« 愛しいピッピ | トップページ | もう少しだけ »

2017年1月 5日 (木)

あの日

大晦日も腹ペコ番長でした。

夕方仕事から戻ったら、いつものように一番大きな声で出迎えて

くれて、おやつを食べて、夜ご飯を食べて。

ただ2階に連れて上がる時に、いつもは置いてかれたら大変だって

一番に飛びついてくるのに、あの日はちょっとぼーっとしてて、

それでも2階に上がったらちゃんと2階のおトイレでチッチをして

自分でジャンプしてベッドに飛び乗って。

4時27分、むせ込むような咳が聞こえてきて、てっきりハル君だと

思ったら、ピッピでした。

さすってもさすっても治まらなくて、その内に呼吸困難になって、

ハンカチでお水を口に入れるとちょっとましになるけれど、またすぐに

呼吸困難になって。

体をさするためにベッドに寝かせたら、嫌だ嫌だ抱っこして抱っこして

って渾身の力でしがみついてきたから、バスタオルで包んでぎゅーっと

抱きしめました。

6時間前まで元気だったピッピに何が起きてるのか分からなかった。

でも、過呼吸で体にも脳にも酸素が入ってないことは分かったから、

もうピッピは助からないって分かったから、

たくさん話しました。

出逢った時のこと。これまでのこと。一番大好きだったこと。

悲しいけれど悔しいけれど母さんはピーちゃんを助けてあげられない。

だからもう苦しまないで。今までありがとう。助けられなくてごめんね。

短い間だったけど母さんのコになってくれてありがとう。助けられなくて

本当に本当にごめんね。

長く苦しい1時間半後に、呼吸が止まって、追いかけるように心臓も

止まりました。

バスタオルの中にチッチやンコが出てしまったから、きれいにしようと

ベッドに寝かせたら、また心臓が動き出して苦しい呼吸が始まって。

そうかまだ抱っこしてて欲しいんだね。って抱きしめてしばらくしたら

また全てが止まって。

それを3回繰り返しました。

ピーはまだ死にたくないのよぅ。ずっとずっとこのお家にいたいのよぅ。

そう言ってる気がしました。

ピーちゃん、またすぐに帰っておいで。今度はもっと早く帰っておいで。

母さんともっともっと一緒に暮らそう。いっぱい笑っていっぱい走ろう。

いっぱいいっぱいぎゅーしよう。

母さんは絶対にピーちゃんを見失わない。すぐに分かるから。

そう伝えたら、もう戻って来ることはありませんでした。

Img_2049

|

« 愛しいピッピ | トップページ | もう少しだけ »

コメント

ピッピ子ちゃん、幸せだったですよ。
an太郎さんの腕の中で、たくさんの言霊を聞いてたんですね。
○○○よぅって言葉ももうきけなくなるのが寂しいです。

投稿: くらやん | 2017年1月 5日 (木) 16時02分

そんなに急に・・・
だけど、母さんがしっかりいてくれる時間を選んだんだね。

姿形は見えなくなっても、魂はずっといっしょですからね。

投稿: かぼすママ | 2017年1月 5日 (木) 21時10分

深い深い愛に満ちた言葉のシャワーを浴びながら
ピーちゃん、逝った・・・
すぐ帰っておいで
母さんが直ぐ見つけてくれる・・・
その言葉に目から水が溢れました
「あの日」を教えてくれて
有り難うございました
早く帰ってきてね、大大大好きなピッピちゃん

投稿: ふらっしゅまま | 2017年1月 6日 (金) 08時26分

そうだよ。すぐ帰っておいでね。

投稿: ランランママ | 2017年1月 6日 (金) 10時28分

ピッピちゃん、またね~。
早く戻って来てね~。ありがとう。少しの間、さよなら!

投稿: ウサ子 | 2017年1月 6日 (金) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛しいピッピ | トップページ | もう少しだけ »