« 2019年5月 | トップページ

2019年6月の4件の投稿

2019年6月16日 (日)

ありがとう

ハル君が逝ってしまった日の夜は、ろうそくとお線香を焚きながら

朝まで一緒に過ごすことにしました。

翌日はOTさんの面接と担会1件の予定だけだったから寝不足は

問題ないと思って。

心のどこかで覚悟はしていたけれど、実際にその時が来てしまうと、

やっぱり常軌を逸してしまいます。

心が痛くて張り裂けそうなのに涙は出なくて、愛おしさだけが

込み上げる。

冷たくなりゆく顔や体をなでていると、直前まで聞いていた声や

しぐさや匂いが思い出されて、口元が緩んでいる自分に気付く。

私はおかしくなったのだろうか。

心と脳がバランスを崩して、現実を理解することを拒否している

のだろうか。

4時過ぎに、濃紺に染まっていた水平線の方角が白み始めて、

オレンジ色と濃紺が混ざって紫色に見え始めた頃、眠ってしまった。

レギュラーで5時半にセットしているスマホのアラームで目が覚めて、

ようやくいっぱい涙が出た。

死ぬほど泣いて、泣いて泣いて泣きつくした。

Img_2727_1  

母の夢を見たんです。

前半はちょっと省略して後半、家に帰ると言ったのか旅行に行くと

言ったのかは定かではないけれど、荷物を持った母を空港に

送っている時に、「(航空)券がない」と母が言いだした。

「どこに入れたとね」

「憶えてないとよ」

「なんでちゃんと準備してないと!」

と私がひとり怒りながら母のバッグの中を探していたら、

いつの間にか空港にいて、グレーの背広スーツを着た背の

高いスラっとした5,60代の男性と、2,30代の若い女性が

母と一緒にいて、母が、「あ、お母さんは券はなくても良かった

っちゃ」と笑いながら3人で歩き出してしまって。

「ちょっと待って。そんなわけないじゃん」と大声で叫んで引き

止めようとしてるのに声が出なくなって、そしたら一緒にいた

男性が振り向いて、優しく穏やかに頭を下げてくれました。

優しく優しく微笑んでました。

女性の顔は全く見えなかったけど、白いワンピースがひらひらと

揺れていて、ふわふわと跳ねるように一緒に行ってしまった。

ところで目が覚めた。

Dsc_0555  

背の高い男性はハル君で、白いワンピースの女性はピッピ子ちゃん

だったと思う。

母とピーちゃんがハル君を迎えに来くれたのだと思う。

確信しかない。

だから私は安心して、泣いている。

Dsc_0520   

ハル君ハル君、だらしなくてへっぽこな母さんを支えてくれて

ありがとう。

いつでもただ優しくて、ありがとう。

心配ないよ、と教えてくれて心からありがとう。

Bbg_8  ただの夢でも思いこみでもない。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ だってハル君が7・3分けのメガネをかけた公務員風男性
にほんブログ村 だなんて微塵も想像できないもん。

 

 

 

 

| | コメント (6)

2019年6月14日 (金)

小さくて大きな巨人(犬)

捨てられたことがショックだったのか、大好きだったお父さんお母さんと

離れ離れになったことがショックだったのか、山の中の管理所で7日間

過ごしたのちに引き出したハル君は今にも死にそうでした。

それでもみるみる元気になって、

Img_0078

すっかり母と仲良しになってしまって、

Img_9923

そのまま家族になりました。

Img_0418

とっても穏やかなのに物怖じしないコで、

Img_0419

BBGメンバーズを空気のように受け入れて、

BBGメンバーズからも空気のように受け入れられて。

Img_3678_1

今は亡きピッピ子ちゃんを初めて実家に連れて行った時も、

Img_3675_1

初めて会ったとは思えない寛大さで、

Img_3680_1

実家を案内して回って、自分のベッドやおもちゃを次から次に

ピッピ子ちゃんに貸してくれたり。

Img_4559

母の体調が芳しくなくなってBBG家にお引っ越ししてからも、

Img_4558

遊びに来る母に抱っこされることを心の底から喜んでました。

Img_4418_1

私が抱っこしても、こんな顔はきっとしてなかったもの。

 

 

先週くらいからほんの少しだけ食欲が落ちていて、

それでもご飯の前は誰よりも大きな声で大騒ぎして、

13日の朝も大きな声で「おい母さん、ハル君にご飯じゃご飯じゃ」と

大騒ぎをして、夕方私が帰宅した時も「おい母さん、ハル君におやつ

じゃおやつじゃ」と大きな声で催促してくれて、でも夜ごはんになったら

「ハル君はそんなの食べん」とぷいっとしてしまったので、私用のロール

ケーキ一切れとミルクボーロをあげたらしゃくしゃくと音を立てながら

おいしそうに何個も食べて、それから数時間後の夜10時頃、

眠ったまま、静かに静かに息を引き取りました。

Dsc_0740

まだ温かいうちに最後のお風呂にいれて、爪切りをして、

嫌がってたお耳掃除もやっとできた。

Dsc_0743

保護した時が推定13歳で、あれから7年と4カ月。

推定享年20歳でした。

Dsc_0742

介護をさせることもなく、最期の最期までお利口さんでした。

ハル君を可愛がって下さった皆さん、ハル君に代わってお礼を

申し上げます。

ハル君きっと、「大好きなババに会えて幸せじゃ」って言ってます。

Dsc_0587

「おい皆さん、今までありがとうじゃった」

これまでどうもありがとうございました。

Bbg_8  亡くなって半日も経ってないのに

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ さっそく母が迎えに来ました
にほんブログ村

 

 

 

 

 

| | コメント (9)

2019年6月12日 (水)

ペコちゃんとチビちゃんとゆずママさん

先週水曜日、大好きなお客様がお越し下さった。

Dsc_0715  

スマホの前をぴゅーっと走り抜ける可愛いコちゃん。

Dsc_0717

静止画は、後ろ姿か

Dsc_0718

横向きで、

Dsc_0719  

とうとうママさんに捕獲されてしまったペコ氏。

Dsc_0720

そしてもっと俊足でブレブレのチビ氏。

Dsc_0722

彼の静止画も後ろ姿のみじゃった・・・。

Dsc_0716

ペコちゃん、チビちゃん、遊びに来てくれてありがとね。

また来てね♪ 待ってるね♪♪

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

健康食堂に新しいスタッフが増えて3人体制になりました。

実はお食事に来てくれたお客様が常連さんになって下さって、

そのままスタッフになってくれたという(笑)。

もっと言えばね、去年から来てくれてるスタッフは、BBGのコメン

テーターでもあるうっきぃさんが紹介して下さった方なのです。

今では、ずっと1人で頑張ってた若いスタッフのお姉さん的存在に

なってくれて、一緒に上手に食堂を盛り上げてくれてます。

ありがたい存在です。

最近はデイサービスの方がランチに来て下さる機会も増えまして。

Dsc_0695  

こっちは引率の職員さん用のランチ定食650円で、

Dsc_0696

こっちはご依頼された利用者さん用のムースランチ定食500円。

ムース定食を提供するにあたっては、2人が前日から練習と

試食を重ねた甲斐あって、とってもとっても喜んで頂けました。

何よりもね、1時間滞在の予定が2時間もくつろいで下さってた

のが本当に嬉しかったなぁ。

ってもはや、何ブログなのか分からない。。。

Bbg_8  作業療法士さんが来てくれるかもしれない

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ ご縁が繋がりますように
にほんブログ村

 

 

 

ふらっしゅままさん・・・この方は無事に緊急手術を終えられました。今日

              面会に行ってきたら元気そうで安心しました。

              いつでもチャンネル全開ではないけれど、たまに

              何かをキャッチした時は感性を信じようと新たに

              決意ました^^

              バッグ編んだり、草刈りしたり、ストレス解消方法が

              いっぱいあって私、しあわせ(笑)

かぼすママさん・・・女神の後ろ髪を上手に掴めたってことでしょうね。

            掴んだのが患者さんなのか私なのかは不明ですが・・・。 

            ぬぬーぴーバッグ、楽しくて一気に編んでしまいました(笑)

 

 

 

 

| | コメント (4)

2019年6月 9日 (日)

編みマイバッグ

事務所内がごっちゃごちゃなので、今年に入ってから新規さんはほぼ

お断りしてきたんです。

どうしてもうちで・・・と仰って下さった大学病院からの3件のご依頼も、

どうしてもうちで・・・と仰って下さった施設からの2件のご依頼も、

その他単発のご依頼も、ほぼすべて。

そんな先々週に、隣市の仲良しの訪看STさんから「〇〇病院から

緊急でそっちの市の訪看STを紹介して欲しいと頼まれて(うちを)紹介

したから宜しく~」と電話があり、すぐに病院から電話があり、断れない

流れになって勢いでお受けしてしまい、その日のうちに自宅で面談を

して、翌週火曜日に訪問することにしたけれど、週末を挟むし、単身

独居だし、急遽予定を変更してもらって月曜日に訪問したらね、

先週と何か様子が違う。血圧も明らかに低い。本人は大丈夫だと言う

けれど病院に電話して様子を伝えていたら、一瞬で意識を失って

右半身の痙攣が始まって、病院の指示で救急車を要請してそのまま

緊急搬送となりました。

元々入院予定もあって準備もできてたから、戸締りをして、入院荷物

を持って隣市の病院まで私も行って来ました。

訪問日を変更してなかったら、1人で亡くなってたかもしれなかった。

ので、病院からも本人からもご家族からも大層感謝されました。

運とか、タイミングとか、やっぱあるんだよなぁと思った1日。

Dsc_0723

自分用のバッグを編みました、麻ひもで。(何をいきなり)

Dsc_0724

すぬーぴー的なコとちゃーりーぶらうん的なコのわっぺんも

編んで付けてみました。

Dsc_0725

ふたを閉じるのは、うっどすとっく的なコのわっぺんで。

Dsc_0727

ちゃーりーぶらうん的なコはポケットになってます。

Dsc_0728

内側にもポケットあります。

梅雨に入ったのにせっかく晴れてる貴重な日曜日を、

無駄に過ごしてしまったという・・・。

Bbg_8  いや昨日の夕方から庭の草刈りを始めたんですが、

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ 始めて10分で顎をハチに刺されて戦意喪失したという・・・。
にほんブログ村

 

 

 

かぼすママさん・・・はい、私も一刻も早く縁を切りたいのでタイミングを図ってる

            ところです。今は、嫌でも一緒の空間で過ごさないといけない

            ので、どうせなら観察くらいしなければ(笑)

ふらっしゅままさん・・・わはは、まだいます。私と彼女、どっちが意地悪かで判断

            したら、私のほうが根性悪いかも(笑) 彼女の言動を高みの

            見物してるので。ね、誰の洗濯物を残しとるんじゃぼけって

            話ですよね。発想年齢が低すぎる・・・。

| | コメント (2)

« 2019年5月 | トップページ