« これぞ2歳児 | トップページ | ツナミになって »

2010年4月26日 (月)

夜明けのミュー

2年前の話なんだけど。

宮崎市で行われた犬猫譲渡会に参加したんです。

Img_4771

小学生の男の子がにゃんこのケージの前で『この猫はもう

売れましたか?』って聞いてきたのですよ。

Img_4776

警戒心からかケージの隅でにらみをきかせてるにゃんこでね、

しかも仔猫でもなくて正直誰ひとり声をかける人はいなかったから、

まだ売れてないよ(※注:譲渡会では売買は行っておりません)って

答えると、とびっきりの笑顔で『ありがとうございます』と言ってどこか

に電話を掛け始めまして。

『お母さん、似てるコがいた!そっくりなコがいた!』と弾むように・・。

Img_4777

少年は愛想を振る気配もないにゃんこのケージに指を入れて一生

懸命そのコに触れようとしてました。

このコが気に入った?って声をかけると、照れくさそうに『はい』って。

『でもお母さんが気に入ってくれるかが・・・』と言いつつも、こみ上げ

てくる喜びを抑えきれないようでした。

Img_4778

数分後にお母さんが到着されて、にゃんこを見るなり『全然似てない

じゃない』って苦笑い。

でも少年は『似てるって!感じが似てるって!』と一歩も譲らず。

少年の本気度は伝わった。けど小学生では充分なお世話は難しい。

そしたら事情は違った。以前にゃんこと暮らしていたけれど病気で

亡くなってしまった。そのコが亡くなるまで、お世話は少年がやって

いた。お母さんの手を借りずにできることは全部自分でやっていた。

それが分かってからは怒涛の如く少年の応援番長に早代わりです

よ。そして無事に少年の願いが叶って、その愛想のないにゃんこは

少年の家族になりました。

Img_4780

名前は?『もう決めてある』 

聞いてもいい?『ミュー。前飼ってたコの名前だから・・』

そんなやりとりを見ていたお母さんがね、そっと涙を流されまして・・。

『あの子、前の猫が死んでから引きこもりになってもうずっと学校に

行ってないんですよ。あの子が人と話してるのを久しぶりに見ました。

大人の方ともちゃんと会話ができるんですね』と嬉しそうに切なそうに。

Img_4781

お母さん、大丈夫ですよ。心配は要りませんよ。きっと、きっと。

あの日は少年にとっての夜明けだったのだと思う。

愛しいコの死に自分を見失い暗く深い闇夜をさまよっていたけれど、

その悲しみと苦しみを乗り越えてまた新たな一歩を踏み出した少年

の新しい夜明けの一日。

おとつい宮崎市に行って、翌日夜明けのお散歩をしたものだから、

また久しぶりに思い出してしまいました。

ミュー、元気かな・・。あの子、ちゃんと学校に行ってるかな・・。

しあわせに暮らしているかな・・・。

Purioli 参加しています。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ 宜しくどうぞ。
にほんブログ村

|

« これぞ2歳児 | トップページ | ツナミになって »

コメント

何も言うことありません…。
とっても良いお話で感動しました。
ミューはきっと大変身してあの少年と楽しく
幸せにくらしているよ!
互いの縁…
そして互いのパワーってすごい!
夜明けのミュー…懐かしすぎ(笑)
知ってる人いるのかなぁ~(笑)

投稿: Club Thomasの母 | 2010年4月26日 (月) 23時37分

なんて素敵なお話
朝からまた泣いちゃったね~~

夜明けのミュー  ってなに??
an太郎さんより歳上だと思うんだけど解らない。

投稿: takaiko | 2010年4月27日 (火) 09時51分

私のワン友さんちもね、娘さんが学校に行かなくなってしまってた時期があったんですよ。
動物が与える、見えない力で、その娘に登校する意欲を出させたんですよ♪

みんな(ワンコ)に会う為に頑張る!ってhappy01

その少年も、同じようにミューから見えない力を貰ったんですね〜〜〜
ぶっとい赤い糸が繋げた縁は、なかなか解けないですもんね〜〜heart04


にしても………
オーちゃんの目線が気になる(笑)

投稿: ラリレモ | 2010年4月27日 (火) 10時25分

いいお話ですね。。。
「感じがにてる」・・・それって良く分かります。
実際見かけは似てなくてもなにか感じる物が
あったのですよね。
お互い引き合う物があったんだ!!
応援番長のan太郎さん。。。良かったですね。
きっと幸せに暮らしていますよ。

夜明けのミュー。歌えまーす♪うふふ♪

投稿: sachiko | 2010年4月27日 (火) 13時49分

ヤバイ!
号泣をこらえ、目がウルウル状態です。
えぇ、仕事中のこっそり観覧中なので(笑)
鋼のハートをその少年にブチ抜かれましたわっ~。
きっと幸せですよ♪

投稿: kaako | 2010年4月28日 (水) 12時20分

そんな純粋なガラスのハートの少年がいようとは。こういう子、極々まれにいるんですよね。
以前に猫が二匹捨てられてまして、仔猫ってほど小さくもなく、かっわいい!!ってほど器量がいいわけでなく、一匹は足を引きずってました。そこに現れたのが小学四年生の女の子。元気な方を抱き上げ「お前は大丈夫だよね」と声をかけ、障がいのある猫を抱っこして帰りました。天使が舞い降りた感じでした(涙)残された猫は私が引き取りましたが、なんだかこの子に申し訳ない気持ちでした。大人なのにごめんねって。

投稿: kotamo | 2010年4月30日 (金) 15時59分

★Club Thomasの母さんコメントありがとう★
お返事遅くなりましたーsweat01
素敵なお話でしょう?実話ですよ。ずっと温めてました^^
そうですよね、きっと幸せに暮らしてますよね♪
あの少年が現れなかったらあの猫さんはどうなってたことやら・・。
縁って素敵ですね。
夜明けのミュー、今でもガチで歌えます>▽<

投稿: an太郎 | 2010年4月30日 (金) 21時22分

★takaikoさんコメントありがとう★
お返事遅くなりましたーsweat01
またまたtakaikoさんを泣かしてしまってすみませんっ。
でも素敵なお話でしょう?譲渡会ってこういう素敵な奇跡がいっぱい転がってます。
夜明けのミューはキョンキョンの名曲ですー(笑)

投稿: an太郎 | 2010年4月30日 (金) 21時25分

★ラリレモさんコメントありがとう★
お返事遅くなりましたーsweat01
そうですか。ラリレモさんの周りでも命の奇跡が起きていましたか。
奇跡や愛や見えない力を感じない人にとっては他愛もない出来事だろうけど、ワンニャンを愛する私たちにとったら心温まる話ですよね・・
それに子どもは純粋だからワンニャンからのハートを感じやすいのでしょうね。大人になってもあのままでいて欲しいなぁ。
オリの視線・・(笑)おもちゃをとられると思ってるんですよ(爆)

投稿: an太郎 | 2010年4月30日 (金) 21時33分

★sachikoさんコメントありがとう★
こんばんはー。その後ななちゃんのお口の傷とsachikoさんのお膝はどうですか?
週明けにクロネコさんが初夏をお届けに参ると思うので、どうぞ宜しくお願いします♪
このお話、私とピコさんだけが知る実話です^^
最初に少年に気付いたのはピコさんでした。彼女も感性の人なので少年に何かを感じたようでした・・。
少年の喜びを抑えきれない笑顔が忘れられないんです。とっても素敵な笑顔でしたから。今も幸せだといいなぁ。きっと大丈夫だと思うけど。
夜明けのミュー(笑) 私たちガチ世代ですもんねぇぇぇ。

投稿: an太郎 | 2010年4月30日 (金) 21時40分

★kaakoさんコメントありがとう★
あああーいっけないんだー。仕事中にブログを閲覧したり、さらには書いたり(←Rの母)するのはいけないんですよー(笑)
この少年はとても良い子でした。純粋すぎる子にとってこの世の中はきっと行き辛いものだろうけど、どうか命の力を借りて逞しい大人になって欲しいです。例えば怪物君のようなーcatface

投稿: an太郎 | 2010年4月30日 (金) 21時45分

★kotamoさんコメントありがとう★
何ですか何ですか!?kotamoさんはもしかしてすごく素敵な方ですね???
捨てられてた猫さんを引き取られたのですか?うーん、kotamoさんが気になりますー。何か活動されてるのですか?
その少女も素敵な女の子だ(涙)
心温まる命のストーリーを一つでも多く紹介して、私もやってみよう!と思って下さる方が増えるといいなぁ。ってのが今の私にできることだと思っているので、素敵なお話を教えて下さってとても嬉しいです♪どうもありがとう♪♪
kotamoさんも素敵な天使さんですよ^^

投稿: an太郎 | 2010年4月30日 (金) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これぞ2歳児 | トップページ | ツナミになって »