« 負けてたまるか | トップページ | 共存共栄 »

2013年8月 7日 (水)

何とか歩けそう

保健所の方が連れて行ってくれた獣医さんは、ピッピの左後ろ足を

骨折と診断してました。

ピッピの左後ろ足はプラプラで、それでもその足を下に着こうとするから

足が左右に折れ曲がってしまってほとんど歩けなかったのですよ。

なのでピッピが少しでも歩きやすいように、

Img_3613

テーピング固定を開始してました。

Img_3614

でも状況は違ってきました。

ピッピの左後ろ足、骨折なんてしてませんでした。

手入れをされておらず、毛玉が引きつれた時、もしくは毛玉に爪が

引っかかった時に足が折れ曲がったままで元に戻らず、何ヶ月も

その状態だった為にアキレス腱が切れてなくなった・・・・と言うのが

かかりつけ獣医さんの診断でした。

触ってみたら確かにアキレス腱がない。

膝蓋骨(膝のお皿)も完全に外れてて横にずれてるとのことでした。

かかと部分で飛び出してる骨も、長い間の屈曲が原因だろう、と。

なんだよなんだよ。

骨折してないなら、神経も生きてるなら、断脚する必要なんてない

じゃないか。

Img_3627

なので獣医さんと相談の結果、

Img_3629

まずは自然のままで無理のない程度に運動(生活)させながら、

ピッピの足が自分の足の重さで自然に下に伸びてくるのを待つ

ことにしました。

リロの時にもやった温感冷感刺激療法やアロママッサージなんかも

併行しながら。

実はこっちのほうはね、

Cahi2mp6 

思ってたよりも順調に、

Caho7jd5

回復の兆しが見えてきました。

アキレス腱はないままなので、足の伸び状況に合わせながら

少しずつ体重を増やしつつ筋肉で補って行こうと思います。

問題は右眼だけども。

Caiirhu9

痛みは取れてきたようだけども、化膿が治まる気配は微塵もなく、

むしろ悪化の一途です。

眼球自体が膨れ上がってしまってて、今にも破裂しそうです。

ピッピの為には眼摘してあげた方が楽なのかもしれません。

明日も獣医さんなので、前向きに相談してきます。

見た目じゃないもんね。

私だってこんな容姿で逞しく生きてるもんね。ずーずーずるずる(←鼻水)

Img_8901 ←ありがとう

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村  ←ありがとう

|

« 負けてたまるか | トップページ | 共存共栄 »

コメント

最初に診た獣医さんって・・・いったい・・・

足のことも、回復の兆しが見えてきたということで、
なんとかなりそうでよかったです!
目のことは、ピッピちゃんが楽になれるのなら、
もし摘出することになったとしても、それが最良だと思います・・・
両目があるから可愛いとか、足がまっすぐだからちゃんとしてるとか、そんな一般的基準はまったく関係のないことだと私は思います。
どの子にもその子だけの独特の可愛さがありますもんね^^
ピッピちゃんもan太郎さんも、ファイトです☆

投稿: かぼすママ | 2013年8月 7日 (水) 23時38分

獣医さんの見解はそれぞれですよね!
わが家もダイちゃんセカンドオピニオンでは足は問題ないと
一度も何もしなかったけれど
サードオピニオンの先生は筋肉がなくなって
骨と骨がこすれて砕け散ってるとそのレントゲンを見せられました。
レントゲンひとつも写す角度でまったく違う画像なのよ
セカンドオピニオンの先生は足を引っ張ったりもっと歩かせてくださいって言った
サードオピニオンの先生は痛みがあるから歩かない!と
痛み止めがでたしそれに靭帯も切れてるって!
めちゃくちゃだったのよ~ピッピちゃんと逆だったね!
ダイちゃんには三ヶ月足が痛いのに無理に散歩させてしまって
益々悪化させて痛いのに無理に立たせたり歩かせたりしてきた!
本当に同じ獣医で何故診断が違う!
間違ったら大変なことになるのに…

目の方は…
痛みや苦痛をなくしてあげることが最優先だよね!
ピッピちゃんの目になってくれるサポーターもいるんだし!
よーく先生と話し合ってピッピちゃんが楽に生活できる方向で進めるのが一番ですね!

投稿: Club Thomasの母 | 2013年8月 8日 (木) 00時35分

人間の場合セカンドオピニオンって割りと普通にあるけど動物病院は一つの所にずっと続けて通ってしまいますよね
an 太郎様の掛かり付けの病院の先生が良い先生で良かったです…我が家の出目金わんこ(チワワ)はまぶたに油が出る穴が有るんだけれどそれが詰まっているために涙の成分が眼に留まらないので出目金ゆえに眼にキズがついてしまう(TT)って事がよくおきます。それでちょうど今も昨日から又病院行ってますが、加齢もあってレンズが落ちて来てるとか…難しい事言われましたけど…眼の診察は難しいですがそこは眼科の先生もいるため(昨日は不在)出された目薬に違和感があったらすぐに連絡下さいって言われました。
きっと昨日の先生はクスリ出す事に心配があったのかも知れないです。獣医師が5人位いて院長が眼科専門医なんですけどね。ピッピちゃんがピョコピョコ付いて回ってるみたいで、元気になって来たみたいですね♪頑張って下さい。都内は昨日から35℃です( ̄▽ ̄;)

投稿: 茶あリー | 2013年8月 8日 (木) 03時58分

眼球摘出という治療法があることを
里親募集ブログランキングを読ませていただくようになって、初めて知りました
全国で奇跡的に保護して頂いた犬猫の
むごい現状と恐ろしい闇ブリーダーの惨状
そして、過酷な環境から救われた子達の
人智をはるかにしのぐ回復の奇跡
保護されるのも奇跡ですが
傷ついた彼らの蘇生は
まさに「愛の奇跡」
今、ピッピちゃんの奇跡の大冒険
全国のBBGフアンが
手に汗にぎり注目しています
どうか、どうか、
ピッピちゃんが痛みから解放され
BBGスタッフそして
堀北真希似の親分an太郎さんの愛で
快癒されますことを
祈って、祈って、祈っていまーっす

投稿: ふらっしゅまま | 2013年8月 8日 (木) 07時41分

ん~、右眼は厳しそうですねぇ。。。収まるべきところに収まらず、腫れ上がってるんじゃ、痛くないわけがないですね(;ω;)
やっぱり最初の診察がなければ…
って考えてしまうけれど、過ぎたことを言ってもしょうがないですもんね、それでも悔しいけども(`ε´)

左足の方も誤診。誤診に次ぐ誤診。。。
放浪して収容された犬だから診断は適当でいいなんて道理があるはずもなく。
命に向き合う医師として、どんな環境に置かれた命であっても差別なく最良の処置を施してもらいたいもんです。
専門分野ってもんもあるんでしょうけど、それにしても今回のは酷すぎる。。。

それでも、足のほうは断脚なんてことにならずに済みそうで安心しました(*^-^)
ピッピちゃん、がんばれ~~♪

投稿: タマ | 2013年8月 8日 (木) 09時29分

見た目じゃない!
…私も逞しく生きてきてます(笑)
もしももしも ピッピちゃんお目目を手術しても あの1000万ドル笑顔がありますから!
あ~んど!愛くるしい寝姿!ペコちゃんに続くありがたい開きを拝める日 楽しみです。

an太郎さんのボーボーな進むべき道 てっしゅ大盛り も追加持参します。

投稿: ランランママ | 2013年8月 8日 (木) 11時48分

ピッピちゃんの足、骨折ではなかったんですね!
an太郎さんが、きちんと掛かり付けの先生にも連れてったおかげです!
本当によかった
少しずつでも良くなっていってて、嬉しいです
リハビリは大変ですが、きっとプーちゃんや皆と遊ぶうちに筋肉もついてくると思います
がんばれピッピちゃん!負けるなBBG!

投稿: 茜&あぐり&ぽっけママ | 2013年8月 8日 (木) 12時44分

ピッピちゃん、小さなからだで、つらかったね。
そんな足の状態で放置できるなんて鬼です!
目も治療さえしてもらえず、それでも笑顔を忘れなかったこのコに涙がでます・・
1日も早くもっともっと、動物愛護法の罰則を厳しくして、懲役10年以上とかにしてほしいです。
そしたら、こんな鬼畜は、いなくなっていくんじゃないでしょうか!

保護されたのが、医療従事者のan太郎さんで、本当によかったです。

投稿: サーラ | 2013年8月 8日 (木) 16時28分

そだ!そだ!見た目じゃない
母ちゃんも逞しく生きている byコロッケ

>動物愛護法の罰則を厳しくして、懲役10年以上とかにしてほしいです
本当にそうですね。禁錮100年にしてほしいです

ピッピちゃんの大冒険は、まだまだはじまったばかり
辛い思いをしてきたのに、かわいい笑顔を見せてくれてありがとう(私にじゃないけれども^_^;)
応援しかできてないけど、がんばれーピッピちゃん!
使えるものなら、私の目をあげたいけれど(役にたたないね...)

投稿: コロッケの母 | 2013年8月 8日 (木) 17時37分

an太郎さま
ピッピちゃん、数日の間にとっても素敵な笑顔になりましたね。
きっとan太郎さんとしっぽの仲間のパワーです。
いつも、これからも応援しています!

投稿: aki | 2013年8月 8日 (木) 19時22分

こんばんわん!
もう、どこの〇〇′’医者・・・?
いい加減真剣にやってよぉ!!

なんて云いたくなりますよね。

我が家も昨年似たような出来事に合い、
薫(ゆき)に『ごめん』って空に向かって
云い続けています。

でも前向き行かないと薫に怒られちゃう(゚ー゚)

この為にここに越して来たしんだし
薫の子ども12才の『菜々と翔』を大事にしま~す。

お~っと保護わん、保護にゃんもですヽ(´▽`)/

an太郎さん、頑張って\(^o^)/

投稿: 3匹のちわわ | 2013年8月 8日 (木) 22時39分

★かぼすママさんコメントありがとう★
かかりつけの獣医さん、ピッピの足のレントゲンを撮ってないんですよ。
撮る必要ないって。これくらい獣医師なら触れば解るって。
もちろん今後、膝の手術が必要になればレントゲンも撮りますが。
でも先生の仰る通り、ピッピの足は重力に従って本当に下に伸びて来たんです。
びっこをひきながらではありますが、意外に上手に歩けるようにもなってきました。

眼の方はとほほ・・・なんですけどね(涙)


★Club Thomasの母さんコメントありがとう★
獣医さんによってこんなに診断に差があるのかとびっくりしています。
が、最初の獣医さんの診断は明らかに手抜きだったんだろうな、と思っています。
ダイちゃんも大変でしたね。
今は痛みは取れてるのですか?
わが家のかかりつけの先生は基本痛みどめは出されないんですよ。
痛みがなくなるとわんこは無理をしてしまうから、って言うのが理由なのですが、私もそれに賛成でして。
痛い時は動かない。安静に。シンプルだけど理に適ってるなぁって。
ダイちゃんも、母さんも、一緒に頑張りましょうね!


★茶あリーさんコメントありがとう★
私の周りのわんにゃんと暮らしている方は、結構多くの方がセカンドオピニオンを持たれています。
難しい手術になりそうな時は大学病院に紹介して貰ったり。
大学病院は民間獣医さんよりも金額もお安いですし。
私の掛かりつけの先生も評判は二分してますよ。
口や態度が悪かったりふざけてばっかりだったり^^;
あと治療費がお高かったり。
でも私は看護師として病変や治療方針について自分の考えを伝えることができるので、案外信頼しています。
茶あリーさんのわんこさんはチワワちゃんなのですね。
ちわわちゃんならではのお悩みなのでしょうか・・・。
でも都会は選択できる獣医さんがいっぱいあって、24時間やってるところや緊急外来もお有だから、とっても羨ましいです。

あ、こちらは連続1ヶ月35度ですよ~~~(涙)


★ふらっしゅままさんコメントありがとう★
温存できるものならしてあげたいとも思うのですが、すでに失明してるのであれば見た目にこだわるのは人間の傲慢なのかな・・・と思っています。
でも安易に答えを出すことでもないので、ピッピの体調を見ながら慎重に検討したいと思います。
保護されたコには眼のトラブルが多いですよね(涙)
最近時々お邪魔している保護ブログのシーズーちゃんは管理所の事故で失明してました・・・。
ピッピちゃんにはどんな未来が待っているんでしょうね。
ふらっしゅままさん、私は堀北真希ちゃんには似てないんですよ。
私が堀北真希ちゃんなんですよ。(←どあほう)

★タマさんコメントありがとう★
右眼はさすがに厳しい状況なのです。
あまりにも飛び出し過ぎてるので、感染しそうで怖いです(涙)
人間だったら金属製の眼帯で保護できるのですが、わんこにはそんなのないし、
あってもどうせ外してしまうだろうし。
時間が戻ればね・・・と私もつくづく思います;;

左足は何だかいい感じに伸びてきました!
もちろんびっこを引いてるけれども、それでも自分の4本足で歩けるようになったのが嬉しいらしくて、歩き始めの子どものように歩き回ってます(笑)

保健所の担当さんが獣医さんを教えて下さらなかったので、一応今回の誤診については獣医さんに伝えて下さるようにお願いしました。
次の被害患犬さんを出しちゃあなりませんもんね。


★ランランママさんコメントありがとう★
ですよねですよね^^
見た目なんかじゃありませんよね!
ピッピの右眼がなくなって、もしもそれに何かを言うヤツが現れたら〇〇(ぴー)してやりますもん!

ピッピのご開禁は、どうでしょう~。
未だに自分がピッピだと認識してません(笑)

ランランママさん、てっしゅは必要ないんですよ。
わんこずがペロペロ処理してくれますから^m^

★茜&あぐり&ぽっけママさんコメントありがとう★
なんと骨折なんてしてませんでした。
これをどう触ったら骨折と思えるのか分からん!と掛かりつけの獣医さんは怒り心頭でした。
保護したコは基本その日に獣医さんに連れて行きます。
管理所からやって来たコは、あの場所でどんな病気をもらっているか分からないので、病気の潜伏期間を考慮して2週間後以降にワクチンを接種して貰ってます。
でもピッピの保護は日向市だったので、獣医さんに間に合わず・・・。
それにその日に(誤診の)獣医さんに連れて行って下さっていたので私の気も緩んでました。

でもおかげさまで足の方はちょっと明るい兆しです^^


★サーラさんコメントありがとう★
ピッピ、ガリガリでしょう;;
最初の写真は毛がふわふわに見えますが、実は全て毛玉でして・・・。
時間をかけてようやくここまでカットできました。
カットしたら完全なねずみちゃんでした・・・。
2キロのシーズーってね(涙)
でも、足に負担がかけられないピッピにとっては2キロの体重が味方になりましたよ^^
これから体重と一緒に筋肉をつけていけば、足への負担が最少で済みますから。

たぶんブリーダーの放棄犬で間違いないと思います。
終身刑にしてやりたいです。

★コロッケの母さんコメントありがとう★
そですよね!そですよね!
見た目じゃないですよね!
ってこらこら。コロッケくんが言わないー。

動物愛護法、お役所の方とか警察の方とか知ってるんでしょうかね。
そう言えば。『お宅は相当犬臭いゴミ屋敷だそうですね?』とメールが来ました。
愛護法違反で警察とか保健所が来たらどうしましょう。
ブチ切れても良いですよね?(笑)
って話戻って、虐待や放棄は終身刑にしてやりましょう。


★akiさんコメントありがとう★
あ、そうでもないんですよ^^;
1日に何度かにこってしてくれるけど、その笑顔のほとんどがキッチンで。
飢えてたゆえの食いしん坊です^m^

ご飯が理由ではなく、心から楽しい~嬉しい~って思って笑ってくれるように、頑張ってお世話しますね。

投稿: an太郎 | 2013年8月 8日 (木) 22時45分

★3匹のちわわさんコメントありがとう★
ちわままさん、こんばんは。
こんなことってあるんですね(涙)
保健所の方もまさかこんなことになるとは思っていなかったと思いますが、
その後の対応にはかなりがっくりきてしまいました・・。

ご主人様の大好きだった薫ちゃんは、辛い経緯だったのですね。
でもちわままさんの仰るように、前向きに行くしかないですもんね。

私もピッピと頑張ります!

投稿: an太郎 | 2013年8月 8日 (木) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 負けてたまるか | トップページ | 共存共栄 »