« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の9件の投稿

2010年9月29日 (水)

ケンケンは里親募集中

みやざきドッグ愛ランドのわんこの保護の件でメールを下さった

ゆうこさん。返信メールがエラーで戻ってきてしまいました。

あのコの猶予は明日いっぱいです。もう一度ご連絡下さい!

。。。。。。。。。

1日が30時間、いやせめて25時間あったなら

私も毎晩ゆっくり夜ご飯を食べることができるのに・・。

そんな感じで、ただいまーから早数日、相変わらず時間に

追われてます。

なのでひとりお外にいるケンケンとは、朝晩のお散歩とご飯の時しか

触れ合うことができません。

でもねケンケンは

Img_6258

ますます穏やかで優しい表情をしてくれるようになってますよ。

Img_6267

それは嘘です。

たいがいのコはおやつを使えばすぐにお座りができるようになる

けれど、なんせケンケンは今でも飢えと闘っているのでね、

おやつを見せたらお座りなんてしてる場合じゃないらしい。

だけどねケンケン。おばちゃんは今のケンケンで充分なんだよ。

Img_6268

お座りができなくたって、ケンケンはいつでもおばちゃんの目を

まっすぐに見つめてくれる。それだけで、もう充分。

接する時間が短くて寂しくたって、それでも我がままひとつ言わずに

一生懸命頑張ってるケンケンを神さまが見放すはずはないものね。

そのうちにきっと素敵なご褒美を用意してくれるに違いないよ。

Img_6274

きっと素敵なしあわせ家族をケンケンにプレゼントしてくれるに

違いないよ。

Img_5995

だからそれまで一緒に頑張ろう。

Bbgfam  その前に私から、

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ混合ワクチンをプレゼントしましたけどねーcatface
にほんブログ村

★温かいコメントをどうもありがとうありがとう。

  お返事は週末までに必ず!!m(_ _)m

| | コメント (4)

2010年9月25日 (土)

これからも一緒に

空気がすっかり秋色に変わりましたね。

冬生まれの私にとって、秋から冬に移り行く季節が

いちばん好きかも。

ただいま。

長い夏休みをどうもありがとう。

ぽっかり空いてしまったこころの穴に、

新鮮な空気をいっぱいいっぱい詰め込むことができました。

おかげさまで、身体の中にさわやかな風が毎日吹いてます。

切ないことや悔しいことは半分に。

嬉しいことや楽しいことは何倍にも。

Img_6249

またここで、一緒に。

Img_6255

喜びも悲しみも、一緒に。

Img_6257

みーんなで、一緒に。

待っててくださって、どうもありがとう。

Bbgfam また一から、

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ どうぞよろしく。
にほんブログ村

| | コメント (16)

2010年9月14日 (火)

しばしドロン

ケンケンを保護した時はすでにギリギリだったから、

『ただ生きてさえいればいい』という想いだけでした。

でもケンケンとの暮らしが長くなってケンケンの健気な姿を見る

たびに、ひとりぽっちで庭に繋いでいることが不憫で不憫で・・。

お散歩が終わって私が部屋に入ろうとする時の『おばちゃんもう

行くの?』っていう寂しそうな顔が切なくて切なくて・・。

要するにあれです。私に欲が出てきてしまったのですね。

ケンケンのことで苦しくなると

Shiohamakun

このお写真を見ています。

捕獲されて檻に入れられている時のケンケンです。

空腹で仕方ないくせに、目の前のフードには目もくれずに

前だけをまっすぐに見つめたりなんかして。

不安と恐怖でいっぱいのくせに、背筋をピンと伸ばして

まっすぐに前だけを見つめたりなんかして。

ケンケン、君は本当に素敵だな。

それにリロだって素敵だな。

Img_6226

傷はこんなに小さくなったけど、

リロの左前足の運動機能は失われたままです。

だけどリロは毎日とっても元気いっぱいです。

足が動かないことなんて全然大したことじゃないのだと言わん

ばかりに、毎日とっても元気いっぱいです。

お休みの間にね、私の心の穴と一緒にリロの足のこの穴も

みっちり埋めてやろうと思います。

あ、そうなんです。ここいらでちょっとBBGも遅めの夏休みを

取ってみようかと。

私、買い物と言えば4きょうだいとケンケンの食材調達にスーパーに

行くだけだし、他の必要なものはネット買いだし、思えば最後に美容

室に行ったのは3月だし、結局夏服への衣替えもできないままに夏が

終わろうとしているし。(おいおい・・・)

なので今週いっぱい、もしかしたら来週いっぱいちょっとゆっくりして

みようかと。

ちょっとだけお休みしたら元気1.2倍くらいになって(小さっ)、笑顔で

どどんと復活したいと思います。

もっともっとふっくらしたケンケンと、もっともっと元気になったリロと、

そして変わらぬ他のコ達を(←何かひどい)、どうぞお楽しみにね。

。。。。。。。。。

サークルで寝なさいって言うとね、

Img_6235

急にいびきをかき始めます。うそん・・・。

ではでは皆さん、ごきげんよう。

| | コメント (24)

2010年9月12日 (日)

クタクタなのかも・・

せっかくリロが

Img_6218

ますます回復してると言うのにね、

私はすっかり燃え尽きてます。

Img_6220

思えば、リロが事故に遭ってから毎日泣き通しでした。

事故に遭わせてしまったことを泣き、

将来を悲観しては泣き、

回復の兆しを見ては泣き、

たくさんの優しさに触れては泣き。

Img_6219

事故後獣医さんに運ばれた時のリロは極限状態だったと書いた

けれども、きっと私自身もずっと極限状態だったのだと思います。

Img_6222

徐々に空気抜きが出来れば良かったのだけども、

一気に空気が抜けたものだから、

頭の中にも心の中にも大きな空洞ができてしまったのかな。

それにしても、ねえオーちゃん。

Img_6221_2

好きだねぇぇぇ、カメラ。

。。。。。。。。。

そうそう。今日の午前中、

Img_6230

ケンケンを連れていぬねこ譲渡会にリベンジ参加して参りました。

Img_6229

残念ながら今回も完全スルーされました。

長期戦は覚悟の上だけど、さすがに切なくて泣けちった・・・。

Purioli_2 ケンケンを保護してからもう2ヶ月

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ こんなにこんなに可愛いのになぁsweat02
にほんブログ村                     

| | コメント (24)

2010年9月 9日 (木)

たいせつなもの

リロが笑ってる。

Img_6211

みんなと一緒にリロが笑ってる。

Img_6215

胸がいっぱいです。

リロが笑ってるだけなのに、それだけで胸がいっぱいです。

日常の些細な1ページが、

Img_6216

こんなに嬉しく尊いものだったなんて。

大切なリロの大切な笑顔。

もう絶対に絶やすもんか。

Purioli 何だかとっても胸がいっぱいなので

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ今夜はこれにて。
にほんブログ村

温かいコメントにも胸がいっぱいです。本当にありがとうありがとう。

お返事は、ごめんなさい、明日までお待ちを。

Img_6070

そしてケンケンは里親募集中です♪

| | コメント (38)

2010年9月 8日 (水)

回復一直線

つづき

痙攣発作が起きたら最期だと分かってました。だからもし病院で

痙攣発作を起こして最期に立ち会えないようなことになってしまう

のであれば、みんなのいる家のほうがいいやと考えたのですよ。

それにどうしても、リロをこの胸にもいちど抱っこしたかったし。

家に戻って来てからは極力刺激を与えないようにとにかく安静を

心がけました。

と言っても帰宅してからのリロはほとんど目を覚ますこともなく

ただひたすら寝てたので、逆に呼吸が止まってやしないかと

私はサークルにかじりつきでした。

目を覚ましてもリロは泣くわけでもなくボーっとしてるので、

真っ暗にした部屋のおトイレシーツの上まで抱っこで連れて

行って膀胱を刺激してあげると、上手にチッチをしてくれました。

退院の時に点滴を外していたので、刺激にならない程度に

口から栄養を摂らなければなりませんから、まずは温めた

ミルクを5ccから始めてみて、嘔吐や痙攣発作がないのを

確かめながらお肉とお野菜を煮込んで裏ごししたスープへと

カロリーアップしていきました。

退院した翌日から介助すれば立てるようになりました。

でも後脚はプルプル震えていて前に進むことはできません。

ちょっとでも動こうとしたらバタンと顎から崩れ落ちてしまいます。

って何だかダラダラ書き続けてることに気付いたので思いっきし

端折りますよとね、

リロはさらに目まぐるしい回復を見せております。

Sugoizo

えと・・・、

涙くれくれ詐欺で訴えられやしないかとヒヤヒヤしています。

。。。。。。。。。

そしてこちらは

Img_6155

リロの経過をケンケンに伝えているチャー坊です。

ケンケンは里親さん募集中です♪

Purioli 皆さんの祈りとパワーのおかげです

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ本当にどうもありがとうありがとう
にほんブログ村

| | コメント (18)

2010年9月 6日 (月)

振り返って

ババは車の運転ができないのでリロのことはタクシーで動物病院

まで運んでくれました。

タクシーの運転手さんが良い方で幸いでしたよ。

タクシーの中に血が滴るのもとがめずに逆に信号をすり抜けて

マッハで動物病院まで運んでくれたそうですから。

病院に着いた時、リロの精神状態は極限だったようです。

痛みや恐怖で震えてて何度も失神しそうになってたそうです。

なのでまずはショック緩和療法を行って、次にレントゲン撮影を

行って、そしてDIC治療が開始されました。

私が電話をもらったのはちょうどその頃です。

冷静に。とりあえず冷静に。頭では分かっていても心臓が止まりそう

で、怖くて怖くて、姪っ子ちゃんずとBBQ予定だったロン母ちゃん

思わず電話してしまいました。

声を聞いたら先に涙が溢れてしまったのだけども、『リロは大丈夫!

しっかり!』って言葉が耳の中に入ってから、そうだしっかり。リロは

大丈夫。と自分に言い聞かせて病院に駆けつけることができました。

診察台の上のリロは血まみれでした。耳からも鼻からも口からも血が

流れているし、左の前脚は変な形になってるし、全身傷だらけだし。

でもそこはさすが私。怪我人(犬)を前にしたら職業スイッチが入った

ので冷静にリロと向き合うことができましたよ。

真っ赤な血尿は1日で止まったけれども、徐々に瞳孔異常が現れま

した。脳障害のサインです。骨折はしていないのに全く動かない後脚

はそのせいでした。

残念ながら宮崎では治療ができないと言うので、4日の土曜日に

鹿児島まで行く予定を立てました。でもうちから鹿児島までは片道

4時間強。とてもリロが耐えられる距離と時間ではありません。

どうしよう。

答えがでないまま面会に行ったら「寂しがって鳴くので家の方がいい

のかもしれません。どうしますか?」と。

連れて帰ります連れて帰ります連れて帰ります。

たぶん病院でも同じように3回言ったと思います。

という訳でこんなに早くリロを連れて帰ることになったのでした。

つづく

あ。どうも落ち着かないので

Img_6198

早々に一緒にサークルに入れてしまいました。

Img_6197

落ち着かないのはもちろんチャー坊の方ですけどね。

巨体でリロが潰されやしないかとこっちはヒヤヒヤなのにね、

Img_6199

リロもまんざらでもなさそうです。やっぱり一緒がいいそうですcatface

ああ。

Img_6103

ケンケンはもちろん元気ですよ。里親さま募集中です♪

Purioli    にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へにほんブログ村

| | コメント (27)

2010年9月 3日 (金)

ありがとうのちゅー

想像を遥かに超えたたくさんの応援を頂いて

感無量さを噛みしめています。

ひとりで日記を書いてるつもりでいたけれど、

こんなにたくさんの方に見守られ支えられていたのだなぁと

改めて日頃の感謝不足を恥じているところです。

コメントを下さった皆様、祈って下さった皆様、

本当にどうもありがとうございました。

私のリロは、

たくさんの皆様に愛とパワーを頂いたリロは、

これまた私の想像を遥かに超えた

Riro

とっても強いコでした。

生きたまま、お家に連れて帰ることができました。

脳はまだ腫れているので、刺激を与えないように暗闇生活です。

このまま脳の腫れが引いて痙攣発作が起きないことを祈りつつ、

応援して下さった皆様にたくさんたくさんのありがとうを込めて、

ただいまのご報告です。

Riro2

昨夜は喜びや嬉しさや安堵やなんやかんやで一睡もできなかった

けれども、温かいリロをまたこの胸に抱きしめることができて感謝

の涙に溺れています。

でも母ちゃん、うれし涙はいいんだよね!!

おともだちにもいっぱいいっぱい支えて貰いました。

本当にどうもありがとうありがとうありがとう!!

本当にもう、世界中にありがとう!!

Purioli   very thanks!  にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ

| | コメント (66)

2010年9月 1日 (水)

リロよ

リロを入院させてしまいました。

たぶん交通事故でした。

昨日の午前中、ババがお勝手口を開けた瞬間に飛び出してしまった

そうです。

叱られることが分かっているので私に連絡もできずただひたすら

庭で待っていたら、30分後に血まみれになって左前足をぶらぶら

させたリロがヨタヨタと戻って来て、ババの前でバタンと倒れたそう

です。そのままタクシーでババが病院まで運んでくれました。

電話をもらって病院に駆けつけた時、リロは集中治療を受けていた

のだけれども、私の声を聞くなり一生懸命に充血した目を開けようと

して唯一動く右前足を動かしてシッポを振ってくれました。

血まみれの顔を両手で包んで頭にちゅーってしたら、私の口や頬

まで血まみれになってしまったので、若先生(=獣医さん)に『殺人

鬼になってますよ』と笑われました。

リロが車に突っ込んだことは間違いないですから、車を運転されて

いた方にはとんだ災難だったと思います。

飼い主としての監督不行き届きを本当に申し訳ないと思っています。

無責任な対応になってしまうけれども、リロは無事ですからどうか心

を痛められていませんようにと願うばかりです。

無事とは言っても、今はまだ脳の腫れと闘っています。

Img_8541

リロ、みんなで待ってるよ。

元気になって早く戻っておいで。

| | コメント (78)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »