« あの日 | トップページ | かぞく »

2017年1月 6日 (金)

もう少しだけ

決して、冷静などではなく。

ピーちゃんが死んじゃうと泣き叫んでみたり、人口呼吸をして

みたり、心臓マッサージをしてみたり。

冷静になったのは、心臓と呼吸が完全に止まってからだったと

思います。

Dsc_1711

ピーちゃん、あたらしい年の夜明けだよ。

陽が昇り始めてから急激な睡魔に襲われて、シーツにくるんだ

ピッピを抱きしめたまま寝てしまいました。

はっと目が覚めたら、いつものように左腕の中で寝息が聞こえた

から、ああ夢だった、と思ったのも束の間で、ピッピをくるんだ

シーツが目に飛び込んできました。

いつもは右腕にいるぽにょがいつの間にか左腕に入り込んでた

だけでした。

Img_3368

現実だった。

元旦は訪問が入ってたのに、キャンセルになりました。

ピッピが私と一緒にいたがってる、そう思いました。

だから1日中ピッピを抱いて過ごしました。

人が見たら気が狂ったと思っただろうな。

でもピッピを離したくなかった。トイレに行く時も何をする時も。

元旦の夜もみんなで一緒に寝て、2日のお昼に仕事から戻って

葬儀社に電話をしたら、涙が止まらなくて聞かれてることにすら

答えられなくてびっくりした。

なんとか3日の火葬をお願いしました。

ご遺体と一緒にいるのが辛ければ今日の方が・・・と言って

くれたけど、もう1日、もう1日だけ、ピッピと一緒に過ごさせて

下さい。

Img_3387

プーちゃんとオーちゃんがピッピから離れなかった。

Img_3386

ずーっと寄り添ってくれていた。

わたしたち、みんなでひとつだったね。



|

« あの日 | トップページ | かぞく »

コメント

写真見てたら、泣けてきます
きっと通じるものがあるんですね

投稿: RUN | 2017年1月 6日 (金) 14時59分

an太郎さん、もう少し…でなくていいですよ。
ピッピ子ちゃんの思い出話もたくさん聞きますよ。
an太郎さんが楽になるなら、もう少し聞かせてください。

投稿: くらやん | 2017年1月 6日 (金) 17時06分

人から見たら狂ってると思われるような行動なんて
誰もがしてますよ・・・
誰にも迷惑かけてないし、少しでも長くひっついていられてよかったですよね。

いつもいっしょに過ごしていたみんなも、寂しくなりますね・・・

投稿: かぼすママ | 2017年1月 6日 (金) 21時18分

オーちゃん プーちゃん いい子だね〜。
母さんの事 お願いね。ただ そばにいるだけでいいんだからね。

投稿: ランランママ | 2017年1月 6日 (金) 22時32分

もし近くにいたならギュ~ッて抱き締めてあげたい(嫌だと思いますが…)。
存分に悲しんでくださいね。an太郎さんの親衛隊(古いッ!!)は、そんなところも大好きなんです。ピッピちゃん、お母さんを見守ってあげてね。

投稿: ウサ子 | 2017年1月 7日 (土) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あの日 | トップページ | かぞく »