« 支えられてます♪ | トップページ | ねこ姉妹いぬ兄弟 »

2011年12月 1日 (木)

ごんたっち

5年前。

人馴れしてない大きな放浪犬を自分ちの庭に追い込んで門を閉じた

瞬間から始まった、ごんた君とらむっこさん家族の愛の軌跡。

あの時の喜びの記憶は今でも鮮明です。

パソコンの前でやったーって叫んだからね。

あの時から、ごんた君とらむっこさんは私の希望の光になりました。

当時のコメントにも、そう書いてました。

関心のないヒトにとっては飢えていようが寂しかろうがどうでもいい

ただの野良犬でも、心を寄せてくれるヒトがいる。守ろうとしてくれる

ヒトがいる。

嬉しかった。

私も頑張ろうって励まされた。

ケンケンを見た時、まっさきにごんちゃんが浮かんだ。

ちょっとだけ、似てたから。

あの時らむっこさんとごんちゃんからもらった希望の光、私ちゃんと

温めてきましたよ。小さな火種を絶やさずに、ちゃんと胸の中で温め

てきましたよ。

もちろんこれからも絶やさずに。

願わくば、また次の誰かに、らむっこさんとごんちゃんからもらった

希望の光を繋いでいきたいなぁって思ってる。

ね、ごんちゃん、

Ca523a05

君に似てるでしょう。

ごんちゃん、お母さんが泣いてるよ。

だから、

・・・もうどこも痛くないよ

・・・しあわせだったよ

って、伝えてあげてね。

ごんちゃんが黄色い絨毯の上で寛いでる風景が大好きで大好きで

Img_8236

真似して、いちょうの木を植えたんだよ。

来年の秋、黄色い絨毯になった頃、お空を越えて遊びにおいで。

待ってるね。

|

« 支えられてます♪ | トップページ | ねこ姉妹いぬ兄弟 »