母さんは人間としてのスキルアップも

できる気がするよ。

Img_4543

どーもありがとう♪

不肖an太郎。これからはもっと、

患者さんにもご家族にも寄り添える気がします。。。

Purioli もしも更新が途絶えたら、激務の波に

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ 飲まれているのだな、と温かく見守ってくださいね♪
にほんブログ村

|

« 天才かも | トップページ | 見えない力 »

コメント

an太郎さんこんばんは。
また忙しくなりそうなのですねー。
季節の変わり目なのでご自愛くださいませ。

ももひなの上にニンゲンの子がひとりいるはずだったんですよ。妊娠6ヶ月でした。
なのでその先生の言葉はぐさっと来ました。
ああいう時って慰めの言葉はいらないなぁって。
一緒に泣いてくれるだけでいいなぁと思います。
でもいちいち泣いていたら心が持ちませんものね、先生や看護婦さんはほかにも患者さんが待っているし。

どんな子でも、どんな人でも、大勢のなかのひとりでも
みーんなひとつの生きている命なんですよねー。

そんな命が4つもan太郎さんに身をゆだねているんですねー。

投稿: ももひなの母 | 2010年4月 1日 (木) 23時46分

拝見させていただきました。
応援ポチ。

投稿: ルザ | 2010年4月 2日 (金) 10時41分

an太郎さん、こんばんわん^^

うーん。今日のカテはとても重いお話ですね(>o<")
ウチのわんわんは実は去年お星様になってしまい、数ヶ月経った今でも、その存在の大きさを痛感して生活してます。
ちょうど去年の今頃は倒れた愛犬が治るかどうかの瀬戸際で、封印してた1リットルの涙を見たり、数年前に亡くなった友達を思い出したりと命の尊さを考えて過ごしてました。

でもね、an太郎さんちのワンズは愛されて元気にワンコライフを満喫してると思うので・・・(時々大変そうだけど)激務に飲まれてもワンズのためにお仕事頑張って、「今」を楽しんでくださーい(o^∇^o)ノ

投稿: mih | 2010年4月 3日 (土) 20時31分

★ももひなの母さんコメントありがとう★
ももひなの母さんこんばんは。
また忙しくなりました。が、溺れずに頑張ってます。
でも歳かなー。どうも疲労が抜けにくくなりました。そろそろ養命酒なのかしら(爆)
赤ちゃんのこと。きっとたくさんのものを背負って、乗り越えてこられたのですね。ももひなの母さんの強さや優しさの源でしょうか。
私にもね、弟か妹がいたはずなんですよ。この世に生を受けることはなかったけれど、母は今でも毎月の供養を欠かしません。私や姉の誕生日すら忘れるくせに、そのコの月命日は長いお祈りをしています。
時々忘れてしまうけど、生きてるって素晴らしいですね。
私は4つのいのちを守るのが精一杯・・。力があればもっとたくさん救えるのにな・・・。


投稿: an太郎 | 2010年4月 3日 (土) 22時36分

★ルザさんコメントありがとう★
応援どうもありがとうございます。

投稿: an太郎 | 2010年4月 3日 (土) 22時38分

★mihさんコメントありがとう★
mihさん、こんばんわん。
あ、重かったですか?統一性のない日記ばっかですみませんすみません・・^^;
mihさんはワンコさんを亡くされたのですね。きっと大変な毎日だったのでしょうね。
まだお辛い時期でしょうに、明るいmihさん、とっても素敵です。
私は子どもの頃に飼ってたコを亡くしてから10年も犬の存在を闇に葬っていたヘナチョコです。なのでmihさんのように悲しみの中でもちゃんと前進されている方を尊敬します。

しばらくは激務の荒波に揉まれますが、溺れないように頑張ります♪


投稿: an太郎 | 2010年4月 3日 (土) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天才かも | トップページ | 見えない力 »