« お利口さんたち | トップページ | 恥ずかしかった »

2010年4月12日 (月)

ドナドナ

今日はまた(また?)仕事中に泣いてしまいましたよ。

交換したオムツを包んでいた古い地元新聞の読者投稿欄を見て

だけども。(おい)

Img_4555

投稿したのは70代の牛農家の男性。タイトルは「達者でな」。

Img_4556

子牛の競りの時は子牛も引率者も1時間ほど立ちっぱなしなのだ

そうです。生後10ヶ月の子牛にとってはそれはとても大変なこと

なのだそうです。

Img_4553

前の競りが長引いてるようでなかなか順番が来ない。1時間半が

過ぎる頃、○子が足を交互に曲げ始めた。足が疲れたから横に

なりたいというサインだ。周りを見渡すと他の子牛もみな一生懸命

頑張って立っている。○子頑張れ。きついのはお前だけじゃない。

そう言いながら背中を撫でると鼻を押し付けて甘えてくる。こんなに

可愛いお前を手放さなければならないなんて。このままお前を連れ

て帰れたらどんなに幸せか。○子、許してくれ。

という内容がお父さんの朴訥な文章で綴られていました。

Img_4591

○子ちゃんは遠く離れた東北地方の農家に落札されました。

思い出さないようにしていた○子ちゃんの最後の様子が、トラックに

乗せようとしてもお父さんを探しながら鳴き通しだった○子ちゃんの

様子が、トラックに積まれた途端に全てを悟ったように悲しい表情で

黙り込んでしまった○子ちゃんの様子が、珍しく宮崎に降った雪の

せいで鮮明に蘇り、涙にくれているとのことでした。

宮崎で生まれ育ったお前にとって東北の冬は辛いだろうが、○子、

どうか達者でな。

Img_4552

牛飼いさんは私たち犬飼いと同じように牛の気持ちを理解できるの

だと初めて知りました。

愛情を込めて育てたコを手放す気持ちは犬飼いも牛飼いも同じなの

だと初めて知りました。

今私は牛肉も豚肉も食べないけれども、もしも頂くときはもっともっと

感謝をしよう。

○子ちゃん、どうか達者でね。

Purioli 改めて、命を頂くことに感謝をしよう

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ その命を育ててくれてる方にも感謝をしよう
にほんブログ村

|

« お利口さんたち | トップページ | 恥ずかしかった »

コメント

あーーー 私も泣いてしまった。。。
うちの お隣さんは 牛飼いさんです。隣と言っても結構離れてるんですけどね
そこの 牛さんの運動場で子牛が親牛と一緒にいるのがよく見えるんです。子牛は楽しそうでかわいいですよー。
でも、たまに 何日も 牛が泣き叫んでる時があって
そうゆう時は親牛と仔牛を離した時だそうです。
それを知った時は かなり 切ない気持ちになりました。

投稿: わんにゃん | 2010年4月12日 (月) 22時21分

an太郎さん、こんばんは。
まさしくドナドナですね~子供の時に見た、この歌の挿絵がまた悲しくてね・・今でも同時に思い出してしまいます(涙)
おむつ(たぶん大人用)を包んでた古い地方紙、というのも十分に泣けますわよ^^:
私も深い理由はないのですが、お肉はいただきません。でも私たちの血や肉や生活は、尊い命の上に成り立っているのですものね。生きている命にも、なくなった命にも感謝です。

投稿: むぎ | 2010年4月12日 (月) 23時20分

こばわん!
激務の一週間が始まりましたが、お互い乗り切っていきましょう!

肉食についてなんですが、
わたしも供されたものは頂きますが、自分から肉を食べることはなくなりました。食べればおいしいと思うのだけれど、特に体が必要ともしていないのに、食欲だけで動物の命を奪って食べる必要はないと感じるようになったからです。
もしよかったら、anさんが肉を食べない理由をちらりと教えてくださいませんか?

投稿: Youzy | 2010年4月12日 (月) 23時35分

忙しさの合間にふと目にした投稿欄
泣けてきますね~

動物もかわいがってくれた気持ちが解るし
親子の関係でいたわけだから
離れるのはお互いつらいですね。。。


投稿: takaiko | 2010年4月13日 (火) 09時10分

牛飼いおじさんの投稿は泣かせますねぇ。
そうなんですよ。身近にいたら、どんな命でも愛しいもんです。ましてや、自分に懐いていたら余計に。
嘘みたいな話ですが、私の母は長女に授乳している頃、親が育児放棄した子馬に、自分のおっぱいを飲ませてたそうです。だから姉は馬と乳兄弟なんですよ(笑)

投稿: kotamo | 2010年4月14日 (水) 00時02分

★わんにゃんさんコメントありがとう★
わーい。わんにゃんさんお久しぶりです。
この宮日の投稿欄を見てどれだけの人が涙を流して下さったでしょうね。わんにゃんさんも涙を流して下さってどうもありがとう。
1人でも多くの人がいのちへの感謝を感じてくれてたら、このお父さんのやるせなさは癒されるのかな。そう思いたいな。
わんにゃんさんは自然豊かな環境にお住まいなのですね^^
羨ましいなー。
母牛の鳴き声って本当に切ない声ですよね・・。親子牛の愛情ってあまり知られていないけど実はすごく強いのですよね。あ、馬も。父方のじいちゃん家では牛も馬も豚もにわとりもヤギも犬もネコも飼ってたの。道楽で(爆)


投稿: an太郎 | 2010年4月14日 (水) 21時11分

★むぎさんコメントありがとう★
むぎさん、こんばんは。
ドナドナの挿絵は私が知ってるのと一緒かなー。音楽の時間、何て悲しい歌を歌わせるんだって泣きそうになったのを今でも覚えています。
オムツを包もうとして(大人のー^^)、ふと目に留まって、がっつり古新聞を読んでしまいました^^;
ここで泣いちゃいかんって歯を食いしばったんだけど、堪えきれなくてボロボロ泣いてしまいました^^;;
患者さんのご家族ももらい泣きの大笑い(爆)
むぎさんもお肉を召し上がらないのですか?意外にお肉を食べられない方って多いのですよね。
今まで牛や豚に想いを馳せることはあってもその命を育てて下さってる方にまでは及びませんでした。農家さんには心から敬意を・・ですね。

投稿: an太郎 | 2010年4月14日 (水) 21時22分

★Youzyさんコメントありがとう★
こばわーん!
昨夜は激務の余韻に負けてしまいました・・。
あと3日頑張りましょう。(ってYouzyさんは週休二日かなー?)
私もyouzyさんと同じかも。会合やお呼ばれの席で出されたお肉は失礼にならない程度に頂くけれども、食べなくても良い状況の時は頂きません。
ただ私がお肉を食べなくなった理由はちょっと幼稚なんですよ^^;プリと暮らし始めてからね、あひるとか鴨がプリの後姿とかぶるようになってしまいまして・・。その内に鶏肉を食べると気持ち悪くなるようになってしまいまして・・(汗)
その内に他のお肉も身体が欲しがらなくなったので食べなくなりました。
余談だけどね、私ラクダが大好きなんです。オーストラリアに行った時、知らずにラクダのジャーキーを食べてしまって、今でもトラウマです・・。

投稿: an太郎 | 2010年4月14日 (水) 21時38分

★takaikoさんコメントありがとう★
仕事中に何やってんだか・・って話ですよね^^;
ふと目に留まったって言うよりも、がっつり読んでしまいましたから(笑)
しかも所構わず泣いてしまうというアンポンタンぶりを発揮してしまいました(爆)
動物ってどこで線引きしたら良いのでしょうね。食用とペットと・・。
牛飼いさんの切実な心の叫びがズシンと胸に響いてます。牛飼いさんと牛は親子と同じなんですもんね・・。

投稿: an太郎 | 2010年4月14日 (水) 21時45分

★kotamoさんコメントありがとう★
kotamoさんはじめまして、こんばんは♪ようこそBBGへcherry
70代の男性ですからね、相当長い間牛飼いさんをされてきたんだと思うんですよ。その方が子牛を競りに出すたびにこんな想いをされてきたんだと思ったら、あまりにも切なくて不覚にも涙が止まりませんでした。
命を育てるって大変なお仕事ですね・・。ましてや大切に育てた命が近い将来食用になるというのは、想像の範囲を超えてます・・。
kotamoさんのお姉さんは馬と乳兄弟!?なんて素敵なお母さんですか!!私だったら、「私、馬と乳兄弟ー♪」って自慢しまくってるはずですよ♪♪

投稿: an太郎 | 2010年4月14日 (水) 21時55分

こんにちは

ドナドナがあまりにもかなしくてなかなかコメントが
入れられませんでした。
高速のパーキングなどで会うと涙が出ます。
見ないようにしていました。
小さい頃から。その時は「売られていく」というとこまでしか考えられずに居ましたが・・・
「いただきます」という言葉の意味を知ったのは
恥ずかしいけれど大人になってからなんです。

私も進んではお肉は食べないほうです。
あ、ただ苦手で痒くなるというのが理由でしたが。

投稿: sachiko | 2010年4月16日 (金) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お利口さんたち | トップページ | 恥ずかしかった »