« 悠久の・・・ | トップページ | 5きょうだい »

2011年3月20日 (日)

負けないぞ

津波を受けたのであろう泥まみれの毛がカピカピに乾いたままで

さ迷いながらも、人恋しいのか知らない人の後ろをトボトボ歩いて

いるわんこの映像を見てしまって、夕べは泣きくれていました。

何もできない

あのコにお水をあげることも、撫でてあげることも・・・

他にもあのコのようなコが山のようにいるのかと思ったら

胸が張り裂けそうで張り裂けそうで、お風呂の中でいっぱい泣いて

早々にベッドに潜ってまた泣いて・・・

そうそう。昨日(土曜日)は現実社会でもちょっと泣ける出来事が・・。

職場のロッカーで他部署の犬好き看護師さんと一緒になりまして。

私が4きょうだい&ケンケンと暮らしていることもご存知なので、

会うと犬談義が始まるのですよ。

『ちょっと聞いてー。隣の家がラブを飼い始めたっちゃけどね、生後

10か月になって思ってた以上に大きくなったもんやから、外に繋い

で飼ってるとよ。仔犬の頃は家の中にいたから夜になると寂しくて

切ない声できゅーんって鳴いてね、あまりにも可哀想やから言って

やったと。うちの看護師さんは家の中で4匹も飼ってるとよって!

しかもその内の1匹は熊みたいな子よって!!』

Img_7352

いや、そのまさかで間違いないと思います・・・。

。。。。。。。。。

現場に出向くことができない代わりに、祈りを託して、引越しの時

に買い替える予定だった家電分の貯金を寄付しました。私も負け

ないぞ。。。

小さな犠牲者にも愛と希望を。。。

|

« 悠久の・・・ | トップページ | 5きょうだい »

コメント

熊みたいな子よって!!って、あーたcatface
an太郎さん、ご存じかもしれません
被災地では動物の救助がすぐに始められています
an太郎さんが見たわんこもきっと助けられていますよ フジテレビニュースで流された2匹のわんこも赤ちゃんのおんぶ紐でおんぶされ数百キロをバイクで安全な地へ運ばれ助けられたそうです
国際NGO「LIA」  NPO法人動物愛護団体「エンジェルズ」の活動日誌  http://ameblo.jp/dog-resucue/ 犬猫救済の輪ドキュメンタリー  覗いてみてください
まだまだ沢山の愛護団体が現地にて被災動物を助けてくれています
希望をもちましょう  
みんなでいっしょにがんばりましょう  

投稿: | 2011年3月21日 (月) 10時13分

あわてました
おいたんばばです
dog-rescueと犬猫~ドキュメンタリーは別の団体です
それぞれ覗いてみてください   

投稿: おいたんばば | 2011年3月21日 (月) 10時17分

人間の命が優先、ライフライン確保は当然のこと

でも、数はすくなくても、
現在、現場と関わっている団体が沢山あるようです

名前をかえていますが、過去に大規模レスキューを実施し代表が沢山のメディアに取り上げられたけど、寄付金をつかわず、代表が訴訟を起こされた団体も、レスキューにはいり、寄付をつのっています。体質が改善されているのか、しるよしもなく、ただ、
動物愛護の人々が、寄付、物資支援をする場合、
しっかりした団体にするべきだと声を大にして言いたいです。 
対象が人間の場合、大きな問題になるけど、
そうでないに場合は、すべて無駄になります!!

信頼できる唯一の団体はあとにも、さきにもここしか見あたらないですね
アークレフュージ関西 http://drupal.animalrefugekansai.org/?q=ja/

投稿: チェルママ | 2011年3月21日 (月) 10時44分

私の住む所にも、福島から避難して来る皆さんの避難所ができています。その中のある家族は、猫だけ連れて、犬は放して来たとのこと。どうしようもなくて、一縷の望みをかけて、でしょうが、やりきれないですね。ちなみにその猫は地元のアニマルクラブさんが引き取って、里親が見つかりました。

投稿: kotamo | 2011年3月21日 (月) 20時58分

★おいたんばばさんコメントありがとう★
今思えば『みたい』がついててまだ良かったなぁと。
『熊の子よ!』だったら笑うに笑えなかったはず…(笑)
あのコ、助けられてますかね?だったら嬉しいです。
私ですね、おいたんばばさんが思う以上にわんこに関してはへなちょこなんですよ。
なのでそれが例え幸せレスキューの様子であっても見る勇気はないんです・・。
でもたくさんの団体さんが動いて下さってるのですね。
それだけで今夜はぐっすり眠れます。。。
おいたんばばさん、ありがとう。

投稿: an太郎 | 2011年3月21日 (月) 22時33分

★チェルママさんコメントありがとう★
チェルママさん、お変わりありませんでしたか?
チェルシーちゃんは地震大丈夫だったかな・・・

震災後すぐに海外のアニマルボランティアが救済準備をしていることは知ってましたが、地元ボラの方や個人ボラの方も被災犬・被災猫の保護活動に乗り出して下さってるみたいで嬉し泣きしてます。
心から敬意を表したいです。みんなみんな素敵だな。
保護団体はですね、正直私はどこが正しくてどこが怪しい・・ってのは全く分からないので、でもとりあえずいてもたってもいられないので、手当たり次第募金してます^^;
アークレフュージ関西さんも覗いてみますね。
チェルママさんもまだまだお気をつけて!!

投稿: an太郎 | 2011年3月21日 (月) 22時46分

★kotamoさんコメントありがとう★
そちらにも被災者の方が避難して来られているのですね。
kotamoさんのことだからボラに行って下さってるのかな?^^
阪神大震災の時はわんにゃんは避難所に入れなくて
たくさんのコたちと家族が離れ離れに成らざるを得ない状況だった(のをいっぱい見た)けど、今回はたくさんの避難所でわんこと一緒の避難者さんを見て、ちょっとだけ嬉しく思ってました。小型犬だけだけど・・。それでも家族として温かく受け入れて下さってる東北の皆さん、本当に素晴らしい!!

投稿: an太郎 | 2011年3月21日 (月) 22時52分

an太郎さんの代わりにレスキューの様子覗いてきました
たくさんの命が救われています
ジップロックに飼い主情報を入れガムテープで首輪に巻きつけられているわんこが多かったそうです
まだまだ助けなければならない命があるとどの団体の方も頑張っておられます
ポチたまの松本秀樹さんが
災害の際、避難所や仮設住宅の一部がペット同伴可になるように環境省宛ての署名運動を始めたそうです
an太郎さん、みんなおんなじ思いです
がんばりましょうね
ばばも泣きべそよgawk

投稿: おいたんばば | 2011年3月21日 (月) 23時44分

★おいたんばばさんコメントありがとう★
ひやぁ~~~ずびばぜん~~~、お返事を飛ばしてました~~~;;
代わりにレスキューの様子を覗いて下さってどうもありがとうございます。
みんな大丈夫かな。救われるかな。
松本くん、素晴らしいですね!!まさお君が松本君の背中を押してるのでしょうか。
泣けてきます・・。
ここのとこちょっと無力感にさいなまれていましたが、今は耐える時期だと思って、動ける時まで力を温存したいと思います。
ばばさんもなきむしさんですか・・。
みんなきっと、泣きながらいのちと向き合ってるんですね。。。

投稿: an太郎 | 2011年3月24日 (木) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悠久の・・・ | トップページ | 5きょうだい »