« お前もか! | トップページ | 可愛いから何でも許す »

2012年6月24日 (日)

見守ってます

改めまして、この度はプリの為にたくさんの温かい応援を頂きまして

本当にありがとうございました。

あと、今までに経験したことないほどのマイナスオーラに包まれて

しまった私のことも支えて下さって、本当にありがとうございました。

Img_0678

手術は乳腺全摘と子宮卵巣摘出、あと一部のリンパ節を摘出した

そうです。リンパの摘出は転移巣だったからではなく、病理検査に

出すために。

術前の出血傾向検査では問題はなかったのに、メスを入れた途端に

出血が凄くて獣医さんも焦ったらしいです。

Img_0679

でももしもプリに万が一のことがあったら私にどんな暴言を吐かれるか

分からない、と必死に頑張った、と。・・・・なんだかな。

帰宅した時こそ元気に見えたけど、その後はどっと死んだように眠り

こんでます。

準備していたベッドには入れなかったので(まだ上手に歩けなくて・・・)、

リビングにお布団を敷いてあげました。私も一緒にゴロンとなれるし。

いつもプリを守ってくれるリロだけど、今回も誰よりも

Img_0682

プリを見守ってくれてます。

手術翌日まで痛み止めの注射を打ってもらっていたけれどすでに

効果が切れてるようで、時々痛がって泣くんですよ。

そしたらリロが私よりもいち早くプリのそばに飛んで行って

Img_0681

心配そうに見守ってます。

リロ君、リロ君、母さんと結婚して下さい!

Img_0680

・・・・・ずーずーずるずる(←鼻水)

。。。。。。。。。

不安だと熱って出るものなんですか?と聞かれました(笑)

えーと科学的には、極度の不安やストレスは免疫力を一気に低下させる

ので、抵抗力が弱まった際に菌だかウイルスだかに感染したのが発熱の

要因だと思います。ストレスってたったの数十分で胃に穴をあけること

だってありますしね。

みなさんもどうぞストレスフリーの生活を♪

Img_5bbg あとは病理検査の結果待ちです。が、

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村  どんな結果でももう大丈夫。前向きに進みます。

|

« お前もか! | トップページ | 可愛いから何でも許す »

コメント

あ~きついんでしょうね・・
もぉ、泣きそう・・。
点滴の跡の包帯も痛々しかったですが・・。

実は同時期位に私の愛猫が腎不全の為危篤状態に陥り、
生死の境をさまよってました。
どうしてやる事もできなくて、ただ、薬の投与と
傍にいてやる事しか出来ませんでしたが
奇跡的に回復しましたhappy01
病気自体は治ってませんが、ピークは過ぎたと
先生が言ってくれました。
本当に昨日の話です。

何かかぶっちゃって・・だからこそ、プーちゃんの回復を心から、本当に心から願っています。
小さい命だけど、私達にとってはとてつもない大きい命。また元気に駆け回れる事を祈っています。

頑張れプーちゃん!!

投稿: はるり | 2012年6月24日 (日) 23時12分

小さな身体で、今痛みと必死に戦っているのですね。
そして隣りで見つめているこは、まさしくガードでしょう(^^添い寝してるこも良い空気を出してます)
リロくんは、本当に特別なこですね。なんで種が違うのでしょうね~^^;蜂蜜色のああいう真っ直ぐな瞳でいつも心配されちゃうのですね。
プーちゃんの経過を大変な時に更新してくれて、嬉しいです。良い結果と快復を祈ってます。

はるりさんの猫ちゃんも、どうぞお大事にしてください。命の大切さは、種でも大きさでもなく、想いの大きさですよね。


投稿: むぎ | 2012年6月25日 (月) 00時56分

プーちゃんの様子をアップして頂き
誠に誠に有り難うございました
痛み止めの飲み薬とかは、もう頂けないのですか?
そんなにいっぱい摘出して
痛いでしょう・・・
先代が2ヶ月近く入院してた時に
院長先生がペインコントロールが大事だと仰ってました
プーちゃんは、とってもとっても小さいから、
お薬投与も微妙ですよね
非常に繊細な管理が必要
ひたすら眠るのは快復のため
リロ君は頼もしいナイトですね
惚れてまうやろー
an太郎さんの熱がさがりますように
プーちゃん 痛みがおさまりますように
祈っています
祈っています

投稿: ふらっしゅまま | 2012年6月25日 (月) 09時49分

心と体って影響しますよね。
しかしプーちゃん賢いですね。
先生に痛くて弱ってるところを見せたら目が見えなくても帰してくれないから頑張ってたんじゃないですか?
安心はとっても良く効くお薬だったりしますよね。
プーちゃんも、きょうだいも、an太郎さんも、みんな一緒だと安心できる。
温もりあって過ごしで下さい(^ ^)

投稿: まーたんママ | 2012年6月25日 (月) 14時41分

こんばんは、かずぽんです。

女優プーちゃん、痛いね。うちのらんが交通事故に遭った時を思い出します。じっとして、傷をなおしてるんたよね、頑張れプーちゃん。病院じゃなくてみんなが居て母さんが居るお家が一番安心できるね。
リロ坊、なかなかやるな!

投稿: かずぽん | 2012年6月25日 (月) 21時35分

プーちゃん!ガンバ!
プーちゃんの姿を見ていると…
トーマスが子宮蓄膿と乳腺腫瘍の手術をした時の姿を
昨日の事のように思い出します。
トーマスは傷口がパカッと空いてしまって再び縫いました。
でも術後はメキメキ回復して元気になったので
プーちゃんも大丈夫!

an太郎さんのとこのリロは男の子だけど
我が家のリロは一応女の子。
でもリロって名前の子は本当に優しい!
我が家のリロもあれで今は一生懸命ダイちゃんを
心配して気遣ってますのよ(笑)

人間は疲れている時やストレスなどで
精神的な集中力を失ってしまった時に
判断能力が鈍るということが起きやすくなるが
同じことが犬にも起こる
って聞いてます。
犬だから…人間だから…ではなく
命あるものみんな同じだよね。
私もこうみえてガラス細工のようなハートなので
いつも粉々に砕けては補修してますの(笑)

投稿: Club Thomasの母 | 2012年6月25日 (月) 22時14分

★はるりさんコメントありがとう★
はるりさんのにゃんこさんも体調不良だったのですね…。
そんな大変な時にうちのプリの心配までして頂いて申し訳なかったです。
ありがとうございました。
苦しんでるわんにゃんを見るのは本当に辛いですよね。
はるりさんのにゃんこさんも体調の良い日が1日でも長く続きますように。
治ってしまえばいいのにねweep

プリもまだ寝込んでますがその内回復すると思います。
応援、本当にありがとう。

投稿: an太郎 | 2012年6月25日 (月) 22時18分

★むぎさんコメントありがとう★
人間だったら大手術ですものね。例えわんこでもやっぱ痛いですよね…。
小さい身体で一生懸命頑張ってるプリをついつい甘やかしてしまいますが、それ以上にリロがプリを守ってくれてます^^
リロ、本当にやさしいコ(惚)
でもケンケンは添い寝ではなく「そこにベッドがあったから」です。たぶん(笑)

はるりさんのにゃんこさん、どうしてるかなぁ。

投稿: an太郎 | 2012年6月25日 (月) 22時24分

★ふらっしゅままさんコメントありがとう★
いえいえこちらこそ、毎日覗いて下さって本当にありがとうございます。更新の励みです^^
かかりつけの獣医さんは痛み止めを出さない派なんですよ。
わんこは痛みがなくなると加減せずに動いてしまうから、だそうです。
プリの痛みは、私のなでなでとリロの見守りでけっこう軽減してるみたいです。
今はゆっくりたっぷり寝て貰って、早く元気になって貰いますね。

投稿: an太郎 | 2012年6月25日 (月) 22時29分

★まーたんママさんコメントありがとう★
心と身体は一体ですよね。
身体の傷で心を病むことがあるし、心を病んで身体に症状が出ることだってあるし。
プリ、賢いですか(笑)
実際にはどんな演技だったのかぜひ見たかったです^^
ちっこい頭でどうやったら私がお迎えに来るかを考えたのですかね。変なコですね^^;
私はおかげさまですっかり回復です。一緒にいれるんですもんね^^

投稿: an太郎 | 2012年6月25日 (月) 22時35分

★かずぽんさんコメントありがとう★
かずぽんさん、こんばんは
プリ、痛がってます。が、安静には出来るので乗り越えなければならない試練だと思って・・・。
らんちゃんにあやかってプリも元気になりますよー。
リロは本当にやさしいコなんですよ^^

投稿: an太郎 | 2012年6月25日 (月) 22時38分

★Club Thomasの母さんコメントありがとう★
トーマスちゃんも大きな手術を乗り越えたんですもんね。
プリにも頑張って貰います!
うちのかかりつけの先生は傷が開かないように(=安静に出来るように)痛み止めを出してくれないんですよ。
耐えれそうにない痛みだったらお薬をもらうとこですが、今は私のなでなでがけっこう効果あるようなのでそれで様子見てます。
そっかー。リロちゃんがダイちゃんを^^
リロちゃんは優しくて可愛い女のコですよ。母さん、もっと自慢して下さいね。

ストレスって本当に怖いものなんですよね。
人間だけじゃなくわんこもにゃんこも。
でも母さんには優しいご主人も優しい息子さんもお嫁ちゃんもお孫ちゃんもいるじゃないですか。
いっぱい味方がいて羨ましいですよ~。

投稿: an太郎 | 2012年6月25日 (月) 22時45分

こんにちわ・

術後の痛みは 可哀そうですね。
でも みんなが周りにいてくれて。
それだけで 安心出来ますね。

何も言わなくても 今の状態がわかって・
優しいまなざしで 接してあげてる
みんなが 嬉しいです。

うちも16歳のミルクの具合が悪い時には
同じように みんな心配顔です。
家族っていいものですよね。

早く早く回復してほしいと思います。
お大事になさってください。❤

投稿: クツクのママ | 2012年6月27日 (水) 10時15分

★クツクのママさんコメントありがとう★
こんばんは

術後の痛みは日に日に引いてるようですが、それでも大半は寝込んだままです。
でもリロの見守りがなくなったので、きっともう峠を越えたのでしょうね^^
改めて、大切なのは血の繋がりでも一緒に暮らした時間でもなく、想い合う心なんだな、とこのコたちに教えられてます。
16歳のミルクちゃんも種族を越えた家族に囲まれて、例え体調が悪くてもきっと心は穏やかでしょうね。
本当に家族っていいですね。

投稿: an太郎 | 2012年6月28日 (木) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お前もか! | トップページ | 可愛いから何でも許す »