« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月の4件の投稿

2019年3月23日 (土)

舐められている

10日ちょっと前に、

Dsc_0552

我が家の汚れた玄関に神様が舞い降りた。

Dsc_0556

中には新鮮なお野菜と、
クッキーと。
まだまだあります。が、また次回。

さてさて。

Dsc_0564

今回改めて、集団心理の恐ろしさを実感しました。
あ、前回、全員が辞めると書いたけど、訪看スタッフの話です。
医療事務ちゃんも施設スタッフも辞める予定はないのでそこはご安心を。
何なら、今回の大騒動の発端の元ケアマネは、1月末で退職だったのに
いまだにずるずると毎日事務所に来てますし。

ただね、もしも訪看STを閉鎖することになったら莫大な運営費は
賄えないので会社を閉じるしかなく、事務ちゃんも施設スタッフも
不安な日々だと思います。

Dsc_0566

1人が辞めると言い出した時、皆が不安に襲われたのは想像に難くなく。
じゃあ私も私もってなったのも容易に想像できるわけで。
でもちょっと冷静に考えたら、それが社会人としていかにくず(…失敬)な
行為かってのも容易に想像できたはずだけど。

Dsc_0570

スタッフが1人減り、また1人減り、と事務所が広くなったので、
それを感じさせないように、毎週末にデスクや事務用品の配置換えを
またまた1人で頑張った。
と同時に、抜けたスタッフの穴を自分で埋めながら粛々と訪問を続けた。

Dsc_0571

そんな中、今月末で退職する子が、退職を取り消したいと言ってきた。

何度も説得したのに、「患者さんへの想いはないし、会社がなくなるかどうか
は自分には関係ない。大切なのは自分の生活だけだ」と言い放った子が。

退職届を出したあとに妊娠が分かったそうですよ。
新しい職場に妊娠を伝えたら内定取り消しになるかもしれない。
もともと悪阻が酷いから、新しい職場に迷惑はかけられない。
うちなら休みは多いし、所長さんなら優遇してくれるかなと思って、と。

Dsc_0572

退職を取り消せると信じて疑ってない彼女があまりにも滑稽でね、
怒りや屈辱を通り越して思わず笑ってしまった。

妊娠おめでとう、ってちゃんと笑顔で言ってあげた。

もちろん、予定通り退職してもらうけど。

Dsc_0565_1

実は退職待ちの他のスタッフも、このまま残ってもいい、と言ってきた。
集団心理の気持ち悪い魔法が解けてきたってのもあるけど、
一番最初にうちを去った子が、うちより条件の良いところはなかった、
退職を早まった・・・と言ってきたことも理由だろうな。

この3カ月間、ほんっとうに地獄の日々だった。
今さら残ると言われたって、やーんありがとう、なんて気持ちには
さらさらならない。
なれない。
ので、皆にはやっぱり辞めてもらう。
もう一度、やり直したいのです。
今は砂を噛む思いで色んなものを手放すことが、最良の選択なのです。
きっと・・・。




Bbg     どうして私はこんなに舐められるのか


にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ     鬼軍曹なのに・・・
にほんブログ村




ウサ子さん・・・正直もう転ぶのはごめんなんですけどね^^;
         うちの子たちの長寿指数はちょっと自慢です^^

咲く子さん・・・守っているようで実は私が守られてると言う^^
         ようやく、全員が敵でも私大丈夫、って思えるように
         なってきました。
ふらっしゅままさん・・・宙船を作った時の気持ちを思い出してます。
              自分が働きやすい環境を貫いてれば、いつか
              共感してくれるスタッフに巡り合えると信じます。

| | コメント (8)

2019年3月16日 (土)

復活の狼煙

2013年の1月25日に管理所からレスキューしたがっくん、

Dsc_0588

推定3~5歳だったので、間をとって推定10歳になりました。

.

.

2008年の2月20日に、預かりボラで引き受けたリロと、

Dsc_0576

チャーリーブラウン、

Dsc_0590

生後20日位だったベビズも揃って仲良く11歳になりました。

.

.

2012年の2月28日に管理所からレスキューしたハル君、

Dsc_0587

推定13歳だったので、まさかの推定20歳になりました。

.

.

2006年の3月26日に「いつ里」から家族に迎えたオーちゃん、

Dsc_0591

とうとう、とうとう、13歳になってしまいました。

みんな、母さんのだいじだいじ。

人間だから、ついつい先の先のことまで考えてしまうけど、

大人として、社会人として、もちろんそれはとても重要なことだけど、

今はただ、目の前の『今』だけを大切にしよう。

1日1日に感謝しながら、大切な毎日を積み重ねていこう。

Bbg  ちなみに5月にはプーちゃん16歳、

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村 ぽにょさん推定18歳、けんちゃんは7月に推定12歳。







咲く子さん・・・目に見えないところで寄り添って下さっている方がいて

        私しあわせ^^ どうもありがとうございます。

        おかげさまで、気持ちだけはリフレッシュできてます(笑)

ふらっしゅままさん・・・この2ヶ月間、私もずっと人のつながりについて

        考えてました。この度、ああ、私ってやっぱり舐められて

        いるんだなぁと実感するプチ事件がありまして。

        これからは今まで以上に鬼軍曹でやっていきます。

        だって私の船ですからね^^

ももとかの母さん・・・一度吹っ切ったら、これまでしがみついてたもの

        が無意味なものに感じられるようになってきました。

        信念さえ失わなければ、やり直せるものみたいです^^

ウサ子さん・・・ご心配をおかけしてすみませんでした。残念だけど、

         下宿もろもろは失ってしまうかもしれませんけども。

かぼすママさん・・・5年かけて築いてきたものを失うには勇気が必要

         だったけど、本当に必要なものなら何年かかっても

         また作り直せばいいやと思えるようになってきました。

         7転び8起き・・・あと3,4回は転ぶってことかな(笑)

| | コメント (3)

2019年3月 9日 (土)

時代

ご心配をおかけしたことをお詫びします、すみまめん。

もうずーっと、寝ちゃ起き寝ちゃ起きで船酔い状態の日々でした。

けど、この1週間は爆睡の日々に戻りました。

改めまして、ご心配をおかけして本当にすみまめんでした。

Dsc_0545

さすがにね、悪口くらいではそこまで落ち込みませんよ。

ずたぼろだったのはスタッフがみんな辞めると言いだしたこと。

これまでずっと会社の困ったことも嬉しいことも共有してきました。

困った時にはみんなで一緒に乗り越えて欲しいという願望が

あったから。

でもそれは勝手な願望で、スタッフにとっては迷惑なだけだった。

昨年末から起きてた色んな「困った」をその都度報告してきたことで

スタッフたちは不安と焦りを募らせていただけだった。

スタッフの1人から訪看を閉鎖してもらうしかない・・・と言われた時は

驚きと悲しみを通り越して、座ってたイスを振りかざしそうになる衝動

でいっぱいでした。

恐れ多くも目の飛び出るような借金ができたのは、ずーっと訪看を

やってくことが前提だったから。

訪看がなくなったら破産ですよ。

BBGメンバーズと暮らすこの家も失ってしまうんですよ。

そりゃ眠れなくなりますよね、ね。

Dsc_0546

スタッフが辞める以上は今の患者さんをとうてい看きれないから、

状況説明の為に患者さんちを訪問した時に、「こうなると思ってた。

所長さんの悪口を言うようになってたから」と聞かされたのでした。

その流れで他の悪口もいっぱい聞いてしまったのでした。

でももう吹っ切れた。

逆にこれで良かったんだと思えるようになってきた。

色んなものを失ってしまうのかもしれないけど、失うからこそまた

新たに手に入れることができるものもきっとあるはず。

BBGメンバーズにはまたしばらく淋しい想いをさせるけど、ちゅーは

いつもの10倍増しだからね。

Dsc_0547

喜べ喜べ。

Bbg  願わくば、看護師さんが見つかれば。。。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村 希望と期待だけは失わず。。。


ウサ子さん・・・道を外れていたことはちゃんと分かっていたんです。

       でも色んな問題が絡まりあってて。

       ちなみに休みもお給料も市内一でしたよ。もちろんボー

       ナスも。全部スタッフに還元してきましたから。私には

       全く残ってないくらい。年休も自由に使わせてきたしなぁ。

       でももう大丈夫です。全てを失ってもまた一からやり直し

       ます。私、強いこ(笑) どうもありがとう。

RUNさん・・・私以外のみんなではコミュニケーションが取れてたよう

       ですけどね。ダメじゃん(苦笑)

       RUNさんの優しさ、ちゃんと届いています。ありがとう。

咲く子さん・・・自分の過去を振り返ってみても集団で何かをしたって

        記憶がないので、そんな子供じみた大人たちがいること

        に正直驚きました。

        私ほら、365日24時間体制で緊急コールを持っている

        ので服薬はできないんですよ。患者さんの命を託されて

        いますから。

        咲く子さんも辛い経験を乗り越えられたのですね。

        私もがんばろう。心配して下さってどうもありがとう。

まめこさん・・・そんなに前からのお付き合いですか。どうもありがとう

         ございます。広島の土砂災害、大変でした。お見舞い

         申し上げます。お父さんとお母さん、体調はいかがで

         しょうか。

         私も全く裏を読まない訳じゃないんですよ。ちゃんと

         疑ってかかることもありますよ。

         まめこさんも、見ず知らずの私を文章だけで純粋だと

         思って下さったんですよね。信じてはダメですよ~^^

         これでも腹黒なんですよ~。

         でも勇気を貰いました。どうもありがとう。

桜さん・・・移植した八重桜、実は見事に枯れました><、けど、

      あの時のワクワクを思い出しました!

      エールもありがとうございました。私は1ミリも素敵では

      なくて、自信ももともと持ってないのですが、頑張ります。    

ふらっしゅままさん・・・私への不満があったなら、それは患者さんに

       ではなく直接私に言うべきだよなぁって話ですよね。

       患者さんたちが喜んで聞いてたとしても、それが自分の

       品位を貶めている行為だと気付いていないことも愚か

       だと思うのです。訪問先でペラペラおしゃべりをしている

       訪看なんて、訪看をやる資格はないと断言したい(笑)

かぼすママさん・・・噂されてる内容の一部はでたらめだったので、

       ああ、あの人はそんな嘘を言う人だったのか・・と驚くやら

       むかつくやら(苦笑)

       経営者をやるのは初めてなので、完璧は無理だと諦め

       ます。でないと、身が持たない・・・。

上田順子さん・・・かなりの営業妨害を受けていたものです(苦笑)

      それでも5年間もやってこれたのは、悪い噂をものともせず

      にお付き合い下さった関係機関の皆さまのおかげです。

      私の為に悔しがって下さってどうもありがとうございました。

ももとかの母さん・・・はい!おかげさまでうーちゃんはすこぶる良好

      です。すっかり手作りご飯に目覚めたらしく、ご飯の催促が

      凄いです^^ 

      私ごときを妬んでどうする・・って思うけど、私ごときだから

      妬まれるのでしょうね。たいしたやつじゃないくせに、って。

      なんだかいっぱい道を踏み外してました。もちろん今も

      踏み外し放題なのだけど、あとはもう天命に任せようと思い

      ます。心配して下さって、どうもありがとう。

棗さん・・・身に余るような素敵なお言葉をどうもありがとうございます。

      鋼のメンタルは時にやっかいです。逃げ出すことを許して

      くれませんから。

      でも叩かれて叩かれてもっと強くなれるなら、それも悪くない

      なぁ、と。

      棗さんは難病をお持ちですか。お辛いこともあると思います

      が、どうぞ周りの方に甘えて下さいね。どうもありがとう。

 

 

 

 

 

| | コメント (5)

2019年3月 2日 (土)

知ったら地獄

曲がりなりにも社長なら、例え個人ブログとはいえ書いていいことと

悪いことがありますよ、と見ず知らずの方からご批判を頂きました。

会社のHPのお問い合わせフォームから。

そうですか、このブログも会社のHPもご覧になっているのですね。

お返事しなくてすみません、とここでお伝え致します。

そしてまた書きますけど、許してね。

Dsc_0540

3日3晩眠れなくて、さすがに4日目は眠れるだろうと思っていたのに

その4日目もほとんど眠れなくて、というヤケッパチな日々です。

自慢の鋼のメンタルは鉄屑のようにボロボロと崩れてしまいました。

4年間訪問している患者さんの奥さんから、○○さん(←私)変わった

らしいじゃない・・と言われ、別の患者さんのご主人からも○○さん

には失望した・・と言われ、恥を承知で理由を聞いたら、まあああ

出てくる出てくる私の悪口。

確かに別の患者さんからも同じことを言われて、あの時はスタッフが

泣いて潔白を訴えたから信じたのだけど、やっぱり嘘だったよう。

すっげえかっこ悪い私。

Dsc_0541

そこまで嫌われてるとも知らず、スタッフに負担をかけないようにと

土曜の午後と日曜は1人で出勤し、24時間対応も365日1人でやり、

夏休みを1週間あげたあとにも交代で秋休みを3日間ずつあげ、

年末年始ももちろん1人で対応し、って頑張ってたつもりだったけど、

スタッフからしたらそれは頑張りでも何でもなくて、所長なんだから

当たり前くらいのものだったのか。

あいつにさせてればいいよ、くらいのものだったのか。

そんなどん底の中でね、ここ2年くらい連携してたケアマネさんから

さらにどん底に突き落とされまして。

5年前に独立した時から最悪の評判だったらしいです、私。

酷いやり方で患者さんを集めていると散々な評判だったらしいです。

なので仲良しのケアマネさん同士、うちは使わないようにしようと

話し合ってたらしいです。

すぐに潰れるかと思っていたのに潰れないどころか新しい事業まで

始めて、やっぱり噂は本当で、酷いやり方で患者さんを集めている

と噂に噂が上塗りされていたのだと。

そこまで言われ放題だったとも知らずに今日までこれたことは、

知らぬが仏だったのかもしれないけれど、もっと早く知りたかった。

知ってたら、目の飛び出るような借金なんかしなかったのに。

いつ潰れてもいいように最少人数で細々とやってきたのに、な。

Dsc_0542

そんな、平成最後の3月。

Bbg  ←貼る意味あるのか?

| | コメント (13)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »