« 復活の狼煙 | トップページ | 遅からず人を知る »

2019年3月23日 (土)

舐められている

10日ちょっと前に、

Dsc_0552

我が家の汚れた玄関に神様が舞い降りた。

Dsc_0556

中には新鮮なお野菜と、
クッキーと。
まだまだあります。が、また次回。

さてさて。

Dsc_0564

今回改めて、集団心理の恐ろしさを実感しました。
あ、前回、全員が辞めると書いたけど、訪看スタッフの話です。
医療事務ちゃんも施設スタッフも辞める予定はないのでそこはご安心を。
何なら、今回の大騒動の発端の元ケアマネは、1月末で退職だったのに
いまだにずるずると毎日事務所に来てますし。

ただね、もしも訪看STを閉鎖することになったら莫大な運営費は
賄えないので会社を閉じるしかなく、事務ちゃんも施設スタッフも
不安な日々だと思います。

Dsc_0566

1人が辞めると言い出した時、皆が不安に襲われたのは想像に難くなく。
じゃあ私も私もってなったのも容易に想像できるわけで。
でもちょっと冷静に考えたら、それが社会人としていかにくず(…失敬)な
行為かってのも容易に想像できたはずだけど。

Dsc_0570

スタッフが1人減り、また1人減り、と事務所が広くなったので、
それを感じさせないように、毎週末にデスクや事務用品の配置換えを
またまた1人で頑張った。
と同時に、抜けたスタッフの穴を自分で埋めながら粛々と訪問を続けた。

Dsc_0571

そんな中、今月末で退職する子が、退職を取り消したいと言ってきた。

何度も説得したのに、「患者さんへの想いはないし、会社がなくなるかどうか
は自分には関係ない。大切なのは自分の生活だけだ」と言い放った子が。

退職届を出したあとに妊娠が分かったそうですよ。
新しい職場に妊娠を伝えたら内定取り消しになるかもしれない。
もともと悪阻が酷いから、新しい職場に迷惑はかけられない。
うちなら休みは多いし、所長さんなら優遇してくれるかなと思って、と。

Dsc_0572

退職を取り消せると信じて疑ってない彼女があまりにも滑稽でね、
怒りや屈辱を通り越して思わず笑ってしまった。

妊娠おめでとう、ってちゃんと笑顔で言ってあげた。

もちろん、予定通り退職してもらうけど。

Dsc_0565_1

実は退職待ちの他のスタッフも、このまま残ってもいい、と言ってきた。
集団心理の気持ち悪い魔法が解けてきたってのもあるけど、
一番最初にうちを去った子が、うちより条件の良いところはなかった、
退職を早まった・・・と言ってきたことも理由だろうな。

この3カ月間、ほんっとうに地獄の日々だった。
今さら残ると言われたって、やーんありがとう、なんて気持ちには
さらさらならない。
なれない。
ので、皆にはやっぱり辞めてもらう。
もう一度、やり直したいのです。
今は砂を噛む思いで色んなものを手放すことが、最良の選択なのです。
きっと・・・。




Bbg     どうして私はこんなに舐められるのか


にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ     鬼軍曹なのに・・・
にほんブログ村




ウサ子さん・・・正直もう転ぶのはごめんなんですけどね^^;
         うちの子たちの長寿指数はちょっと自慢です^^

咲く子さん・・・守っているようで実は私が守られてると言う^^
         ようやく、全員が敵でも私大丈夫、って思えるように
         なってきました。
ふらっしゅままさん・・・宙船を作った時の気持ちを思い出してます。
              自分が働きやすい環境を貫いてれば、いつか
              共感してくれるスタッフに巡り合えると信じます。

|

« 復活の狼煙 | トップページ | 遅からず人を知る »

コメント

ほらほら、真実がだんだん見えてきましたね~
しかし、社会人としての常識とかないんですね~
an太郎さんのこと何だと思っているのか?
甘えてるんですね~
年度末ですし、新年度から新たに仕切り直したいという方がきっといらっしゃるだろうし、今度こそ志が同じ方が来てくださるといいですね(*^-^*)

投稿: かぼすママ | 2019年3月24日 (日) 00時06分

他人の不幸の上に幸せは築けない
築いてはいけないというより
築けないのです
船長の地獄の日々は
必ず意味を持って
より善い御縁を引き寄せてくれると
信じています
船長の血を吐くような辛い日々は
船長の熱き血潮を理解する
本当の同志を引き寄せるための
必要不可欠な試練だったのかも
あまりの辛さに
普通なら皆しっぽを巻いて退散するけど
真の勇者an太郎船長は
負けないのだ!
BBG万歳!
宙船バンザイ!
どうか、お身体に気を付けて・・・

投稿: ふらっしゅまま | 2019年3月25日 (月) 08時19分

なんとまぁ…
恥ずかしい大人が…

自己中って、こういうスタッフの方々の言葉なんのかしらと思ってしまいました…

必要な人材って、責任感のある人、看護に熱い思いを持っている人だと思いました。


an太郎さんの支持者より?

投稿: 咲く子 | 2019年3月26日 (火) 23時42分

こんにちは
an太郎さんがまだ大阪にいらしたときから、an太郎さんの同年代独身動物好きなところに親近感&行動力とそれを支えるパワーを尊敬しながらず~~~っとブログを拝見してました。

お仕事柄人員不足は本当に大変なことだと思いますが、人に甘えて頼ることばかり上手な人間との決別は、精神的に絶対プラスになると思います。
最後は思わず「英断だ!」と口にしてしまうほど感激しました。
しかしどの面下げてこんな図々しいこと言えるんだろう……

投稿: たもこ | 2019年3月27日 (水) 12時58分

いい年した大人がね(笑)
自分の考えを、しっかり持てよ(笑)

「患者さんへの想いはないし」ですって?
私は、イチ読者だけれど
そんな事は、1度も思った事ないです!!
ボラで動いていた事も、いっぱいあったじゃないですか!!
関係ないけど、なんか悔しいっ

体を壊さない程度に、頑張って下さいね。

投稿: RUN | 2019年3月30日 (土) 16時11分

いい年した大人が、自分の考えをしっかり持てよっ!って感じですかね(笑)

「患者さんへの想いはないし」って?
私は、ブログを読んでいるだけですが、
1度もそんな事思った事ないです。
ボラで動いていた事も、何回もあった
じゃないですか…なのに?

一生懸命していたら、ちゃんと見てくれている人はいますから!

体壊さない程度に頑張って下さいね!

投稿: RUN | 2019年3月30日 (土) 22時49分

お給料でなく、休日の多さで選ぶのではなく。

an太郎さんの看護理念を理解してくれる人がきますように

投稿: はつめ | 2019年4月 2日 (火) 14時56分

an太郎さま
こんにちは。
ずっと何とコメントしたら良いか、考えていました。
本当に大変でしたね(今も、ですね)。

皆で辞めちゃうなんて、利用者さんの事はどうでも良いのかな?などと想いを巡らせておりました。

何のために働くのか。
私はやはり「はたを楽にする」為かなと思います。
収入はその結果。
もちろん生活にお金は必要ですが。

全て上手く行きますように。
お体ご自愛下さいね(^^♪

生まれも育ちも広島のakiより

投稿: aki | 2019年4月 5日 (金) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復活の狼煙 | トップページ | 遅からず人を知る »