« 夢でしたから | トップページ | ずっと忘れない »

2012年5月18日 (金)

まだまだ小さい

一部被害を受けた家庭菜園だけども、無事だった野菜の間引きを

行いまして。

Img_0348

じゃんw

人参に大根にラディッシュに・・・。

わんさか採れたので、5きょうだいのご飯になりました。

さてさて。

ずっと心に残ってて忘れられない言葉ってあるじゃないですか。

子ども(人間の)が7人いた同僚の言葉もそのひとつでね、10年以上

経ってもなお鮮明で、この先もきっと忘れることはないと思います。

Img_0308

7人の子どもの中でどの子が一番好き?って、アホで失礼なことを

聞いてしまった私に教えてくれたんですよ。

『愛は100パーセントじゃないねんで。いくらでも増えるんやで』、と。

Img_0309

愛が100パーセントだと思い込んでるから、子どもが7人だと

母親の愛は7分の1ずつになってしまうと思ってる。

だけどそうじゃなくてそれぞれが100パーセント。だから私は

700パーセントの愛を持っているのよ、と。

弱冠30歳にして愛を悟っていた彼女は偉大だったな。

私も頭では理解しているけれども、でもやっぱり時々、愛情5分の1

ずつでごめん・・・と思ってしまいます。

Img_0310

・・・・・やっぱりか。

あ、このままだと心が痛むので。

実は・・・・・、

Img_0350

ミニチュアです・・・。

Img_5bbg それでは良い週末を

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 私は勤労勤労です

|

« 夢でしたから | トップページ | ずっと忘れない »

コメント

きゃあー美味しそう~
私も本当にそう思います
7人も子供を育てた友人はいませんが(すごいね)
しかも私は子供に恵まれなかったので
一生犬猫の子供しか持てないけどね
でも、私は私の使命があるんだもんね
これも意味あることだと思ってるんでね
教育費を動物愛護の支援活動に全部回せるもん
オーちゃんとプリちゃんの
淡々としたコメントに爆笑しました
勤労、誠にお疲れ様でした
なすの超大型、土佐犬の手術が無事終わりました
二か所の腫瘍は悪性ではありませんでした。
土佐犬の手術を引き受けてくださった唯一の獣医さん
麻酔と酸素代だけしか請求しませんでした
そして3歳か4歳の、その土佐犬は
身体を動かすことも不自由な狭い場所にいた形跡が
見つかりました
術後の経過を待って、この子の里親を探します
私は死ぬまで、こうした動物保護支援に関わっていきたいです

投稿: ふらっしゅまま | 2012年5月19日 (土) 22時07分

ミニチュアなの?
手がデカイんじゃなくてhappy02

投稿: ロンの母 | 2012年5月19日 (土) 22時15分

★ふらっしゅままさんコメントありがとう★
わはは。大きい画像だと普通の野菜に見えますよね。
残念ながらミニチュアですが(笑)

子ども7人・・・すごいですよね^^
日々の生活(費)は本当に大変そうでしたが、夏のキャンプ旅行の話とか聞くと
楽しそうだなぁ~って思ってましたよ。
でも私には無理だなぁ~って(笑)
生物に生まれた以上、子孫を残すことは義務と責任だったと思っています。
でも最大の義務と責任を果たせなかった以上、それに代わる社会貢献をしていこうとも思っています。
それがボラ活動なんだと思います。
ままさんと一緒^^
たった一度の人生ですもん。死ぬ時に「ああいい人生だった」と思える生き方をしたいな、と。

土佐犬ちゃん・・・。里親探しは大変でしょうが赤い糸は絶対どこかに繋がっていますよ。
素敵な家族が見つかりますように。

投稿: an太郎 | 2012年5月20日 (日) 22時02分

★ロンの母さんコメントありがとう★

誰がジャイアント馬場やねん。
宮崎の堀北真希ちゃんに向かってぇ。

投稿: an太郎 | 2012年5月20日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢でしたから | トップページ | ずっと忘れない »