« 小さくて大きな巨人(犬) | トップページ

2019年6月16日 (日)

ありがとう

ハル君が逝ってしまった日の夜は、ろうそくとお線香を焚きながら

朝まで一緒に過ごすことにしました。

翌日はOTさんの面接と担会1件の予定だけだったから寝不足は

問題ないと思って。

心のどこかで覚悟はしていたけれど、実際にその時が来てしまうと、

やっぱり常軌を逸してしまいます。

心が痛くて張り裂けそうなのに涙は出なくて、愛おしさだけが

込み上げる。

冷たくなりゆく顔や体をなでていると、直前まで聞いていた声や

しぐさや匂いが思い出されて、口元が緩んでいる自分に気付く。

私はおかしくなったのだろうか。

心と脳がバランスを崩して、現実を理解することを拒否している

のだろうか。

4時過ぎに、濃紺に染まっていた水平線の方角が白み始めて、

オレンジ色と濃紺が混ざって紫色に見え始めた頃、眠ってしまった。

レギュラーで5時半にセットしているスマホのアラームで目が覚めて、

ようやくいっぱい涙が出た。

死ぬほど泣いて、泣いて泣いて泣きつくした。

Img_2727_1  

母の夢を見たんです。

前半はちょっと省略して後半、家に帰ると言ったのか旅行に行くと

言ったのかは定かではないけれど、荷物を持った母を空港に

送っている時に、「(航空)券がない」と母が言いだした。

「どこに入れたとね」

「憶えてないとよ」

「なんでちゃんと準備してないと!」

と私がひとり怒りながら母のバッグの中を探していたら、

いつの間にか空港にいて、グレーの背広スーツを着た背の

高いスラっとした5,60代の男性と、2,30代の若い女性が

母と一緒にいて、母が、「あ、お母さんは券はなくても良かった

っちゃ」と笑いながら3人で歩き出してしまって。

「ちょっと待って。そんなわけないじゃん」と大声で叫んで引き

止めようとしてるのに声が出なくなって、そしたら一緒にいた

男性が振り向いて、優しく穏やかに頭を下げてくれました。

優しく優しく微笑んでました。

女性の顔は全く見えなかったけど、白いワンピースがひらひらと

揺れていて、ふわふわと跳ねるように一緒に行ってしまった。

ところで目が覚めた。

Dsc_0555  

背の高い男性はハル君で、白いワンピースの女性はピッピ子ちゃん

だったと思う。

母とピーちゃんがハル君を迎えに来くれたのだと思う。

確信しかない。

だから私は安心して、泣いている。

Dsc_0520   

ハル君ハル君、だらしなくてへっぽこな母さんを支えてくれて

ありがとう。

いつでもただ優しくて、ありがとう。

心配ないよ、と教えてくれて心からありがとう。

Bbg_8  ただの夢でも思いこみでもない。

にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ だってハル君が7・3分けのメガネをかけた公務員風男性
にほんブログ村 だなんて微塵も想像できないもん。

 

 

 

 

|

« 小さくて大きな巨人(犬) | トップページ

コメント

ハル君、大好きじゃった
ありがとう

投稿: 福麿 | 2019年6月16日 (日) 14時35分

理想の最期でしたね。
私もそんな最期を迎えたいと思いました。
ハル君のご冥福を心からお祈りいたします。

投稿: tabun | 2019年6月17日 (月) 06時32分

泣けた・・・
ハル君が公務員姿だったという記述のトコまで
えぇ話や~と泣いてたら
なんだよ、
オチがあるんかいっ
ひとり突っ込み入れました
ハル君の台詞が毎回秀逸で
何度も脳内でリフレイン
ハル君、本当に優しいイケメンでした
永遠なんてありえないのに
ふと 永遠にハル翁が長生きしそうで・・・
さすが船長
切なくて悲しくて、心がポッとするような
夢でしたね
ハル君、有り難う

投稿: ふらっしゅまま | 2019年6月17日 (月) 09時30分

情景が頭に浮かんで涙が溢れました。
ピッピちゃんも来てくれたんですね。
上手く言えないけど、いろんな事に感謝です。
自分の事にも、置きかえて。
今までも、そしてこれからも、お母様はずっと見守って下さいますね。
優しく微笑んで頭を下げる所がハル君らしいです。

投稿: サーラ | 2019年6月18日 (火) 00時06分

ハルくんがグレーのスーツ?面白い(*≧艸≦)カッコイイね〜!
色々と思い出して、沢山涙を流してくださいね。美しい涙なのですから、、、

投稿: かぼすママ | 2019年6月21日 (金) 23時22分

無事をお祈りしてます。
お気をつけて。

投稿: ハリー | 2019年7月 3日 (水) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さくて大きな巨人(犬) | トップページ