« ペコちゃん進化中 | トップページ | 眠り姫ペコちゃん »

2012年9月25日 (火)

ケージ症候群

昨日(月曜日)の夕方、ペコちゃんを獣医さんに連れて行って来ました。

私は3歳前後かなと思ったのだけど、先生の診立ては6歳前後。

少なくとも数回はお産してるだろうし、帝王切開の痕もあるとのことです。

ペコちゃんのお尻は傷がかさぶたになってて毛が生えてません。

しっぽの先も毛が生えてません。

先生いわく『ケージ症候群』だそうです。

狭いケージの中でふせかお座りしかできなくて床ずれになった痕と、

しっぽを振るたびにケージで擦れて毛がなくなった痕。

Img_1520

私たちの町にはシーズーの登録ブリーダーはいないそうで、たぶん

個人での闇ブリーダーじゃないかなぁ、と。

あなたがショップで買ったコの母犬はこのコかもしれませんよ。

あなたが今可愛がってるコの母犬は、営利目的で何度も出産させられ、

虐待され、挙句の果てに物のように捨てられましたよ。

今すぐに生体販売を禁止して欲しい。

命を売買する世の中は絶対に間違っている。

ペットショップに行かなくたって、管理所にはプードルやミニチュアダックスが

溢れているのに・・・。

Img_1522

今のこの狂った世の中を変えるのは、他の誰でもない私たちひとりひとり

です。

ペットショップでいのちを買おうとしているお友達がいたら、勇気を出して

伝えましょうね。

命の尊さを、勇気を出して伝えましょうね。

時に疎んじられ、冷たい態度をとられるかもしれないけれど、ひとりひとり

が小さな命のスーパーマンになったつもりで勇気を出せば、きっと新しい

風が吹き始めます。

風が大きなうねりになった時、ページをめくるように時代は変わるのだと

思います。

頑張りましょう。

それぞれの町の小さな命を、いっぴきずつでも救いましょう。

シーズー好きの方には叱られそうだけど、どう見ても私には、

Img_1521

『アホの坂田』にしか見えなかったりするのだけども・・・・・・。

100歩譲ってペコちゃんにしました♪(←不二家のね)

Img_8901 獣医さんには活動を否定されました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多種飼い(多犬種飼い)へ
にほんブログ村 いくら受け皿を探しても、蛇口を閉めなきゃ意味がない、と。

・・・そんなことは言われなくても重々承知です。だったら先生、蛇口の閉め

方を教えて下さい。

・・・分かってたらオレが閉めてます。

・・・ですよねー。ところで先生、今日のお代は?

・・・・、・・・・・、・・・・・・検便分はサービスします。

いぇい♪

|

« ペコちゃん進化中 | トップページ | 眠り姫ペコちゃん »

コメント

an太郎さんに大賛成!!(; ・`д・´)
(どこかで聞いた台詞?)
不思議と同じ境遇になっちゃいましたね。
うにもお尻にかさぶたと禿が出来てました・・・。

もうブリーダーは要らないでしょう。
無理な繁殖など全然必要ありません。
何様のつもりで、人間が動物に値段をつけるんでしょうかね。
全国にまだまだ沢山いる、犠牲母ワン・・。
金を産むだけの為に生かされてる命・・。
絶対に許される事じゃない・・・、禁止にするべきです。

投稿: ダルママ | 2012年9月26日 (水) 01時10分

助けられる命は
氷山の一角
絶対に許されない虐待
生体販売

何をやってもザルで水をすくっているかのような
無力感に襲われる時もある
でも
諦めたら、悪を助長する
悪に加担することになる

どんなに嫌な事があろうと
間違っていることは間違っていると
正しいことは 正しいと
死ぬまで言い続けていきます

誰がなんといおうと
犬猫は、文句を言えません
ただただ、黙って耐え忍ぶのみ

いいかげん、人間の英知を
平和のために
すべての命を守るために
発揮すべき時なんです

獣医さんも千差万別なんですね
私の通ってるとこの院長先生は
保護活動に決して反対はしないけど
保護活動を盾にして
医療費を支払わない悪党が続出したので
今は、表だって協力出来ないんだと
残念そうに仰っていました。
裏口から、そおーっと先生にお願いしたら
交通事故に遭った子達の治療してくれますが・・・

投稿: ふらっしゅまま | 2012年9月26日 (水) 09時05分

大賛成!!

劣悪な環境で出産を強いられる小さな命たちの事を思うと、本当に涙が出ます。
動物の流行があったり、ファッションの一部として小さな命をショップで購入するのはやめてほしいです。

保護施設や管理所にいる子達にもっと目を向けてほしいですね。

投稿: 猫婆 | 2012年9月26日 (水) 11時20分

an太郎さんの気持ちも獣医さんの気持ちも痛いくらいわかります。
ペコちゃんの気持ちは、想像しても出来ないくらい。しんどかっただろうね。
近所のこどもが、自宅は飲食店なので犬が飼えなくて
ときどき遊びにくるのですが
『こんど犬かうかもー』って言うので
『どこから連れて来るの?』って聞いたら
『買うんだよ』っていうので
『うーん・・・・。そうかぁ』って口ごもってしまったのです。
その家は以前も飼っていて、でも飲食店なので衛生的にどうこうとモメたらしく結局山に捨てに行ったんだとか。
こどもの言うことなので、買うと決まったわけではないんでしょうが、今度遊びに来たときに
彼にはお話して見ます。勇気出して。

そこからパパママに伝えてくれるかもしれないし。

勇気貰いました。ありがとう。

ペコちゃん、ぶちゃ顔なのも可愛いですよね^^
母の犬がシーズーなので、より親近感^^

投稿: ももひなの母 | 2012年9月26日 (水) 12時54分

こんにちは。

ペコちゃん、ゲージの中に入れられてたんですねっ。
ずっ~とただ、仔犬を産むためだけに(´;ω;`)
そんな環境の中でも人間に毛がすれるまでシッポを振っていたなんて・・・
胸が締め付けられます。

やっぱり・・・
私たち人間が一番、愚かな生き物だと思います(悲)
悲しい事ですが・・weep


投稿: ぶ~ちゃん | 2012年9月26日 (水) 15時14分

追伸・・・

an太郎さん、ペコちゃん・・・
もしかして!? ほ〇ざいの港で保護したのでは・・・
違っていたらすいません。
私、その方面に散歩に行くのですが
10匹近いシーズーをノーリードで
散歩させている方が居ます(怒)
ブリーダーかは、わかりませんが
見るからにシーズーを繁殖させていると思います。
まさか・・・まさか・・・ですが
よく、頻繁にみかけるもで

投稿: ぶ~ちゃん | 2012年9月26日 (水) 15時36分

ペコちゃん、そんな境遇だったのですね・・。
でもね、言い方悪いですが、捨てられて良かったのかもしれない。
だって今はan太郎さんのとこで保護されて、いつかは
巡り合うべき素敵な飼い主さんのとこに
いけるのかもしれないのだから。
これから物凄く幸せな犬生をおくる権利を
手に入れたのですもの。

しみじみ呼んでたら、最後辺りの「アホの坂田」
に爆笑してしまいました・・。


投稿: はるり | 2012年9月26日 (水) 17時20分

ペコちゃん 過酷な時間を過ごしたのに こんなにブンブンおしっぽ振って…。
坂田…(汗)いやいやan太郎さん どう見てもペコちゃんですよ。

ペットは買うものだと思ってる人 ホントに多いです。
私も はるか昔はそう思いこんでいましたから。

うちのワンコ(雑種)とお散歩してると「何犬ですか?」とか色々聞かれるから保健所の事も自然に話せてます。
溢れ返っている愛護センターの子が もっともっと幸せを掴めるように自分の力+αを もっともっと発揮せねば!と思ってます。

ぶ~ちゃんさんの見かけたシーズー軍団…まさかまさか なのでしょうか…。
ノーリードって…。やれやれ…。

投稿: ランランママ | 2012年9月26日 (水) 22時07分

繁殖犬、本当に悲しいひびきです・・・
私、今のかぼすくんを飼うとき、まったくの素人で、
犬はペットショップかブリーダーから買うことが普通
と思っていました。何の疑問もありませんでした。
そして実際ショップで買って、一緒に暮らすうちに
ワンコブログなどを見だして、そこから保護犬のことを
知り、悪質なブリーダーやショップの現状をしり・・・

今は、かぼすくんを精一杯かわいがることしかできませんが、いつかは保護犬を迎えたい。

ペコちゃん、まずは優しいan太郎ママに頼って、
心と体をゆっくり治してもらおうね^^

投稿: かぼすママ | 2012年9月26日 (水) 22時33分

★ダルママさんコメントありがとう★
うにたんのお尻もかさぶたと禿げ禿げなのですね。
きっと同じケージ症候群ですね。
うにたんは早い内に保護できて本当に本当に良かったです。
ペコちゃんはいったいどれくらいケージ生活を強いられてたんだろう。
悔しくて悔しくて気が変になりそうです。
犠牲になってる小さな命が日本中に溢れているんだと思うと本当にやるせないです。
ブリーダーって聞くだけで虫唾が走ります・・・。

投稿: an太郎 | 2012年9月27日 (木) 14時01分

★ふらっしゅままさんコメントありがとう★
リンカーンが奴隷解放宣言をしたように、誰でもいいから繁殖犬解放宣言とか、番犬解放宣言とかをやってくれないでしょうか。
私でいいなら今すぐに解放宣言をするのになぁ(笑)

ザルで水をすくうようなもの・・・と獣医さんも仰ってました。
やってる方は一生懸命なのだろうけど、傍で見ている方は気の毒で仕方ないって。
でも、実際に保護している私にはそんな感覚はありませんよ。
だって目の前の命はザルを抜けて下に流れてしまうことはないから。
ちゃんと私の腕の中で、息をして、見つめ返してくれるから。
大きなことはできないけれど、私は私にできることを、目の前に現れた小さな命に救いの手を差し伸べることを、ちまちまと続けて行こうと思います^^

ままさんも一緒に頑張りましょうね。
希望の炎は決して絶やさずに!

投稿: an太郎 | 2012年9月27日 (木) 14時10分

★猫婆さんコメントありがとう★
大賛成、ありがとうございます^^
ペットショップのガラスの前で「可愛いー」って言ってる人を見ると後ろからゲンコツしたくなります。
「簡単に可愛いとか言ってんじゃねーよ」って^^;
可愛いのは事実なんですが・・・。
毎ニュースで天気予報を流すように、ニュースの度に管理所情報を流すってのはどうでしょう。
必要なのは事実の公開、情報の提供ですよね・・・。

投稿: an太郎 | 2012年9月27日 (木) 14時17分

★ももひなたろの母さんコメントありがとう★
ペコちゃん、切ないくらいに私に縋ってくるんですよ。
とにかく抱っこされてたい、話しかけられたい、側にいたいって、まさに愛に飢えたコそのものです。
そんな中で交配と出産だけを繰り返されてたかと思うと、抱っこして欲しかった飼い主に暴行を受けてたのだと思うと、言葉になりません・・・。

私は子育てしたことがないけれど、患児たちを見てると、小学生でも善悪の判断はきちんとできるんですよね。ただ未熟さゆえに親や周りの大人たちに誘導され易い。だからこそ目の前の大人が真剣に善悪を教えてあげることが大切だなぁと。
こちらが真剣だと子どももちゃんと聞いてくれますよ。
母ちゃんさんも、ぜひぜひ勇気を出して下さいね。

投稿: an太郎 | 2012年9月27日 (木) 14時31分

★ぶ~ちゃんさんコメントありがとう★
こんばんは。
真実は知りようもないですが、たくさんのわんこを見てきた獣医さんが仰るので間違いはないのかな、と。
元飼い主にはお前が何年もケージの中で暮らしてみろよって言ってやりたいです、ほんと。
ペコちゃんはまつ〇らの新港に捨てられてました。
普段お散歩してるところに捨てる人は相当なあんぽんたんかと・・・。
自分でお家に帰って来てしまうかもしれませんもんね^^
ペコちゃんはガニ股で爪の中の血管も伸びてるので、お散歩したことなさそうです;;

投稿: an太郎 | 2012年9月27日 (木) 18時43分

★はるりさんコメントありがとう★
ペコちゃんが捨てられてたところはとても危険な場所なんですよ。
海に落ちたら人間も上がれない高さの岸壁だし、国道沿いなので大型トラックの往来も激しいし、何より工業地帯なので危険な建物もいっぱいで・・・。
明らかに誰かに保護されることを想定してじゃなく、ここに捨てたら数日で死ぬだろうと思ったとしか思えない・・・。
ペコちゃんを保護できたのは奇跡だと思います。
神さまがいて、良かった;;
これから頑張って幸せチケットを探しますね♪
あほの坂田・・・じゃなかったペコちゃんの強運を信じて♪♪

投稿: an太郎 | 2012年9月27日 (木) 18時50分

★ランランママさんコメントありがとう★
あほの坂田・・・あながち間違いではないかもしれません。
ペコちゃん、天然のにおいがプンプンします(笑)

うちは昔から捨て犬を拾ってきて家族にしてたので、ペットを買うという発想はなかったんですけどね、でもそんな私もオリーブを迎える時はラブと暮らしたくてブリーダーを探してました。
その時に『いつ里』を見つけて、オリを見つけて、今の私がいるのです。

もっともっと管理所のコたちに光があたる未来を信じて。
それぞれができることをできる範囲で、頑張りましょう^^

投稿: an太郎 | 2012年9月27日 (木) 18時57分

★かぼすママさんコメントありがとう★
ね・・・。ブリーダーって言うとかっこ良く聞こえるけど、ようは繁殖屋です。
きっと日本中の大半の方がかぼすママさんと一緒ですよ。
そしてそれは責められることではありません。
だってわざわざ調べなければ、そんな情報は入ってこないですものね。
私も7年前に『いつでも里親募集中』の存在を知って、そこから愛護活動の存在を知って、すぐに地元の愛護団体を探して入会しました。
人間の真価が問われるのは、知ってからの行動だと思っています。
だからかぼすママさんが、いつかは保護わんこを!と仰って下さって本当に本当に嬉しいです。
どうもありがとうございます。

投稿: an太郎 | 2012年9月27日 (木) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペコちゃん進化中 | トップページ | 眠り姫ペコちゃん »