« 私らしく | トップページ | 大騒ぎ »

2018年4月 9日 (月)

看護の力

これまで何十人の精神疾患の患者さんと関わってきて、

何となくひとつの法則に気付いたんですよ。

『感謝できるかできないか』

精神症状は持ちつつも、社会と関わることができてたり、

家族との関係を何とか築くことができている患者さんたちは皆、

感謝することを知っているんです。

人に対して、物に対して、気持ちに対して、感謝するんです。

精神状態がよくなったから感謝できるようになったとは思えない。

感謝できるようになったから精神状態も安定してくる、

そんな気がしてならんのです。

精神状態が安定してきても、感謝しない人はずーっとしない。

不満の対象がなくなっても、また新たな対象を見つけて文句を

言ってる。

自分が良くならないのは病気を治してくれない医者のせい。

制度を整えない国のせい。そして終いには、神さまのせい。

そして結局また精神症状が再燃する。

精神疾患の治療に『感謝する』っていうプログラムを入れれば

いいのに。

とりあえずうちの事務所では始めました。

これを堂々と事務所のブログに書けるようになったら、

私も、うちの事務所も、またひとつ大きく成長できるんだろうな。

今はまだ確信も自信もないから、ここに残す。

Img_4480

ソファの穴を上手に隠すように寝ているチャー坊。

なぜ片足を上げているのかと言いますと、

Img_4484

そこに相方のリロ坊が入りこむ仕組みになってるからです。

Bbg  もう少しデーターが集まったら論文を書こう

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村 看護の力をどこまでも追及するのだ

|

« 私らしく | トップページ | 大騒ぎ »

コメント

おっしゃる事が
腹にストンと落ちました。

投稿: 大橋 | 2018年4月11日 (水) 23時34分

す、素晴らしい!
日頃、なんとなく思っていることが
BBGブログで文章化されていたっ!
そうだ、
そうなんだ!
「感謝する」プログラムは
地球すべての地域の人間に
大きく作用すると思うのだす。
「感謝する」プログラム
論文が楽しみです
毎日の あらゆる事象、あらゆる現象に
「感謝する」プログラム
ひっそりと自分自身で検証いたします
いつも、奥深い啓発を頂き、
BBGに感謝です
an太郎母さんに感謝感激、感動の嵐ですm(_ _)m

投稿: ふらっしゅまま | 2018年4月12日 (木) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私らしく | トップページ | 大騒ぎ »