« BBG通信2 | トップページ | 生きよう »

2011年3月14日 (月)

頑張ろう

未曽有の震災から4日目の夜。

我が宮崎県の防災救急航空ヘリコプター『あおぞら』が、現在岩手

の花巻空港を拠点に岩手県内での救助・救急活動を行っています。

そして本日、県内の消防職員から成る『緊急消防援助隊宮崎県隊』

の56名が被災地に向けて宮崎を出発しました。

口蹄疫の時には全国の皆さんから温かい声援や支援を頂いて、

どんなに救われたことか。どんなに励まされたことか。

今度は私達の番です。と言っても今はまだ祈ることしかできないので

援助隊の皆さんに祈りを託します。

どうか一人でも多くの方が救われますように。

Img_7339

仲良くなるのに丸3年もかかってしまったけれども、

今では2ぴきだけでも仲良くお留守番ができるよ。

あきらめなければ、

信じてさえいれば、

きっと新しい明日がやってくる。

頑張ろう。。。

|

« BBG通信2 | トップページ | 生きよう »

コメント

会社として届ける救援物資手配に走った一日も、帰宅後のテレビで映し出される光景に、本当にこれで役にたてるのかと無力さを感じていましたが、an太郎さんの言う通り、まだこんな困難に遭った事の無い私はまだまだ、私の番だと思ってやれる事からやろう!と思わせてもらいました。
明日も救援は続けますが、私個人もまだまだ何かできるかも知れませんね。頑張ります!
更新ありがとうございました!

投稿: まーたんママ | 2011年3月14日 (月) 23時02分

ママ、私は恵まれてるので大丈夫よ!気持ちだけでうれないよ。ありがとう。
今夜は熟睡できるかな?仕事中の地震、灯りがなく余震の中での仕事…。商品を買う長蛇の列。群がり…。ホントに起きたことなのか…。電気がついて、異常な光景に今更ながら泣けてきます。去年友達と海に行った場所。一時間ちょっとで行ける場所。赤ちゃんの遺体がゴロゴロって…海外の出来事みたいだね。
地震日の地鳴りが凄かったから、ヘリや大きな音が怖くなって…。薬もそこつきそうだけど、ガソリンなくなるし、みんなそうだし。がんばらなきゃね。
帰る家があるし、4日ぶりに風呂入れたし。淋しくて携帯もつかえなくなってたから毎日みちゃう。
ホントにありがとう。
家族にみんな早く会えるといいね!またねおやすみ

投稿: ふう、やえまま | 2011年3月14日 (月) 23時07分

★まーたんママさんコメントありがとう★
まーたんママさんの優しいお心遣い、同じ国民として本当に嬉しく思います。
無力さを感じるのは、きっとまた皆同じなのだと思います。
それくらいあまりにも大きすぎる災害でしたね。
悔しいですね。
でも、今はまだ振り返るのはやめましょうね。
道なき道でもただ前だけを見て歩いてさえいれば後には道ができるもの。
今はただそれぞれにできることを頑張りましょう!

投稿: an太郎 | 2011年3月14日 (月) 23時28分

★ふう、やえままさんコメントありがとう★
ままちん、こんばんは。あ、もう寝たかな。読んで貰う時はおはようかな^^
荷物、送るよ!!段ボールいっぱい、いやトラックいっぱい送るもーん!!
電気がつくとホッとするけど、同時に見たくないものも見えてしまうね。辛いね。
でも負けないで。応援しているからね。
プロ野球界やサッカー界や音楽界でも支援活動が始まってるよ。
世界の支援も90か国になってるよ。
あ、宮崎のヘリがそっちに行ってるよ!機体にあおぞらって書いてるやつだからね!見たら手を振ってね(笑)
間違って救助されないようにね!!
頑張れ岩手!!

投稿: an太郎 | 2011年3月14日 (月) 23時38分

私どもも微々たるものではありますが
輪番停電で痛み分けをさせて頂きますね
どうか、どうか、
一刻も早く救援活動が全ての地域に届きますように
今は、とにかく
節電がんばります
日本動物愛護協会が義援金の受付を開始したので
早速、行って来ます
出来る事が判明したら、
どんどん実行します。
どうか、どうか、頑張って

投稿: ふらっしゅまま | 2011年3月15日 (火) 10時36分

m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン愚痴になるけど今回の輪番停電は腹がたちます。輪番停電のおかげで横浜まではまだいいです。それより南は交通が切り捨て状態。6時間から8時間以上かけて歩いて帰るのなら輪番停電の意味が無い。朝と夜に停電にしても交通を動かして欲しいです。大変な思いをして行って帰りは歩きでは可愛そうです。それでなければ交通がきちんと出来た輪番停電してほしい。交通会社はみんなで協議して5割でも構わないから交通寸断をしてほしくない。娘は夜暗い道を2時間歩いた時点でバイクの後ろに乗って帰ってきました。バイクの後ろに乗れなければ、10時間かかっても夜中の道を一人で帰らなければなりませんでした。昨日も午後2時から夜9時に家に帰った状態。どうしても済ませい事があって午後4時頃まで娘を待って徒歩とバスで移動の後にタクシーが拾えましたので我が家に帰りました。後自宅看護の方はこれから大変になるのでは。予備の電池でも無ければ貴方達は死になさいと言ってるのと同じ。腹がたつ。愚痴でごめんなさい

投稿: レイン | 2011年3月15日 (火) 13時34分

★ふらっしゅままさんコメントありがとう★
計画停電が始まったのですね。田舎の私達とは比べ物にならない位大変でしょうか・・・。
でも被災された方々の為ですものね・・・。
私も震災の日からお酒を断ちました。これが私の痛み分けです。
気休めと自己満足だけなんですけどね・・・。
私の職場でも義援金寄付が始まったので、ちゃんと貯金から下ろしてきましたよ。
だって私はまた働けばいいもの。
とにかく今は全ての被災者の方々の救済と、再建と、復興を願って!!!

投稿: an太郎 | 2011年3月15日 (火) 21時26分

★レインさんコメントありがとう★
テレビからの情報を小耳に挟んだだけですが、佐賀県の知事さんは関東地域の節電の目的の一つとして、佐賀県出身者の一時帰県を募っているそうです。
逆疎開とでも言いますか。
関東から人が一人でも減れば電気の需要も減るという考えのもとらしいです。
とにかく今は非常事態ですから、不公平感はあるかもしれませんが、皆で手を繋いで頑張りましょう。
でも年頃の娘さん、何事もなく無事に帰宅できて本当に良かったです。。。

投稿: an太郎 | 2011年3月15日 (火) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BBG通信2 | トップページ | 生きよう »