« いよいよ | トップページ | 時に嫌になる »

2016年10月30日 (日)

不惑の四十代

担当者会議で患者さんご夫婦から乗組員への失望を頂きまして。

・・・実は想定してました。

Img_3109

70代後半の神経難病の患者さんご夫婦です。

ネットをされるので、良くも悪くも病気や薬についてのたくさんの

知識を持ってます。

今回自分たちで使ってみたい新薬を見つけて、主治医に我儘を

言って(なぜ我儘かと言うと主治医は反対してたから)、その薬を

処方してもらいました。

受診翌日の訪問時に乗組員に新薬を処方してもらったことを報告

して意見を求めたようです。

でも彼女は余計なことは言えないと考えて「先生の指示に従って

下さい」と伝えたとのことでした。

率直に悲しかった。

その場の雰囲気や、乗組員の話し方や声のトーン、患者さんご夫婦

の表情などが分からないから、その時点では指導はせずに、

『他にも寄り添い方があったかもよ』とだけ伝えました。

その後も乗組員たちに新薬について見解を求めたけど、欲しい返答

はなかったようで、誰も親身になってくれなかったと失望に至ったよう

でした。

Img_3108

患者さんに寄り添うことの当り前さは充分に伝わっていると思って

いたのに。

これはいよいよ雷を落とすレベルですから、朝のカンファレンスで

異議を出しました。

半分の乗組員はふてくされて訪問に出てしまったけど、一番若くて

新しい乗組員が「自分たちがお願いして出してもらった薬の相談を

されても私には答えられません。答えられるのは医者だけです。

私たちには医者の知識も必要ってことですか?」とぶつかって

きました。

私も当然、患者さんご夫婦から新薬についての相談を受けました。

なのでね、

『今まで使ってきた薬とは効き方に違いが出てくるかもしれないし、

想定していなかった症状が出てくるかもしれません。最悪今まで

効いていたことが効かなくなったり、逆に今までになかった良い

効果があるかもしれません。この際、良い効果は問題じゃないので、

もし想定していなかった症状が出てもその都度対処できるか、想定

していなかった症状に落ち込んだり後悔したりしないか、その自信が

持てた時に新薬を使ってみたらどうでしょう?』

とアドバイスしました。ついでに、

『もしも今まで良くなっていたことが新薬を使ったことによってまた

降り出しに戻ってしまっても、私たちが付いてるじゃないですか。

その時はまた一緒に乗り越えましょう』

と伝えました。

患者さんご夫婦は「それを聞いて安心しました」と涙ぐみつつ満面の

笑顔を見せてくれました。

と、ぶつかってきた彼女に伝えたら、涙をぽろぽろ流してました。

これが私たちの仕事なのよ。

患者さんたちは薬効や副作用について聞いてきたわけじゃない。

新薬を使うべきか使わざるべきかの判断を求めてきたわけでもない。

いつでも本質は単純です。

私たちの使命は、ただただ患者さんに寄り添うことだけです。

Img_3103

うちの家、オーブまみれ・・・。

Bbg  本質を見極めないから患者さんを迷わせる

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村 そして自分も迷ってしまう



くらやんさん・・・いえいえ、これから整地をして測量をして、と着工は

          年末ギリギリらしいです。

          お股のコはさて誰でしょう^^

ふらっしゅままさん・・・あ、そこに食いついて下さいますか(笑)

          無事に土地の契約ができてひとまずほっとしてます。

          でもこれからが本番です。がんばります。

|

« いよいよ | トップページ | 時に嫌になる »

コメント

看護師さんは、患者さんにとってカウンセラーのような存在でもあるのですね。
本当に大変なお役目ですよね・・・
確かにうかつなことは言えないし・・・ってなるのもわかります。
そういうことも大事なんだな~って、今日思っていたところでした。
この記事を娘にも読ませます。
色々勉強になります。
どう感じるかな・・・

投稿: かぼすママ | 2016年10月31日 (月) 00時00分

ぽにょちゃん、可愛いですね~。
お洋服着てる( ̄∀ ̄)
可愛いおばあちゃんです♪
仕事の内容のブログを和らげるいい仕事をしてくれますね。

投稿: くらやん | 2016年10月31日 (月) 09時05分

ただ寄り添うことのむずかしさ
普通にしてたって
人の気持ちに寄り添うことは難しい
苦しみ、痛みと迷いと不安・・・
さまざまなことに悩む患者さんに
寄り添うという
尊い尊いお仕事・・・
感謝と尊敬です
かぼすママさんのお嬢様!素晴らしい!
応援しまーす!
看護師さんの一言って
心に響くものなのよね~
時には医者の言葉よりも・・・

投稿: ふらっしゅまま | 2016年10月31日 (月) 09時08分

寄り添うことの難しさを、理解できてないと。
的はずれになり、患者さんが混乱します。
私は、この看護師さんは、この程度の話まで。
この看護師さんは、適当で大丈夫と。
色々と、使い分けれるようになりました。
その人、本来の気質は変わらないから。
寄り添う、簡単なようで、一番難しいことです。
何を、今、患者さんが求めているのかを、察知する。
とでもいうのでしょうかね。。。
私は、この看護師さんは、ダメだと感じたら。
もう、スルーするようにしています。
そうしないと、自分のことは守れない。
相性の問題もありますからね。
患者の立場からの意見として、コメントしました。
きつい言い方でしたら、ごめんなさい。

投稿: はつめ | 2016年10月31日 (月) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ | トップページ | 時に嫌になる »