« ちょっと違います | トップページ | 悲しいみーちゃん »

2010年7月 6日 (火)

素直もしくは単純

建築会社さんにお電話したら、開口一番「どうでしたか?」って。

どーもこーもねーよ。とはさすがに言えないので、丁寧に「あそこは

ちょっと・・・」と伝えたら「え?なんで??」って聞かれましたよ。

いやいやいやいや。女子の1人暮らしなのに、おまけにライフライン

もないのに、逆に聞きたい。・・・・・・・・私のことが嫌いですか?

あ、さてさて。

面白いなと思うのは、

Img_4979

やはりこのコたちは感受性が豊かなんだということ。

当然のごとくこの1ヶ月はリー坊のアレルギー症状に一喜一憂の

日々だったし、おまけにみーちゃんのことで毎晩家をあけていた

ものだから、私が思う以上に

Img_4981

チャー坊は寂しい想いをしていたようです。

具体的に言いますと、ここ10日ほどチャー坊がストライキを

始めまして。

もっと具体的に言いますと、オリに次ぐ大食漢のチャー坊が

ご飯を食べなくなりまして。

ご飯が出来るとわざとプイッとしてサークルに逃げ込んだり、

ババの部屋のソファーにあがって寝た振りをするんですよ。

お腹がグーグー鳴ってるくせに・・・。

こんなときは本人(犬)があきらめて食べるまで放置するのが

基本なのだろうけども、チャー坊の気持ちはちゃんと分かるから

見放すなんてできないよ。

チャー坊、おいで。母さんが食べさせてあげるから。

そう言うと照れくさそうに尻尾を振りながらご飯の前に来て、

スプーンでご飯を食べ始めます。

プリもオリもリロも甘えたいときはおもちゃをくわえて全身で懐に

飛び込んで来てくれるけど、チャー坊はそれができないんだよね。

時間がない朝はババに食べさせてもらおうとしたのにね、

Img_4982

って。ババでもダメなんだって。

勤務終了後にみーちゃんに会えなかったときは、いったん帰宅して

4きょうだいのお世話を済ませてからもう一度みーちゃんに会いに

行ってました。毎晩10時を過ぎてました。

「遠くから車の音がするたびにみんなで耳を澄ませて、あんたじゃ

なかったときのこのコ達の落ち込みようをあんたは知らんやろ」

とババに言われて、やはり決めました。

夜、みーちゃんのお世話に行くのはもうやめにします。

だからと言ってみーちゃんを完全に見捨てる訳ではないですよ。

もちろんしゃーちゃんのことも。

勤務終了時に待ってくれてたときにはご飯をあげれるように、もしくは

連れて帰れるように、車の中にちゃんと準備はしておきます。

Img_5527

でも私は母さんだから。

Img_5504

このコ達が一番だから。

ってな訳で、昨夜からみーちゃんのお世話に通うのをやめたらね

チャー坊すっかりご機嫌ですよ・・・。

Purioli 素直と言うべきか・・・・              

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ 単純と言うべきか・・・・
にほんブログ村

|

« ちょっと違います | トップページ | 悲しいみーちゃん »

コメント

あぁ、チャーちゃんわかるよ...
もんのすごーくチャーちゃんの気持ちわかるよぅ。

実はね、我が家にルーが来た当初、何かと手のかかるルーに付きっきりでね。 それまではトックンとライちゃんのふたり兄妹で蝶よ花よと育てられてきたのに、急におかーちゃんのアテンションが少なくなっちゃったから、チャーちゃんと同じようにトックンがストライキを起こしたんですよ。 「ごはんなんてたべないのよー。おといれだっていかないのよー」って完全に籠城状態。 どした?どした?ってトックンをクレートから引っ張り出して、痛いところはないか、苦しいところはないかって、おかーちゃんトックンの心より体ばかり心配して、泣きそうになりながら獣医さんに電話して半日預かってもらってたんです(予約ギュウギュウのところ無理矢理押し込んで診てもらったの)。 そんなおかーちゃんの心配を余所にトックンは元気いっぱい、病院では缶フードを2つぺロリとたいらげて、ご機嫌で帰ってきました...  アテンションもらったときのトックン、チャーちゃんみたいにいっぱい笑ってくれてね。それまでも一生懸命「さみしい」を伝えていただろうに、全然気づいてあげられなかったことは心苦しい思い出です。

チャーちゃんは早く気付いてもらえて良かったね。 まるくるまだ未熟者だから、もっと「この子たち」の気持ちを汲んであげられるように、この子たちの豊な心をド正面で受け止めてあげられるように、日々精進しなくちゃなー。 今日のチャーちゃんのお話で、背筋がピンと伸びました^^

投稿: まるくる | 2010年7月 8日 (木) 23時19分

★まるくるさんコメントありがとう★
ト、トックンsweat02
トックンを想うときになぜか微笑んでしまうのはチャーと似ているからなのですね!
体型から(ごめんよトックンcatface)性格まで似てる気がするー。
大好きなおかーちゃんが取られたような気がしてストライキを起こしたのに、病院では缶詰ペロリのトックン・・・。ごめんねごめんねまるくるさん。可愛くてやっぱ笑っちゃうー。
このコたちって、こっちが悲しんだり苦しんだりするのもちょっとだけ計算ずくな気がしませんか?愛を確かめたくなるのは人間も動物も同じなんでしょーね^^
私のまるくるさんのイメージはね、愛ゆえに3姉妹&トックンの間をくるくる走り回ってる感じ(笑)
まるくるさんが走り回るたびに愛がそこらじゅうにこぼれ落ちるから、それを3姉妹とトックンが『落ちてるのー』って食べてる(爆)

投稿: an太郎 | 2010年7月10日 (土) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと違います | トップページ | 悲しいみーちゃん »